服の匂いをとる!匂いの原因と洗濯方法・洗濯できない時の対策

服に染み込んだ嫌な匂いをなかなかとることができずに困っている人もいるのではないでしょうか。普通に洗濯をしても匂いが取れないとき、どんなふうに洗濯をすれば匂いが綺麗になるのか知りたくなるものです。

ここでは、服に染みついた匂いの原因と対策についてお伝えします。匂いを綺麗に洗い流し、快適に衣類を身につけられるようにしましょう。

また、洗濯できない衣類の匂いを取る方法についてもご紹介します。気になる嫌な匂いを解消して、衣類を大切に扱いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯と漂白で黄ばみを落とす対処法、黄ばみを防ぐ対策

洗濯をただするのではなく漂白も加えることで黄ばみを落として衣類を白くすることができます。それには、正...

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯を手洗いでする時に必要なグッズ・便利なグッズと洗濯方法

長期の旅行に出かける時など、洗濯を手洗いですることもありますよね。普段は洗濯機に入れてスイッチを...

洗濯はすすぎ1回で水道代の節約!さらにお得な使い方の見直しを

洗濯はすすぎ1回にすると水道代は1回分減らすことができます。最近ではすすぎ1回でも可能な洗剤が増えて...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

スポンサーリンク

服の匂いをとることはできる?気になる匂いの原因をチェック

服は日々匂いを吸収しています。
頻繁に着用していなくても、少なからず匂いはつくものです。匂いを解消するために服を洗濯をする方がほとんどだと思いますが、洗濯をしても匂いが残っているということもあります。

洗濯をしても匂いがとれない場合、もうその服の匂いをとることは出来ないのでしょうか。

実は服の匂いの原因は一つではありません。
匂いの原因によって対処法も異なるので、まずは匂いの原因を考えてみましょう。

服の匂いの原因は、大きく分けて三つの理由が考えられます。

匂いの粒子

匂いの中でも特に気になりやすい匂いってありますよね。
匂いは粒子として服に付着し、私たちの鼻に入って嗅覚を刺激しています。

粒子の数が多いほど、私たちが感じる匂いも強くなります。

細菌

服には体から分泌された汗や皮脂汚れも付着します。

汗自体には匂いはないのですが、汗と皮脂が混ざり合って細菌を繁殖させることで、独特な汗臭さに変化します。

細菌の繁殖する量が多いほど、匂いもキツく感じるようになります。

洗濯機による原因

洗濯をした服は、一見汚れも落ち綺麗に見えます。

しかし、洗濯機内の洗濯槽にカビや雑菌が繁殖している状態だと、洗濯のときに一緒に服にも付着してしまいます。カビや雑菌は匂いを発生させるので、せっかく洗濯をしても逆に匂いを強めてしまう可能性もあるのです。

服の匂いをとる方法!洗濯物の漬け置きで解決できる

洗濯をしても服の匂いがとれない場合、服を漬け置きして匂いを解決しましょう。

漬け置き洗いに必要なものは、普段の洗濯で使用している洗濯洗剤と酸素系漂白剤です。

粉末洗剤の方が洗浄効果は強いとされているので、確実に解決したい方は粉末洗剤の使用をおすすめします。
粉末洗剤は水では溶けにくいので、必ずお湯で漬け置きしましょう。

  1. バケツや桶にお湯を用意します。
    45~50度程度のお湯を作りましょう。
  2. お湯の中に洗剤と漂白剤を規定量入れます。
    たくさん入れてると効果がアップするということではないので、必ず規定の量を入れて下さい。
  3. 洗剤と漂白剤を溶かしたお湯に、匂いの気になる服を入れて全体に馴染ませます。
  4. そのまま30分~1時間程度漬け置きしておきます。
  5. 漬け置きが終わったら、仕上げに洗濯機で通常の洗濯を行います。
  6. 洗濯が終わったら、あとは風通しのいい場所で干します。
洗濯前の漬け置きの一手間が、服に残る匂いを解消してくれます。

服の匂いをとる時に重曹が使える!重曹を使った方法を解説

いつもの洗剤と漂白剤を使った漬け置きで、服の匂いを解消することが出来ますが、匂いをとるには重曹も効果的です。

お湯1リットルに対して、大さじ2杯程度の重曹を混ぜます。
あとは先ほどと同じように、30分~1時間程度漬け置きをして重曹の成分を浸透させます。

重曹はキッチン周りの掃除や、食品に使用することも出来るほど刺激の少ないものなので、敏感肌の方や小さなお子さんのいる家庭では重曹を使った漬け置きの方が安心出来るでしょう。

服へのダメージの少ないので、強力な漂白剤を使用したくないおしゃれ着の漬け置きにも重曹がおすすめです。

服の嫌な匂いを予防する方法を知って快適にお洗濯を

服の匂いを解消する方法を紹介してきましたが、ここでは匂いがつくことを予防する方法を紹介していきます。
予防方法も一緒に覚えておくと、服の匂いに悩むこともよりなくなりそうです。

服につく匂いを予防するにはインナーを着る

服が直接肌に触れるより、インナーを着た方が匂いの付着を防げることは当然です。
直接肌に触れているインナーが汗や皮脂を吸収してくれるので、服への吸収を格段に抑えることが出来ます。

特に汗をかきやすい脇の下などは、インナーを着ていた方が匂いだけではなく、汗ジミも予防することが出来ます。

こまめな洗濯

汗や匂いの気になる服を、そのままにしておくとそれだけで匂い菌が繁殖します。
時間が経過するほど繁殖は活発になり、匂いも深くまで浸透してしまいます。

洗濯をしてもとれきれないほどの匂いになることも少なくないので、服は脱いだらその日のうちにすぐに洗濯しましょう。

きちんと乾かす

風通しや日当たりの悪い場所に洗濯物を干したり、洗濯物同士がくっついた状態で干して、きちんと乾かず半乾きの状態だったことはありませんか。

この半乾きも服に匂いを発生させる原因の一つです。

水分を含んでいる時間を短くする干し方の方が、服の匂いは発生しにくくなります。

洗濯できな洋服の匂いをスッキリとる方法

洗濯や漬け置きが出来る服であれば、今までの方法で実践出来るのですが、服によっては洗濯出来ないものもあります。

洗濯出来ない服の匂いをとる場合には、アイロンの熱を利用していきましょう。

スチームが出るタイプのアイロンなら、スチームの蒸気を服に当てて匂いをとることが出来ます。

高温のスチームが匂いの粒子と一緒に蒸発してくれるので、スチームを当てるだけで匂いの原因をとり除くことが出来ます。

スチームが出ないアイロンの場合、濡れタオルを使用するとスチームと同じ効果が得られるので、服に濡れタオルを当て、その上からアイロンをかけるようにして匂いをとります。