洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認してから処理をしましょう。
お気に入りの洋服にファンデーションのシミを発見したときはできるだけ早く対処するのが一番です。

ここでは、洗濯による油汚れのシミの落とし方について、ファンデーションによるシミの洗濯での落とし方や洋服についた油溶性のシミ汚れを落とすコツ、シミの種類によって落とし方が違うことや洋服についたシミを落とすためのポイントと注意点などお伝えしていきます。

これで、白い服についた油汚れもスッキリと落とすことができますし、洋服にシミを発見したときでもすぐに対処することができるでしょう。
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

【黒カビを除去する方法】服についた黒カビの除去方法と予防法

クローゼットやタンスに収納していた服、いざ着ようと思って出してみたら黒カビがついていた。そんな経験あ...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

洗濯の仕方は?洗濯ネットを使用した基本的な洗濯方法

大切な衣類を傷めないように洗濯する時は、洗濯ネットを使用して洗濯をするのが便利です。ですが、...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

赤カビの原因と取り方。服に付いた赤カビの落とし方

服にピンク色の汚れができた場合には赤カビが原因かもしれません。赤カビと言うと浴室では見かけることがあ...

洗濯を手洗いでする時に必要なグッズ・便利なグッズと洗濯方法

長期の旅行に出かける時など、洗濯を手洗いですることもありますよね。普段は洗濯機に入れてスイッチを...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

スポンサーリンク

ファンデーションによるシミの洗濯、落とし方

衣服にいつの間にかファンデーションがついていることありませんか?服を脱ぐ時やメイクをしている最中など女性なら一度は経験したことありますよね。直ぐに対処してもなかなか落ちないこともあります。ファンデーションは油性のシミになります。油汚れのシミはどの油でも基本的な落とし方は同じなので正しい落とし方をしましょう。

ファンデーションの汚れは、洗剤原液、ベンジン、アルコールなどで落とすようにしましょう。

シミ抜きの手順

  1. タオルの上にシミのついた衣類おく。
  2. シミがついている部分に洗剤の原液を少量つけ、使い古した歯ブラシで軽くトントンと優しく叩きます。
  3. タオルの位置を変えながらシミがタオルにつかなくなるまで叩く。浮いた汚れを水で洗い流す。
  4. 輪じみにならないように境目をぼかす。
  5. 洗濯機に入れて普段通りに洗濯をする。

衣類についたファンデーションのシミは出来るだけ早く対処することが大切です。時間が経ってしまうとシミが繊維の奥に入り込んでしまうので、シミが落ちにくくなります。早めに対処しましょう。

油汚れのシミの落とし方は洗濯前ひと手間がコツ

ついてすぐのシミは何の汚れなのかわかるので、対処の仕方がわかります。しかし時間が経ってしまうと何のシミがついてしまったのかわからなくなってしまいます。そのためシミがついてしまったらすぐに対処しましょう。

口紅やファンデーション、アイメークなどのシミは油溶性の汚れになります。そのため油に溶けやすいです。油汚れは同じ油に吸着する特性があります。汚れに合わせた落とし方をします。

油汚れのシミの対処法

  1. アルコールやクレンジングオイルなどでシミ全体を叩きます。シミを広げないように外側から内側にたたくことがポイントになります。
  2. 薄めた衣類用洗剤もしくは食器用洗剤でシミ全体を叩く。
  3. 汚れを落としている部分だけをぬるま湯で揉み洗いする。
  4. いつもと同じように洗濯機で洗濯をする。

クレンジングオイルはメイク落としの中でも洗浄効果が一番高いです。油性のシミを落とすのに効果があります。油汚れのシミを落とすためには洗濯前にひと手間かけてから洗濯をすると汚れ落ちがよくなります。

シミの落とし方や洗濯方法は汚れの種類によって違う

衣類に汚れやシミがついてしまうことはよくありますよね。大切なのは汚れを見極めて対処することです。汚れやシミを放置してしまうと落ちにくくなるので出来るだけ早く対処しましょう。

まず汚れの種類を確認することです。汚れには水溶性の汚れ、油溶性の汚れ、不溶性の汚れがあります。

水溶性はコーヒー、醤油、果汁、肉汁などになります。水に溶けやすい性質です。油溶性の汚れは、マヨネーズ、食用油、口紅、ファンデーションなどです。油に溶けやすい性質なので、食器用洗剤やクレンジングオイルを使用すると綺麗に落とすことができます。不溶性の汚れは水にも油にも溶けません。土や埃、墨などです。溶けにくいので落とすことが難しいです。

時間がたってからシミを見つけた場合何のシミかわからないことがある

わからない時は確認する方法があります。霧吹きで水をかけて水溶性か油溶性か確認する方法です。水をはじいたら油性。水が染み込んだら水性のシミになります。油性、水性、不溶性のシミで落とし方が異なるので必ず確認してから落とし洗濯をしましょう。

洋服についたシミを落とすためのポイントと注意点

洋服には知らない間にファンデーションがついてしまっていたり、食べ物をこぼしてしまい汚れてしまうことがあります。衣類を汚してしまったらすぐに対処しましょう。

まずシミを綺麗に落とすためにはいくつかのポイントがあるので紹介します。

シミを放置しない

シミは時間が経てば経つほど落ちにくくなります。そのためしみ抜きは出来るだけ早く行いましょう。外出先でも応急処置はしましょう。帰宅後はシミ落としをしっかりして洗濯をすぐにしましょう。

シミを叩く

汚れがつくとティッシュなどでこすってしまうことがあります。しかしこすると汚れが伸びて広がるので叩いて汚れを落としましょう。

シミの性質にあった落とし方をする

シミには水溶性、油溶性、不溶性があるので性質にあった落とし方をしましょう。

洋服のシミは落とし方のコツを掴んで洗濯しましょう

シミは時間が経つと落ちにくくなります。そのため出来るだけ早く対処することがシミを上手に落とすポイントになります。ついたシミの種類によってもシミ抜きの方法が違ってきます。そのためついているシミがどのようなシミなのかしっかり確認しましょう。シミの種類によって落とし方が違ってきます。

シミを綺麗に落とすためには洗濯をする前にしっかりとシミを前処理することがポイントになります。落とし方のコツをしっかり掴んでお気に入りの衣類を長く着るようにしましょう。