ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材によっても変わることがあります。中でもポリエステルは臭いが残りやすく、洗濯をしてもなかなか臭いが落とせないとお困りの方も多いと思います。
そこで、ポリエステル素材の服についた、気になる臭いの落とし方をご紹介します。普通に洗濯しても残ってしまう臭いには、普段の洗濯に一手間掛けてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

服の匂いをとる!匂いの原因と洗濯方法・洗濯できない時の対策

服に染み込んだ嫌な匂いをなかなかとることができずに困っている人もいるのではないでしょうか。普通に洗濯...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

テンセルが洗濯で縮むのを防ぐ!正しい洗い方と注意点を紹介

肌触りが良く着やすいテンセルですが洗濯すると縮むことがあるのを知っていますか?もしも、縮ませてし...

洗濯の臭い取りは洗剤の量や使い方によって解消できることを解説

洗濯の臭い取りには、洗剤の使い方や洗濯の仕方を見直してみてはいかがでしょうか。洗濯したのに洗濯物...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

洗濯機へ洗剤を正しく入れてますか?洗剤の入れ方について

洗濯機はボタン一つで汚れた衣類やタオルを洗濯してくれる白物家電ですが、実際に使うとなると、ちょっとし...

スポンサーリンク

洗濯しても臭いが気になるポリエステルの特徴

ポリエステルの特徴

  • メリット
    伸縮性や速乾性に優れているためジャージやTシャツに使われることが多いです。
    子供服にとってはかいた汗も乾きやすく、動きやすいためとっておきの生地とも言えるでしょう。
    またシワになりにくいことから、ワイシャツの生地にも取り入れられることが多くなっています。
    値段的には綿よりも安価なため、どんどん成長する子供をもつ親にとってはありがたいですよね。
  • デメリット
    生地が汗を吸収しない、通気が悪いことです。
    かいた汗はすぐに乾くけど、吸収しない、通気が悪いということは汗の臭いがこもってしまうため、臭いがついてしまうのです。
このデメリットとどう付き合ってポリエステルを着ていくか。
付き合い方によっては、それでも快適にポリエステル生地の服をきることができます。
ポリエステル生地についての知識をつけて上手く付き合っていきましょう。

洗濯しての臭いの取れないポリエステルに酸素系漂白剤を使う方法

嫌な臭いを酸素系漂白剤で除去

洗濯しても嫌な臭いがとれない場合は酸素系漂白剤を使用してみましょう。

  1. 酸素系漂白剤を使用する前に、一度洗濯をします。
  2. バケツや洗面台にぬるま湯を溜め、酸素系漂白剤に記載されている目安の量を入れて2時間ほど浸け置きします。
  3. その後水でしっかりゆすいで、もう一度洗濯機で洗って干します。
私は浸け置きする時、特に臭いをきつい部分を揉み洗いし、汗の成分を落とすようにしています。
こうすることで、嫌な臭いが残ることはほぼありません。酸素系漂白剤は液体と粉末がありますが、粉末の方がより効果を発揮してくれますので参考までに覚えておくと良いでしょう。
干す時に注意しなければならないことがあります。
ポリエステル生地は乾燥機には使用しないでください。
生地は縮んだり、傷んだりしてしまう原因になります。

乾燥機がなくても速乾性に優れているので、基本的には乾燥機を使用する必要はありませんよ。

酸素系漂白剤を使う時の注意点

酸素系漂白剤と相性が悪いもの

ボタンや金属が色落ちしてしまいます。
ポリエステル生地の服を買う時はそのようなパーツがないものを選ぶこともポリエステルを扱うコツの1つです。

分量を守る

酸素系漂白剤を入れれば入れるだけ良いというわけであはりません。
漂白剤お多く入れてしまうと素材の劣化、洗剤成分が落ちきらない、色落ちしてしまう可能性があります。

浸け置きぬるま湯を使う

冷たすぎない、熱すぎない、45℃程度のぬるま湯がよごれにや匂いに効果があります。

ポリエステルに付いた臭いに固形石鹸を使う方法

酸素系漂白剤を使用しない場合は固形石鹸を使用してポリエステルの嫌な臭いを除去していきます。

嫌な臭いを固形石鹸で除去

  1. 洗面台のぬるま湯を溜めます。
  2. 固形石鹸の表面をぬるま湯で柔らかくします。
  3. 石鹸を生地の嫌な臭いをする部分につけ、水が泡で見えなくなるくらいまでに揉み洗いしながら泡だたせます。
  4. 臭いがとれそうならゆすいで洗濯機へ、まだ臭いがとれない場合は浸け置きして洗濯機へ。

揉み洗いするため、洗濯物の量が少ない時にササッと揉み洗いして他の洗濯物と一緒に洗うことができますね。

洗濯物の量が多い時は酸素系漂白剤に浸け置きすることが最も手軽な方法でしょう。

私は子供の肌が弱いため、体に優しい成分の固形石鹸をなるべく使用するようにしています。
が、あまりにも洗濯物は多い時は、楽したいために酸素系漂白剤に走ってしまうこともあります…。このように時と場合によって使い分けをするとより楽に洗濯物ができそうですね。

洗濯物の臭い予防に心掛けること

洗濯物の臭いの予防対策

洗濯する洗濯物を長時間ためておくことは菌の繁殖に繋がるため、洗濯物に臭いがつきやすくなってしまいます。
特に汗の臭いを潜り込ませてしまう繊維が特徴のポリエステルは臭いを染み付きやすく、そして取れにくくなってしまう原因でもあります。
そのため、洗濯物はなるべくその日のうちにしておくことをオススメします。

我が家は息子が幼稚園のうちは洗濯物を朝にまわすことが多かったのですが、小学生に上がると運動量が激しく汗の量も別格…。
子供が毎日着るジャージやTシャツから悲惨な臭いが放って大変です。なので、その日の夜のうちに浸け置きして洗濯物を回すようにしています。そうすると洗濯しても汗の臭いが残ることなく気分もスッキリして服を着せれるので私的にも心が楽になります。
臭いのついた服を着せて学校や習い事に行かせるわけにはいかないので。ジャージやTシャツ類は替えも困らないように揃えているはずなのですが、やはり男の子はすぐ汚す、汗をかく、などで女の子のようにはいかないものですね。ポリエステルの嫌な臭いについて紹介してきましたが、これは大人にも共通することです。
私はそのためポリエステルが動きやすくてもとにかく苦手です。
洗濯物で臭いが除去できても、人に臭いで迷惑をかけていないか心配になってしまうからです。
ですが、場合に応じてはポリエステルの洋服も着ることもありますが、着た後の洗濯の仕方を気をつけて臭いが残らないようにケアをしています。
夏は特にポリエステル生地が大活躍する時期です。
ポリエステルの特徴を意識して洗濯の仕方を気をつけると嫌な臭いが残ることなく仕上げることができます。