墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?
すでに乾いた状態の墨汁の染み抜きはなかなか落とすことができません。そこで、服についた乾いた墨汁を染み抜きする方法について、家にあるものを使ってできる裏技や墨汁が付いたときの応急処置などについてお伝えしていきましょう。
素材によっては使えない場合もありますので注意してくださいね。

習字の墨汁は落とすのが大変なので、できるだけ付けないように対策をするのが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

洗濯と漂白で黄ばみを落とす対処法、黄ばみを防ぐ対策

洗濯をただするのではなく漂白も加えることで黄ばみを落として衣類を白くすることができます。それには、正...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

洗濯はすすぎ1回で水道代の節約!さらにお得な使い方の見直しを

洗濯はすすぎ1回にすると水道代は1回分減らすことができます。最近ではすすぎ1回でも可能な洗剤が増えて...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

手洗いを洗濯機でする方法で優しく洗って賢く活用するコツ

手洗いを洗濯機でする方法はとても簡単です。ただし、手洗いができる洗濯表示がないと洗うことは難しい...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

靴を洗剤で臭いを取り除く洗い方とスッキリ無臭にさせるコツ

靴は洗剤によって臭いを取ることができます。靴の嫌な臭いを取るためには、洗剤の使い方と洗い方がコツにな...

過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽掃除で失敗しないためのコツ

洗濯機から出した洗濯物に、黒っぽい汚れが付いているということはありませんか?特に白い洋服の場合には、...

洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り...

洗濯の臭いは重曹を使えばスッキリ取れる効果と正しい使い方

洗濯の臭いは重曹によって取ることができます。重曹ならコストも安く、刺激も少ないので小さいお子さんがい...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

スポンサーリンク

服についた乾いた墨汁は家にあるものを使って染み抜きできる

手を洗うときや、体を洗うときには液体のハンドソープやボディーソープを使いがちですが、そのような場合は自宅に眠っている固形石鹸を出して墨汁の染み抜き用に使いましょう。

染み抜きに用意する物

  • スプレーヤー
  • 固形石鹸

手順

  1. スプレーヤーの中に水を入れます。スプレーヤーのノズルの部分の水の出かたを調整できるものは細く一点集中で出るように設定します。
  2. 墨汁がついた服を平らな場所におきます。水を使うため洗面台の中や洗面器を使うと安心です。
  3. スプレーヤーを使って墨汁がついた部分を濡らします。
  4. 3の部分を固形石鹸の角を使って石鹸をこすりながら洗います。
  5. 墨汁が薄くなり範囲が広がってきたら服の裏から手を当てて流水を使って洗います。
  6. 同じ作業を繰り返し墨汁のしみが薄くなるまで行い、ある程度取れなくなったら洗濯機で洗います。

乾いた墨汁の染み抜きをはじめる前に素材を確認しましょう

服の素材によっては染み抜き方法を考える必要があります。

染み抜き後の色落ち

服の素材や、色によっては洗剤の成分で色落ちすることがあります。使う洗剤との相性を確認するために服の内側や下の部分に使う洗剤をつけて確かめてから染み抜きしましょう。

染み抜きできる素材なのか

墨汁のついている部分だけ染み抜きしようとこすり合わせたり、ブラシを使って汚れを浮かしたりすると毛羽立ってしまったり生地が薄くなってしまう事もあります。

素材に注意し染み抜きをする必要があります。

墨汁が染みこんでどのくらい時間が経っているか

墨汁は衣類の繊維にしみこみやすい粒子のため、墨汁が付着してから時間が経ってしまうと強固な染みに成ってしまいます。しっかり染み抜きするには時間をかけて行うことが必要になります。

歯磨き粉を使って乾いた墨汁を染み抜きする方法

汚れを落とすには同じ成分のものを用いると綺麗に洗浄できると聞きますが、墨汁は油分を含む油性ではなく、水溶性にも属さない成分のため汚れを分解するには難しいのです。その墨汁が乾いてしまうとさらに繊維の奥に入り込み染まってしまうためなかなか取れなくなってしまいます。

染み抜きに用意する物

  • 歯磨き粉
  • 使い古した歯ブラシ
  • 捨てても良い布

手順

  1. 作業する平らな部分に捨てても良い布を置いてその上に墨汁が染み付いてしまった服をのせます。
  2. 墨汁がついている部分に歯磨き粉を乗せます。あまりつけすぎず少量からはじめましょう。
  3. ぬらした歯ブラシの水を切って上から軽く叩きながら繊維にしみこませていきます。歯ブラシをスライドしてしまったり、横にこすってしまうと服の繊維が弱ってしまうため上から叩くだけにしましょう。

服の繊維によっては毛羽立ってしまったり薄くなる場合があります。素材に注意し行いましょう。

乾いた墨汁は染み抜きが大変なので早めの対処が必要

墨汁は応急措置が大事。

学校の習字の授業で墨汁がついてしまうと、家に帰るまでの時間に墨汁がしっかり乾いてしまい取れなくなってしまいます。

学校での墨汁の応急処置は工作などで使う「のり」がポイント

お道具箱に入っているのりを使います。墨汁がついてしまった部分にのりをつけるとのりの粘着成分が墨汁の色素を吸着してくれて洗濯をするときに取れやすくなります。

家での墨汁対処にはご飯粒が効果的

炊いたご飯を墨汁がついてしまった部分にすりこむと、ご飯が墨汁の色素を吸い込みしみが取れやすくなります。ご飯が乾いてしまう前に次の工程に進み墨汁の染み抜きを始めましょう。

どちらも墨汁がついてから時間が経っていない早めの対応に効果的な方法で、乾いた服には効果は期待できません。

墨汁の染みを付けてしまう前に対策をしましょう

洗濯で落ちやすい墨汁を使う

服に墨汁がついてしまっても通常の洗濯方法で綺麗に洗うことができる墨汁があります。ただ、展覧会などに出すときには通らない種類の墨汁のため練習のときや出品しないときなどに使用しましょう。

習字の授業のときの服を決める

一度習字の授業に着ていき汚れてしまったものや、服を自由に決められるのならば黒っぽい服を選びましょう。また漂白ができる真っ白な服を選ぶと洗濯がしやすいです。我が家は念のため靴下まで黒いものにしています。そして黒いジャージ上下を着せていますが墨汁がついたところがわからない状態で帰ってくるので気になりません。

道具のお手入れのときにも注意

自宅に帰ってきて使った習字セットを洗うときにも注意は必要です。

我が家では覚悟してお風呂場で自分で洗わせています。お風呂場で洗うと壁に飛んでも洗剤や水を沢山使って掃除しやすいためあえてお風呂場です。最初は壁も床も墨汁で黒ずんでいました。余談ですが授業で使った新聞紙を持っていってしまい排水溝を詰まらせた事もあります。今となっては経験と思えます。また汚れた事でお風呂場の掃除をすることもできました。道具のお手入れも大事なこととお風呂場で洗ってもらうのも勉強になるでしょう。