洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り返しても落とすことができません。
そこで、洗濯物についた生乾き臭の取り方についてご紹介します。生乾き臭の原因は菌の仕業。この原因になる菌を除去すれば、嫌な臭いはなくなります。
臭いが取れなくて、服を処分しようかと思う前に、これからご紹介する方法で生乾き臭を除去して下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯を手洗いでする時に必要なグッズ・便利なグッズと洗濯方法

長期の旅行に出かける時など、洗濯を手洗いですることもありますよね。普段は洗濯機に入れてスイッチを...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せ...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

洗濯の時の漂白剤の使い方は簡単。基本的な使い方と注意点とは

掃除や洗濯など一人暮らしもなれてきた頃、洗濯物の臭いが気になりませんか?洗ったはずなのに白い...

赤カビの原因と取り方。服に付いた赤カビの落とし方

服にピンク色の汚れができた場合には赤カビが原因かもしれません。赤カビと言うと浴室では見かけることがあ...

洗濯の仕方【初心者編】これだけやれば簡単に洗濯できる方法

洗濯の仕方について初心者の場合、何から始めていいのかもわからないときもあるでしょう。洗濯はコツを掴め...

スエードの靴を自宅でキレイにする方法!自分で洗う正しい洗い方

秋や冬に大活躍するスエードの靴。汚れないように気を付けて履いていても、どうしても汚れが目立ってくるこ...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

スポンサーリンク

洗濯物の生乾き臭の取り方でおすすめは酸素系漂白剤でつけ置き

洗濯物に付いてしまった生乾き臭は、雑菌が原因です。

酸素系漂白剤は殺菌効果が高く、雑菌を除去する事ができるので、洗濯物の臭いを取る効果が期待できます。

塩素系の漂白剤だと、漂白力が強すぎて色落ちや生地を傷めてしまう原因になってしまうので、塩素系ではなく酸素系を使って下さい。

同じ酸素系漂白剤でも、液体タイプのものよりも粉末タイプのものの方がより殺菌効果が高いのので、粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

洗濯機にぬるま湯を入れ、酸素系漂白剤の粉末タイプを入れて溶かします。

洗濯物を入れて、1時間程つけ置きしましょう。

ぬるま湯が冷めないように、洗濯機の蓋は閉めておいてください。

つけ置きが終わったら、軽くすすいで、あとは洗濯機でいつも通りに洗濯するだけです。

洗濯物の生乾き臭に煮洗いで臭いを取る取り方

洗濯物の生乾き臭を取る方法として「煮洗い」がおすすめです。

生乾き臭の原因菌は65度以上のお湯に15分以上つけて置けば除去できる

ただし、大量の洗濯物を煮洗いするのは難しく、デリケートな生地のものなどは煮洗いには向かないので注意が必要です。

キッチンで使う布巾やタオル、綿100%のTシャツや靴下などは煮洗いしても大丈夫です。

煮洗いには大きな鍋が必要

大きな鍋にたっぷりの水を入れて火にかけます。

  1. 完全に沸騰させる必要はなく、底に泡が出はじめたら洗濯物を入れてください。
  2. 洗濯物をすべて入れたら、弱火にして約15分煮込みましょう。
  3. 洗濯機の中のように、かき混ぜながら煮込むようにします。
  4. 時間が経ったら水にさらし、冷めたら洗濯機を使って脱水してください。
  5. しっかりと干して、完全に乾いたら完了です。
乾いてもまだ臭いが残っていたら、次は重曹を入れて煮洗いするのがおすすめです。

重曹の分量は、鍋にお湯がいっぱいの状態で大さじ1杯ほどが目安です。

重曹を使って煮洗いする場合は、アルミ鍋を使うと変色や穴が開いてしまう危険性があるので、アルミ鍋は避けましょう。

洗濯物の生乾き臭にコインランドリーの乾燥機を使った取り方

洗濯物に付いている雑菌は65度以上で除去できると言われています。

そのため、乾燥機で洗濯物を乾燥させると臭いが取れる事があります。

家庭乾燥機の温度はおよそ60度

濡れた状態の洗濯物を入れると、60度を保てない事になるでしょう。

コインランドリーの乾燥機の温度は80度~120度

家庭用の乾燥機と違って80度~120度というかなりの高温で洗濯物を乾燥させます。

そのため、コインランドリーの乾燥機を使えば、生乾き臭を取り除く事ができるのです。

近くにコインランドリーがある場合は一度効果を試してみてください。
コインランドリーが近くにない場合や、わざわざ持っていくのが面倒だという方には、アイロンを使って生乾き臭を取り除く方法がおすすめです。

アイロンは中温~高温くらいの設定で200度程の高温になります。

洗濯が終わった後の濡れたままの洗濯物に乾くまでアイロンをかけると、臭いがすっかり消えているはずです。

多くの洗濯物を一度にやりたい場合は、かなりの時間がかかるので、少ない洗濯物の臭いを取りたい時に試してみてください。

洗濯物の生乾き臭の予防のために覚えておきたいこと

洗濯物の生乾き臭を予防するためには、洗濯物から雑菌のエサとなる皮脂汚れをしっかり取り除く必要があります。

洗濯洗剤には液体タイプのものと粉末タイプのものがありますが、皮脂汚れに強いのは粉末タイプの洗剤だと言われています。

粉末タイプの洗剤は冷たい水に溶けにくく、洗剤の溶け残りが心配ですが、はじめにぬるま湯に溶かしてから使うなどの工夫をすれば綺麗に洗い上げる事ができます。

液体タイプの洗濯洗剤よりも値段が安く洗浄力も上がるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

生乾き臭の原因は洗濯機本体にあるケースも

その理由は、洗濯槽に雑菌が繁殖している可能性があるからです。

きれいに見える洗濯槽ですが、洗濯物から落ちた汚れや洗剤カス、それをエサに寄ってきた雑菌、カビなどが繁殖している事もあるのです。

洗濯槽は3ヶ月に1度は必ず掃除するようにしましょう。

洗濯物の量や汚れ具合によっては1ヵ月に1度掃除した方が良い場合もあります。

洗濯物の生乾き臭が気になったら、洗濯槽の掃除のタイミングかもしれません。

洗濯にお風呂の残り湯を使う時の注意点

洗濯にはお風呂の残り湯を使うという家庭が多いのではないでしょうか。

お風呂の残り湯には大量の雑菌が潜んでいる

また、皮脂汚れや垢もたくさん含まれているため。

残り湯だけで洗濯してしまうと、キレイになるどころか逆に雑菌や汚れを増やしてしまう事になります。

洗濯にお風呂の残り湯を使う場合は「洗い」だけに使うようにして「すすぎ」にはキレイな水道水を使って雑菌の繁殖を防ぎましょう。

お風呂の残り湯を洗濯に使う事にはメリット

入浴直後の残り湯は水温が高く洗剤の効果が最大限に発揮され、洋服に付いた汚れが落ちやすくなるのです。

入浴してから時間が経てば経つほど雑菌も増え、お湯の温度も下がってしまうので入浴後は早めの洗濯を心がけましょう。

また、入浴剤を使った後のお風呂の残り湯を洗濯に使うと入浴剤の色が洋服やタオルに移ってしまう事があるので避けたほうが良いでしょう。

透明な残り湯を、温かいうちに使えば洗浄力が高まり、洗濯物の生乾き臭を防ぐ事ができます。