洗濯に重曹は使える?洗剤の代わりに重曹を使う効果と洗濯方法

小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では、なるべく子供に優しい物を使用して洗濯をしたいと考えますよね。赤ちゃんやお子さんは肌が弱いこともあります。

洗濯をするとき、洗剤の代わりに重曹を使えば、気になる汚れも綺麗に洗うことができます。重曹は洗剤よりも赤ちゃんに優しいので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使うことができますよ。

ここでは、重曹を使って洗濯をすることの効果やメリット、赤ちゃんにも優しい理由や洗濯方法についてお伝えします。

家族のことを考えてお洗濯をしたいという人は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯物がピンクに変色!変色してしまう色々な原因と対処法を紹介

衣類を綺麗にお洗濯するはずが、洗濯物がピンク色に変色。一体何が原因でピンクになってしまったのか、困っ...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せ...

洗濯物の臭いの取り方!嫌な臭いは熱湯で簡単に取り除ける

洗濯をしたのに洗濯物から臭いがする。そんな時ありますよね。その臭いの原因は生乾き臭!そして生乾き臭の...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

スポンサーリンク

重曹は洗濯洗剤の代わりになる?重曹洗濯の効果

重曹が毎日の洗濯にも使えることを知っていますか?主婦の強い味方重曹は色々なことに使える万能アイテムです。

重曹にはどのような特徴があるのでしょうか。重曹は自然由来の成分のため、体や環境に優しく、小さな子どものいる家庭の洗濯にオススメです。洗った衣類の表面は毛羽立つこともないのです。使い方は普段の洗剤に混ぜるもしくは、部分洗いに使う方法があります。

重曹洗濯の効果

皮脂汚れに強い

重曹は水に溶かすと弱アルカリ性になるので、皮脂汚れや黄ばみ食べこぼしなどに効果があります。衣類の汚れのほとんどは酸性なので重曹と相性がいいです。

消臭、殺菌効果

汗や皮脂汚れに臭いも酸性です。臭いの元を香りでごまかすのではなく、中和して無臭にしてくれるのが重曹です。生乾きの雑菌の繁殖も防いでくれるので、部屋干ししても嫌な臭いがしなくなります。

漂白効果

重曹を使うことで、漂白剤を使わなくても、衣類にできてしまった黄ばみやシミを落とす効果が期待できます。頑固な汚れには重曹をペースト状にしてこすり洗いすることをオススメします。

洗濯槽も綺麗になる

洗濯槽のカビの原因は、溶け残った洗剤や柔軟剤の成分です。重曹を使うことで、洗濯槽内部の菌の繁殖を防ぐ効果があります。

家計にも優しい

重曹は洗濯意外にも家の中の掃除に使うことが出来ます。掃除の場所によって色々な洗剤を買う必要もないので、万能なアイテムになります。

赤ちゃんや子供の洗濯物にも重曹が活躍

洗濯をする時重曹を洗剤代わりに使うと、臭いや黄ばみなどの汚れを綺麗にすることが出来ます。赤ちゃんや小さな子どものいる家庭の洗濯物には重曹を使い清潔にしましょう。
赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭では洗剤や漂白剤の成分が気になるママも多いですよね。出来るだけ肌に優しい洗剤を選びたいと考えるはずです。

天然成分の重曹がオススメ

重曹は衣類についた人の体から作られる汚れを効果的に落とすことが出来ます。下着や首周りについた皮脂汚れも綺麗に落とすことが出来るので、コツさえつかむと、漂白剤では落ちなかった汗ジミも重曹で綺麗に落とすことが出来ます。

何より消臭効果が期待できます。赤ちゃんのいる家庭ではオムツからうんちがはみ出たりすることが多く、下着や洋服、シーツなどをを汚してしまうことあります。衣類やシーツなどを汚してしまった場合は、着色汚れが気になるのです。普段の洗濯ではなかなか落ちにくいです。頑張って洗濯しても薄くシミになって残ってしまったり、臭いが残っているような感じがします。そのような赤ちゃんのうんちの汚れや臭いも重曹で綺麗に落とすことが出来ます。

そして赤ちゃんはミルクを吐いたり、食べこぼしたりするので洋服が汚れやすいです。いくら食事用のエプロンをしていてもこぼします。すぐに洗濯をしてもシミになってしまいます。重曹は油汚れを分解することが得意なので、食べこぼしの油を分解して綺麗にしてくれます。普段の洗濯ではなかなか落としきれないですが、重曹を使うことでスッキリ綺麗にすることができます。

重曹を洗濯に使用する時の手順

重曹を洗濯に使用する時の手順はどのように使うと良いのでしょうか。使う方法は普通の洗濯に混ぜて方法があります。

洗濯用液体石鹸を併用

普段の洗濯に使用している液体石鹸に重曹を加え洗濯をします。普段の洗濯のときよりも洗濯物をより白くスッキリ仕上がります。

手順:液体石鹸は合成洗剤ではないものを使用します。通常の使用量の半分の重曹にします。例えば洗浄剤を20mlの場合は、10mlの重曹と、洗剤10mlを入れます。重曹の効果で洗剤だけのときよりも、洗浄力がよくなります。重曹はお湯で溶かしながら入れるのがポイントになります。重曹や石鹸溶けているか確認して洗濯物を入れます。先に洗濯物を入れると衣類に重曹がついてしまいダマになることもありますので注意しましょう。後は自動コースにして洗濯をします。入れる順番は重曹、石鹸の順番です。そうすることで水が柔らかくなり泡だちが良くなります。

重曹を柔軟剤代わりに使う

重曹は衣類をふんわりと仕上げる効果、静電気を抑えてくれる効果もあります。柔軟剤を使いたいたくない人にオススメです。さらにふっくら仕上げたい場合はすすぎの時に重曹を2/3カップ入れるとふわふわになります。

手順:溶け残りがないように30℃~40℃のぬるま湯で重曹をしっかり溶かす。重曹を柔軟剤投入口に入れていつも通りに洗濯をします。

重曹は水に溶けにくいので、完全に溶けていないと汚れを落としたり臭いを取る効果を発揮することが出来ないです。重曹を洗濯に使う時はぬるま湯でしっかり溶かしてから使うのがポイントになります。

洗濯は洗剤の代わりに重曹で!重曹のメリット

洗濯をする時洗剤の量をきちんと守っていますか。しかし規定の量よりも多く入れている人が多いです。その理由お1つに洗剤を多く入れた方が汚れがよく落ちそうと思っている人が多いのです。多く入れると衣類に洗剤が残ったりすることがあり、肌トラブルの原因になることもあります。

重曹を一緒に使うと洗剤の量を半分にすることが出来る

小さな子どもは肌が荒れやすいです。洗濯洗剤で肌があれてしまう子供も多いです。そこで重曹を使いましょう。重曹は自然素材なので肌への刺激も少ないので安心して使うことが出来ます。また、通常の洗剤だけでは、落ちにくかった汚れも少し重曹を入れることで簡単に汚れが落ちる可能性もあります。いつも入れる洗剤の量を半分にし、半分の量の重曹を入れると驚くほど綺麗になります。

重曹をしみ抜きに使う

スタイなどいついた食べこぼしやミルクなどの汚れは普通に洗濯をしただけでは落としきれません。頑固なシミには重曹をペースト状にして汚れを落としましょう。小さな器に重曹と液体酸素系漂白剤を1:1の割合にして、よく混ぜペースト状にします。汚れに直接塗り10分放置してから洗濯をするとシミを落とすことが出来ます。しかし重曹ペーストは生地が傷みやすく、色落ちもしやすいので、目立たない所で試してから使用しましょう。

洗濯をしてもお日様に干しても臭いが気になる洗濯物は重曹を使ってつけ置きをしてみましょう。40℃前後のぬるま湯に重曹を小さじ1入れてよく溶かし、そこへ衣類を30分入れた後にいつも通りに洗濯をすると、嫌な臭いがスッキリ落ちています。

洗濯に重曹を使う時の注意点

洗濯に重曹を使う時の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。

  • 色柄物に使う場合は、色落ちや色移りの可能性もあるので目立たない所で試す。
  • 麻などの天然素材への使用は避けましょう。化学変化を起こし変色してしまう可能性があります。
  • 水に溶けにくいので、洗濯機の詰まりの原因になるので、40℃のぬるま湯で溶かしてから使う。もし洗濯機ホースが詰まってしまった場合はお湯を流して重曹を溶かして流すと詰まりが解消します。
  • 重曹は必ず適量を守る。たくさん入れた方が落ちると思いがちですが、洗浄力は変わりません。重曹は乾燥すると粉に戻るのでたくさん入れすぎるとすすぎが不十分になり衣類に白い粉が残る可能性もあるので分量はしっかりと守りましょう。

扱う時は手袋を使用しましょう。重曹は湿気に弱く湿気を吸うと固まってしまいます。保管する場合は密閉出来る容器に入れましょう。保管場所はお風呂場や洗面台の下など湿気の多い場所は避けるようにしましょう。