スエードの靴を自宅でキレイにする方法!自分で洗う正しい洗い方

秋や冬に大活躍するスエードの靴。汚れないように気を付けて履いていても、どうしても汚れが目立ってくることもあります。
そこで悩むのが「スエードは自宅でも洗うことができるの?それともクリーニングでしか洗えない?」という疑問ではないでしょうか。
そこで、スエードの靴の洗い方についてご紹介します。
スエードの靴を長く履くためには、日頃のお手入れも大切です。軽い汚れならばブラッシングだけでも落とすことができるので、汚れがひどくなる前に汚れを落とすことも大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

洗濯の仕方は?洗濯ネットを使用した基本的な洗濯方法

大切な衣類を傷めないように洗濯する時は、洗濯ネットを使用して洗濯をするのが便利です。ですが、...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

部屋干しの臭いは洗剤で防止できる?生乾き臭を防止する方法

一人暮らしをしていると、防犯上の理由や時間の都合から、部屋干しをする方が多く見られます。しか...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せ...

洗濯物の臭いの取り方!嫌な臭いは熱湯で簡単に取り除ける

洗濯をしたのに洗濯物から臭いがする。そんな時ありますよね。その臭いの原因は生乾き臭!そして生乾き臭の...

スポンサーリンク

スエードの靴の洗い方は?自宅で洗える方法

スエード靴は自宅で洗える?
スエードは子ヤギ・子牛の皮を毛羽立ててできる柔らかい革生地。その生地を使った靴は柔らかな手触りが特徴なので、自宅で洗えるかどうか知りたいですよね。

スエードの靴は、自分で家で洗うこともできる

スエードは雨に濡れたり汚れたりすると、結構目立ってしまいます。そのままにしているとシミになってしまいますので、汚れたら早めにお手入れしましょう。

スエード靴を洗うのに必要なもの

  • ブラシ…ブラシは靴のお手入れ用のブラシがあればそれで、なければ歯ブラシでも代用できます。
  • スポンジ…柔らかく、泡立ちのいいものを選びましょう。
  • タオル…いらないタオルか、汚れがついていない雑巾を使いましょう。
  • シャンプー…普段、髪を洗う用のシャンプーでOKです。スエードは髪の毛の性質と似ているので、シャンプーで洗うことができます。
  • リンス…普段の髪を洗う用でOKです。

それでは洗っていきましょう。

スエードの靴の洗い方、まずはブラッシング

まずはスエード靴をブラッシングしていきましょう。

丁寧に、毛並みに逆らいながら行うことがポイントです。この作業で表面についているホコリなどを払っていきます。

できればこのブラッシング作業は、洗う前だけではなく、毎回履いた後に行うのがおすすめですよ。軽い汚れならブラッシングだけでもだいぶ綺麗になります。

ブラッシングをして軽く汚れを落としたら、次は濡らしていきます。

水を直接かけたり、水に入れたりするのではなく、濡らしたタオルを押し当てるようにしていきます。靴がビショビショになるぐらい濡れてしまうと乾かすのが大変だったり型崩れの原因となってしまいますので、要注意です。

次に洗っていきましょう。

スエードの靴の洗い方はスポンジとシャンプーを使って

それでは洗っていきます。

  • シャンプーで洗う
    濡らしたスポンジにシャンプーを1~2プッシュして、スポンジを泡立てます。キメ細やかな泡ができたら、スエード靴に優しく泡をつけて洗っていきましょう。
    この時、内側や、靴の裏も汚れていたら一緒に洗って大丈夫です。優しくこするのがポイント。
  • 流す
    洗い終わったら、流す時も水を直接かけるのではなく、水に濡らしたスポンジやタオルを使ってシャンプーを取り除いていきます。繰り返しの作業が必要ですが、シャンプーが残っていると生地をいためてしまいますので、しっかり落としましょう。
  • リンスで整える
    流したらここまででもOKですが、リンスを使うことでより毛並みを整えることができます。やり方はシャンプーで洗浄する時とほぼ同じです。水に溶いたリンスを優しく塗りつけ、丁寧に落としていきましょう。

洗ったスエードの靴の乾かし方

スエード靴は洗い終わったら水分を完全に切り、日陰で風通しの良い場所で乾かします。

いまいち良い場所が見つからなかったらエアコンや扇風機の前に立てかけておけばOK。

スエード靴は早く乾かさないとシミになって残ってしまいやすいので、とにかく早く乾かすことが重要です。型崩れしてしまわないように中にタオルや新聞紙、シューキーパーなどを入れておくといいです。もっと時短で乾かしたい場合は、これらを併用しつつ、ドライヤーを使ってもいいです。ただ注意しておきたいのが熱い温風は靴を変形させるおそれがあるので、冷風を使ってください。

仕上げは防水スプレーで

完全に乾いたら、ブラッシングをして毛並みを整えて、仕上げに防水スプレーを吹きかけましょう。これでスエード靴のお手入れは完了です。もし洗浄を繰り返しているうちに色褪せしてきたり、退色してきたら、補色スプレーを使うのがおすすめです。鮮明な色調に補色することができます。

大切なスエードの靴は専用のアイテムを使うのもおすすめ

  • スエード用ブラシ
    靴用ブラシも様々なものがありますが、中でもスエード用に特化したブラシはスエード靴の毛並みを整えてくれます。軽い汚れ、付着したホコリなどもとってくれます。スエード靴は毛並みが命。ブラッシングをするとしないとでは大きく見栄えが変わりますので、スエード靴を長く綺麗に保ちたいのならぜひスエード用ブラシは揃えましょう。
  • スエード用汚れ落とし
    クリーナー部分はゴムを使っている、スエード生地用の汚れ落としアイテムもあります。見た目は消しゴムのような感じです。これで汚れをこすることで、軽い汚れなら落としてくれます。合う汚れ、合わない汚れがありますが、軽くついてしまった汚れをさっと落としたいという時に便利アイテムです。
  • スエード用洗剤
    スエード靴専用に作られた洗剤は、生地を傷めることなく汚れを落として綺麗にしてくれます。さらにトリートメント効果、長持ち効果をプラスできる製品も。スエードはデリケートなので大事に長く使いたいスエード靴があるならば、専用の洗剤を使ったほうが良いでしょう。