洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。
では、洗濯物にほこりが付いてしまったのは何が原因なのかわかりますか?
洗濯物をほこりまみれにしないためにも原因を知って、対処しなければなりません。

そこで、洗濯物にほこりがつく原因と対処法についてお伝えしていきましょう。

洗濯物に付くほこりは洗濯槽や洗濯の仕方を見直すことで改善されます。
ぜひ参考に洗濯物のほこり対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

洗濯機へ洗剤を正しく入れてますか?洗剤の入れ方について

洗濯機はボタン一つで汚れた衣類やタオルを洗濯してくれる白物家電ですが、実際に使うとなると、ちょっとし...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

テンセルが洗濯で縮むのを防ぐ!正しい洗い方と注意点を紹介

肌触りが良く着やすいテンセルですが洗濯すると縮むことがあるのを知っていますか?もしも、縮ませてし...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

スポンサーリンク

洗った洗濯物にほこりがつくのは洗濯槽の汚れが原因

衣類の汚れを取るために欠かせない洗濯機。

家族が多ければそれだけ洗濯する衣類も増えるので、一日に何回も洗濯をしているという家庭もあるでしょう。

洗濯をしなければ、着ていく服や使えるタオルがなくなるので、家事の中でも洗濯は重要な部分を占めますよね。

洗濯をしてキレイになったはずの衣類にゴミやホコリが付いているということもあります。

ほとんどの場合は、衣類のポケットから取り出し忘れたゴミをそのままの状態で洗濯してしまったなどの過失が原因です。

このような経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

洗濯槽には衣類の汚れが溜まりやすい

ゴミは入っていないのに、衣類にゴミが付着しているということもあります。

この場合、考えられる原因が分からず、対処のしようがないという人も多いと思います。
衣類からのゴミではないなら、原因は洗濯機の内部、つまり洗濯をする洗濯槽に原因がある可能性が大きいです。

洗濯槽クリーナーという専用のクリーナーも市販されているので、洗濯槽自体の掃除はするものということはご存知の人も多いでしょう。

洗濯槽は、常に汚れた衣類を洗濯する樽のようなもの。

洗濯槽には、洗濯をする時に出る汚れが付着することは普通です。

この付着した汚れは、自然には落ちないので、定期的に洗濯槽の掃除をして洗濯槽を清潔に保つということはとても重要なポイントです。

洗濯物のほこりの原因になる洗濯槽の掃除方法

洗濯が終わって取り出した衣類に、細かなゴミが付いていると、洗濯物を干す前にゴミを取るという余計な手間が加わるので、そんな状態を見たら落ち込んでしまう人は多いのではないでしょうか。

私も過去何度もポケットに入ったゴミを確認し忘れてそのまま洗ってしまったことがあります。

特に、テッシュなどの細かな紙ゴミは、洗濯でより細かくなり、濡れた状態の衣類からはなかなか取りにくいため、自分がしたことなのにイライラしながらゴミをコロコロで取ることがしょっちゅうです。
洗濯槽が原因でゴミが付いているという場合は、放置していてもゴミが減るということはなく、原因となっている洗濯槽をキレイにするという方法が最善策です。

洗濯槽クリーナーを使って洗濯槽を掃除する

洗濯機の中でも、衣類の汚れを洗う洗濯槽は取り出してみると、裏側に汚れがびっしりと付いていることもあります。

洗濯槽を掃除する時には、ぬるま湯を洗濯槽の満杯の位置まで入れ、洗濯槽に付着した汚れをぬるま湯の効果で落としやすくすることが基本です。

1時間程度浸け置きした後は、「洗う」コースを5~10分稼働させてさらに汚れを剥がしやすくします。

汚れを浮かしたら、市販の洗濯槽クリーナーの出番です。

洗濯槽クリーナーに含まれる洗剤の作用で、洗濯槽全体の汚れをキレイにしてくれます。
洗濯槽クリーナーの使い方はメーカーによっても違いがあるので、注意書きを守って使うようにしましょう。

洗濯物がほこりまみれにならないように原因を取り除きましょう

一度、ゴミを取り出し忘れたまま洗濯したことがある人の中には、その後にかかった手間を考えて細心の注意を払って洗濯をしている人が多いでしょう。

それだけ、ゴミが付いた洗濯物は干す際にゴミを一つ一つ取り除く作業が大変で、特に朝の忙しい時間帯にこの作業をすることは罰ゲームのような過酷な作業です。

ゴミが洗濯物に付かないためには、洗濯前の衣類のチェックは基本ですが、原因となる洗濯槽も汚れを溜めないということも大切です。

洗濯槽の掃除はどのくらいの頻度で行うのが良いのでしょうか。
洗濯機の形によって洗濯槽の汚れの溜まり方に違いがあるので、決まった答えはありません。

乾燥機がない縦型の洗濯機は、樽のように垂直に洗濯槽が入っているので、どうしても洗濯物から出る汚れは下に溜まりやすい傾向があります。

また、縦型洗濯機は、斜めドラム型洗濯機と比べて水を多く使って洗濯するため、洗濯槽に汚れが付きやすい傾向があります。

洗濯槽全体の汚れを取ることは基本ですが、汚れの溜まりやすい底を重点的に掃除することがおすすめです。

出来れば、3ヶ月に一度、長くても半年に一度を目安に洗濯槽を掃除しておくと、洗濯物も清潔に洗えて安心です。

ほこりが出やすい洗濯物を洗うときは対策をすること

毛羽立ちの多い衣類は他の衣類と分けて洗濯する

洗濯槽も掃除したばかりで、衣類の中のゴミもないのに、なぜかゴミが洗濯物に付いてしまうということもあります。

我が家の場合は、タオル類を新調したタイミングで起こりましたので、原因がこのタオルだと特定出来ましたが、このような毛羽立ちの多い衣類には、洗濯した時に衣類同士がこすり合って、毛が落ちてゴミになるということは多いようです。

そのため、おろしたてのタオル類を洗う時には、他の衣類とは分けて洗うなど、毛羽立ちの多い衣類は洗濯する時に注意することも必要です。

洗濯機の糸くずフィルターのチェックも忘れずにしましょう

洗濯槽の中にある細かな部品も清潔に

洗濯槽を掃除する時には、樽の部分だけを掃除すれば良いと思いがちですが、洗濯槽の中にある洗剤投入口や糸くずネットなど、細かい部品もキレイにする必要があります。

特に、洗濯槽の中にある糸くずネットは洗濯衣類から出るゴミをキャッチする部分なので、細かな網状の袋にゴミが溜まっていることがあります。

網から溢れたゴミが衣類に付いてしまうということもあるので、洗濯槽だけではなく、細かな部品も掃除をして清潔に保つ必要があります。