洗濯の仕方は?洗濯ネットを使用した基本的な洗濯方法

大切な衣類を傷めないように洗濯する時は、洗濯ネットを使用して洗濯をするのが便利です。

ですが、洗濯ネットを今まで使用したことがない人は、どのように使用して洗濯をすればいいかわからないものです。

ここでは、洗濯ネットを使用した基本的な洗濯の仕方についてご紹介します。洗濯ネットを上手に活用することで、大切な衣類を自分で綺麗に洗うことができます。これからご紹介する内容を参考に、チャレンジしてみましょう。

また、洗濯ネットの色々な種類やメリットについてもご紹介します。こちらも併せて確認してみましょう。

大切な衣類を守るためにも、洗濯ネットを上手に活用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

染み抜きの方法を教えて!血液汚れのシミを重曹で落とす方法

お子さんが怪我をして衣類に血液汚れがついてしまった!寝ている間に鼻血が出てシーツにシミができてしまっ...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

スポンサーリンク

洗濯ネットを使用した洗濯の仕方・基本的な使用方法

みなさんは洗濯物を洗う時に洗濯ネットに入れて洗っていますか?大切な衣類を傷めず洗濯するためには洗濯ネットを使用しましょう。

洗濯ネットは洋服を保護する目的があります。

洗濯ネットの効果

他の洗濯物と絡まるのを防いでくれ、刺繍やボタンなどが取れるのを防ぐことが出来たり、摩擦を減らしてくれるので、デリケートな生地守ることが出来ます。又糸くずや埃がつくのを防いでくれるのです。そのため洗濯ネットを使用して洗濯することをオススメします。

洗濯ネットに洋服を入れるときの注意点

  • 洋服を裏返して入れる
  • 汚れた部分が外側にくるように入れる
  • 大きさのバランスをあわせる

洗濯ネットを使った選択の仕方

初めて一人暮らしを始めると洗濯の仕方がわからない人も多いですよね。特にデリケートな衣服をどのように洗濯していいのか迷ってしまいます。クリーニングに出す人も多いですが、クリーニングに出すと費用もかかってしまうので、経済的にも負担が大きくなります。そのため自宅で洗濯が出来る衣類は自分で洗濯してみましょう。

ネットに入れて洗いたい衣類

  • 洗濯ネット使用の表示があるもの
  • セーターなど糸くずが出そうな物
  • ビーズやスパンコールなど剥がれそうな装飾がある
  • 色移りが心配な洋服
  • 汚れが付きやすかったり、目立つ服
  • 型崩れが気になる洋服

洗濯ネットを使用する場合は洗濯ネット1枚に衣類1枚が基本になります。衣類の大きさに適したネットを使い、ネットのサイズに合うようにたたみ入れます。

洗濯ネットを使用した方がいい洋服について

洗濯ネットに衣類を入れることが面倒なので洗濯ネットを使用しないで洋服を洗っている人も多いと思います。しかし洗濯ネットにはきちんとした意味があります。正しく使うことが大切です。洗濯ネットを使うのと使わないのでは衣類の洗い上がりに大きな違いが出てきます。

ネットに入れた衣類とは

ストッキングやタイツ

ストッキングやタイツはネットに入れて洗うようにしましょう。ネットに入れないで洗濯をしてしまうと他の洗濯物と絡まり、破れてしまったり伸びてしまう可能性があります。

下着

女性物の下着にはフックや金具がついていることが多いです。そのため他の洗濯物に引っかかってしまうこともあり、他の衣類が破れてしまったりしてしまう可能性があります。型崩れ防止のためにも専用のネットに入れて洗いましょう。

ニット類

洗濯機で洗えるニットも多くなりました。伸びやすくシワになりやすい衣類はネットに入れて洗いましょう。ニットやセーターは裏返して入れます。汚れた部分が外側に来るようにたたむと汚れ落ちがよくなります。

洗濯ネットを使った洗濯の仕方がわかればメリットもある

洗濯ネットはデリケートな衣類を守ったり、靴下などの小物を入れると色々な使い方をすることができます。洗濯ネットの特徴は衣類の保護になります。洗濯ネットに入れることで、他の洗濯物と絡まることを防ぎ、ボタンなどの飾りを取れることを防ぎます。又糸くずや埃がつくことも防ぐことができます。

洗濯ネットは他の洗濯物との摩擦を軽減するために使用します。

洗濯ネットの中に衣類を詰め込みすぎると、洗濯ネットの意味がなく汚れ落ちも悪くなる

しっかり洗濯をするためには洗濯ネット1枚につき衣類は1着入れるようにしましょう。

そして洗濯ネットは衣類の大きさにあったネットを使用することがポイントになります。洗濯ネットが衣類よりも大きいと、洗濯ネットの中で衣類が動いてしまいます。そうすると洗濯ネットを使用している意味がなくなってしまいます。中で衣類が動いたりしない大きさのサイズを選びましょう。洗濯の仕方がわかると衣類の傷みも少なくなります。

洗濯ネットの色々な種類

一人暮らしをするとデリケートな衣類の洗濯の仕方がわからないと悩んでしまう人も多いですよね。デリケートな衣類は洗濯ネットを使用して洗濯することをおすすめします。

目的に合ったネットを選ぶと洗濯の効率が良くなる

目の粗さ

目の細かいネットは保護力が高いことが特徴になります。飾りが取れたり、生地が他の衣類をこすれることを防ぎます。目の粗いネットは水や洗剤の通りがいいので汚れ落ちがよくなります。

サイズ

小さなタイプから大きな物まで種類が豊富にあります。洗濯ネットを大きく選ぶポイントはネットの中で衣類が少し動くくらいの大きさを選ぶことです。

アイテム別専用ネット

毛布や下着など何に使用するか決まっていると専用のネットを使うことをオススメします。下着専用や毛布専用、Yシャツ専用のものがあり、大きさや形も調整されているので使い勝手がいいです。

洗濯ネットは色々な種類のネットを揃えておくと色々な洗濯物使えるのでとても便利です。