ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかっていても、仕事が忙しいとなかなか行けないのではないでしょうか。
しかし、ポリエステルは正しい方法であれば、自宅で洗うこともできます。汚れが取れなくなる前に自分で洗ってみましょう。

今回はドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類を自宅で洗う方法をご紹介します。洗濯機で洗うこともできますが、お気に入りの衣類は手洗いした方がよいでしょう。

また、シミが付いてしまった場合や洗った後でもニオイが気になる場合の対処法についても説明しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

洗濯に重曹は使える?洗剤の代わりに重曹を使う効果と洗濯方法

小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では、なるべく子供に優しい物を使用して洗濯をしたいと考えますよね。...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

染み抜きの方法を教えて!血液汚れのシミを重曹で落とす方法

お子さんが怪我をして衣類に血液汚れがついてしまった!寝ている間に鼻血が出てシーツにシミができてしまっ...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

スポンサーリンク

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類を自宅で洗う方法

ボリエステルの素材を考えると、自宅で自分で洗って本当に大丈夫なのか、それでは危険なので、ドライクリーニングに出して、プロの方に洗濯お願いして、素材を守った方がいいのか、どちらが正しい答えなのか、洗濯をよくする方がよく考える疑問だと思います。自分で洗う自信がある方は、何もドライクリーニングに頼る必要もないと思いますよね?ですが、 服もあまり無理をして、自宅で自分で洗おうとせずに、クリーニング出した方が良いケースも沢山あります。

洗濯表示を確認

そこで、参考になるのは、洗濯表示です。タグを見て、ドライクリーニングのマークがついている。そんな時プラス、自宅で洗う場合は、何に注意して洗うべきか、正しい知識を身に着けましょう。

自宅でも洗えることは洗えます。でも、洗い方は普通より優しいバージョンにします。洗濯機によっては、手洗いコースであったり、ソフトコースがあります。ポリエステルはデリケートな素材なので、洗濯ネットに入れて、優しいコースで洗うと、上手に洗濯をすることができます。

ですので、自宅でドライクリーニングのマークがついているものを洗うことは可能です。コースと洗濯ネットに入れることを忘れないで下さいね。

ドライクリーニングマークのお気に入りのポリエステルの衣類は手洗いにしましょう

タグにドライクリーニングマークがついているのなら、とにかくその素材の服は、デリケートに扱うべきです。洗濯で優しいコースを選んで洗うという方法もあり、それもポリエステルの素材を洗うのに、適切な方法です。ですが、よりポリエステルの素材の服を洗うのに、適切なのは、手洗いだと思います。

洗濯機の優しい洗い方のコースを選んでも大丈夫だとは思います。

でも、あなたが

「このお洋服には思い出がある」

「絶対このお洋服は洗濯でダメにはしたくない」

と強い思いがあるのなら、手洗いがよりベストだと思います。

毛玉もできにくくなりますし、手洗いだと洗濯での失敗を防ぐことができます。

「これ洗濯の優しいコースでも洗い方によっては、シワになったり、毛玉ができちゃうかも」

と不安な時は、もう手洗いで、柔軟剤も入れて洗う方がより2次的な問題も発生しにくくなると思います。

洗う時もゴシゴシ洗うというよりは、服についている汚れを優しく押す感じで落とします。

自宅でドライクリーニングマークのついたポリエステルの衣類を洗った後は干し方にも注意

洗濯は、洗い方だけに気をつければ良いという訳ではありません。干し方も重要なんです。

素材がポリエステル、タグにドライクリーニングのマークがついている、そんな素材を洗うとなると、洗う時は柔軟剤を入れて、摩擦をしにくくすることが大切。プラス、干し方も、あまり日光には当てないように注意して下さい。

ポリエステルはシワができやすい素材

その素材のことも考えて、洗濯後、シワができているのなら、その部分を伸ばして、シワにならないようにして、干して下さい。

ポリエステルは乾きやすい

乾かす長さにも注意して干して下さい。タオルや他の素材は乾かすのに時間がかかりますが、それがポリエステルとなると、そうでもありません。時間に関していえば、だいぶ縮小されると思います。その点に関しても、充分考えて、ポリエステルの素材のお洋服を干して下さい。

「形」のことも考えて、ハンガーを使って干すのが、妥当だとは思います。

シミが付いたポリエステルの衣類を自宅で洗う方法とコツ

ポリエステルにシミなんかついてしまうと、残念ですし、どうやってそのシミをとったらいいのか、悩みます。

まず、ポリエステル素材のお洋服ですが、アクセサリーなど、自宅で洗濯できない要素を何か含んでいますか?まず、自宅で洗濯をできるのか、できないのか、それをチェックして下さい。

できない場合は、クリーニングに任せて下さい。

ポリエステル製の素材は、シミになっている部分に洗剤をつけて、シミをとります。ただ、洗剤がその素材に本当に合っているのかどうかわからないので、まずは洋服のスミでその洗剤がシミになったりしないのか、確かめてからにして下さい。問題がなかったら、シミの部分につけて、シミ抜きをして下さい。

完全にシミが抜けるまで、綿棒などでチョンチョンつついて下さいね。

ポリエステルの衣類を洗ってもニオイが気になる場合の対処法

ポリエステルの素材の衣類を洗ったけど、最後の最後で、臭いが気になる。

お気入りのお洋服でデートなんかに着ていきたいものだったりすると、余計、その臭い、すぐにでも取りたいと思いますよね?

ポリエステルは臭いがつきやすい

残念ながら、ポリエステルは臭いがつきやすい素材です。なので、嗅いで臭いがしたら、すぐに、酵素系漂白剤で洗います。

その際、水ではあまり効果が出ないことも覚えておいて下さい。

水ではなく、50度くらいのお湯につけることでその嫌な臭いは取れます。

夏なんかは汗をかきやすいので、臭いもつきやすいと思います。お気に入りのお洋服なんかは、数日前に酵素系漂白剤を入れて、少し洗面器なんかに入れることを考慮すべきだと思います。

ポリエステルを素材としたもので、タグにドライクリーニングがついているものでも、自宅で洗うことはできます。手洗いが一番ベストな方法だと思います。汚れもとれますし、シワにもなりにくいです。また、干すときもできるだけハンガーを使って、形を整えて下さい。