洗濯の仕方は?洗濯ネットを使用した基本的な洗濯方法

大切な衣類を傷めないように洗濯する時は、洗濯ネットを使用して洗濯をするのが便利です。

ですが、洗濯ネットを今まで使用したことがない人は、どのように使用して洗濯をすればいいかわからないものです。

ここでは、洗濯ネットを使用した基本的な洗濯の仕方についてご紹介します。洗濯ネットを上手に活用することで、大切な衣類を自分で綺麗に洗うことができます。これからご紹介する内容を参考に、チャレンジしてみましょう。

また、洗濯ネットの色々な種類やメリットについてもご紹介します。こちらも併せて確認してみましょう。

大切な衣類を守るためにも、洗濯ネットを上手に活用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯の臭いは重曹を使えばスッキリ取れる効果と正しい使い方

洗濯の臭いは重曹によって取ることができます。重曹ならコストも安く、刺激も少ないので小さいお子さんがい...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

【黒カビを除去する方法】服についた黒カビの除去方法と予防法

クローゼットやタンスに収納していた服、いざ着ようと思って出してみたら黒カビがついていた。そんな経験あ...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯はすすぎ1回で水道代の節約!さらにお得な使い方の見直しを

洗濯はすすぎ1回にすると水道代は1回分減らすことができます。最近ではすすぎ1回でも可能な洗剤が増えて...

洗濯に重曹は使える?洗剤の代わりに重曹を使う効果と洗濯方法

小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では、なるべく子供に優しい物を使用して洗濯をしたいと考えますよね。...

浴衣の洗濯方法のコツ。正しい保管の仕方でいつまでも大切に

浴衣の洗濯方法の基本やコツを掴めば自宅でも簡単に洗うことができます。クリーニングに出してしまえば簡単...

スポンサーリンク

洗濯ネットを使用した洗濯の仕方・基本的な使用方法

みなさんは洗濯物を洗う時に洗濯ネットに入れて洗っていますか?大切な衣類を傷めず洗濯するためには洗濯ネットを使用しましょう。

洗濯ネットは洋服を保護する目的があります。

洗濯ネットの効果

他の洗濯物と絡まるのを防いでくれ、刺繍やボタンなどが取れるのを防ぐことが出来たり、摩擦を減らしてくれるので、デリケートな生地守ることが出来ます。又糸くずや埃がつくのを防いでくれるのです。そのため洗濯ネットを使用して洗濯することをオススメします。

洗濯ネットに洋服を入れるときの注意点

  • 洋服を裏返して入れる
  • 汚れた部分が外側にくるように入れる
  • 大きさのバランスをあわせる

洗濯ネットを使った選択の仕方

初めて一人暮らしを始めると洗濯の仕方がわからない人も多いですよね。特にデリケートな衣服をどのように洗濯していいのか迷ってしまいます。クリーニングに出す人も多いですが、クリーニングに出すと費用もかかってしまうので、経済的にも負担が大きくなります。そのため自宅で洗濯が出来る衣類は自分で洗濯してみましょう。

ネットに入れて洗いたい衣類

  • 洗濯ネット使用の表示があるもの
  • セーターなど糸くずが出そうな物
  • ビーズやスパンコールなど剥がれそうな装飾がある
  • 色移りが心配な洋服
  • 汚れが付きやすかったり、目立つ服
  • 型崩れが気になる洋服

洗濯ネットを使用する場合は洗濯ネット1枚に衣類1枚が基本になります。衣類の大きさに適したネットを使い、ネットのサイズに合うようにたたみ入れます。

洗濯ネットを使用した方がいい洋服について

洗濯ネットに衣類を入れることが面倒なので洗濯ネットを使用しないで洋服を洗っている人も多いと思います。しかし洗濯ネットにはきちんとした意味があります。正しく使うことが大切です。洗濯ネットを使うのと使わないのでは衣類の洗い上がりに大きな違いが出てきます。

ネットに入れた衣類とは

ストッキングやタイツ

ストッキングやタイツはネットに入れて洗うようにしましょう。ネットに入れないで洗濯をしてしまうと他の洗濯物と絡まり、破れてしまったり伸びてしまう可能性があります。

下着

女性物の下着にはフックや金具がついていることが多いです。そのため他の洗濯物に引っかかってしまうこともあり、他の衣類が破れてしまったりしてしまう可能性があります。型崩れ防止のためにも専用のネットに入れて洗いましょう。

ニット類

洗濯機で洗えるニットも多くなりました。伸びやすくシワになりやすい衣類はネットに入れて洗いましょう。ニットやセーターは裏返して入れます。汚れた部分が外側に来るようにたたむと汚れ落ちがよくなります。

洗濯ネットを使った洗濯の仕方がわかればメリットもある

洗濯ネットはデリケートな衣類を守ったり、靴下などの小物を入れると色々な使い方をすることができます。洗濯ネットの特徴は衣類の保護になります。洗濯ネットに入れることで、他の洗濯物と絡まることを防ぎ、ボタンなどの飾りを取れることを防ぎます。又糸くずや埃がつくことも防ぐことができます。

洗濯ネットは他の洗濯物との摩擦を軽減するために使用します。

洗濯ネットの中に衣類を詰め込みすぎると、洗濯ネットの意味がなく汚れ落ちも悪くなる

しっかり洗濯をするためには洗濯ネット1枚につき衣類は1着入れるようにしましょう。

そして洗濯ネットは衣類の大きさにあったネットを使用することがポイントになります。洗濯ネットが衣類よりも大きいと、洗濯ネットの中で衣類が動いてしまいます。そうすると洗濯ネットを使用している意味がなくなってしまいます。中で衣類が動いたりしない大きさのサイズを選びましょう。洗濯の仕方がわかると衣類の傷みも少なくなります。

洗濯ネットの色々な種類

一人暮らしをするとデリケートな衣類の洗濯の仕方がわからないと悩んでしまう人も多いですよね。デリケートな衣類は洗濯ネットを使用して洗濯することをおすすめします。

目的に合ったネットを選ぶと洗濯の効率が良くなる

目の粗さ

目の細かいネットは保護力が高いことが特徴になります。飾りが取れたり、生地が他の衣類をこすれることを防ぎます。目の粗いネットは水や洗剤の通りがいいので汚れ落ちがよくなります。

サイズ

小さなタイプから大きな物まで種類が豊富にあります。洗濯ネットを大きく選ぶポイントはネットの中で衣類が少し動くくらいの大きさを選ぶことです。

アイテム別専用ネット

毛布や下着など何に使用するか決まっていると専用のネットを使うことをオススメします。下着専用や毛布専用、Yシャツ専用のものがあり、大きさや形も調整されているので使い勝手がいいです。

洗濯ネットは色々な種類のネットを揃えておくと色々な洗濯物使えるのでとても便利です。