洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます。
しかし、うっかり時間が経過してからシミに気がつくこともあるでしょう。
そんな衣類についてしまった血液のシミは、コツを掴めば自分でも落とすことができるのです。

そこで、血液のシミの落とし方について、衣類についてしまった血液のシミを洗濯で落とす方法や時間が経過した頑固な血液のシミの落とし方、血液がついてしまったときの応急処置や衣類のシミ抜きをするときの注意点などお伝えしていきます。

これで、お気に入りの衣類に血がついてしまったときもすぐに対処することができるので、シミを防ぐこともできるでしょう。後からシミに気がついても、この方法をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

浴衣の洗濯方法のコツ。正しい保管の仕方でいつまでも大切に

浴衣の洗濯方法の基本やコツを掴めば自宅でも簡単に洗うことができます。クリーニングに出してしまえば簡単...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

洗濯の臭い取りは洗剤の量や使い方によって解消できることを解説

洗濯の臭い取りには、洗剤の使い方や洗濯の仕方を見直してみてはいかがでしょうか。洗濯したのに洗濯物...

過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽掃除で失敗しないためのコツ

洗濯機から出した洗濯物に、黒っぽい汚れが付いているということはありませんか?特に白い洋服の場合には、...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

洗濯マークで洗濯上手に!海外の衣類も新洗濯表示で洗濯が簡単に

衣類には洗濯表示のマークがついていて、このマークを確認して洗濯をすることで、衣類を傷めずに洗濯をする...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

スポンサーリンク

衣類についてしまった血液のシミを洗濯で落とす方法

血液が衣類についてしまったときは、すぐに水洗いをすることことでシミになるのを防ぐことができます。
すぐに水洗いをすることができない場合は、血がついていることに気づかずに時間がたってしまった場合など、血がシミになってしまい普通に洗濯をしただけでは落とすことができない場合もありますよね。
そのような血液のシミは、通常のシミ抜きと同じ要領で落とすことができます。

血液のシミの落とし方

血液の汚れを落とすときは、お湯は使わずに水を使うようにしてください。お湯は使ってしまうと血液の中の成分が硬くなり落としにくくなってしまいます。

  1. 衣類を裏返しにしたら、シミの下にタオルを置いてください。シミを落とすときに血液が衣類の他の部分に広がるのを防ぎます。
  2. コップに水を入れたら、食器用洗剤を入れて洗浄液を作ります。
  3. 使い古しの歯ブラシに洗浄液をつけたら、血液のシミの上から叩いて落としていきます。このとき、シミの外側から内側に向かって落とすようにしてください。シミの内側から落とすと、血液の汚れが広がって輪ジミになってしまう可能性があります。
  4. 汚れが薄くなったら、キレイな水ですすいでください。あとは洗濯機で洗濯をするだけで、キレイに落とすことができます。

頑固なシミの場合は、漂白剤を使って落とすようにしてください。
色柄物にも使えるワイドハイターのような酸素系漂白剤を使います。

血液のシミはつまみ洗いなどをしてできるだけ取り除いておきます。酸素系漂白剤をシミの上に直接つけ、汚れになじませたら、しばらく時間をおいてからすすいでください。

時間が経過した洗濯しても落ちない頑固な血のシミを落とすには

血液は時間が経ってしまうと、血液の中にあるタンパク質が化学反応で酸化してしまい、通常の洗濯では落としにくくなってしまいます。
時間が経って頑固なシミになってしまった血液は、漂白剤を使って落とすようにします。

漂白剤を使って落とす方法

  1. ワイドハイターのような酸素系漂白剤と、粉末の洗濯洗剤を用意してください。粉末の洗濯洗剤には酵素が含まれているので、血液の汚れを落とす効果があります。
  2. 衣類を裏返し手にしてから、シミが広がらないように、シミの下にタオルを置きます。
  3. 酸素系漂白剤と粉末の洗濯洗剤を1:1の割合で混ぜてペーストを作ります。
  4. シミの上に3で作ったペーストを塗り、しばらく時間をおきます。
  5. 10分位おくと、シミが落ちているかと思います。シミが落ちているようなら、通常の洗濯をしてください。
    洗濯をしてもシミが残っているようなら、つけ置きが効果的です。

つけ置きをする方法

  1. 洗濯桶などに水をため、ワイドハイターなどの酸素系漂白剤を入れて混ぜます。
  2. 酸素系漂白剤と同じ量の重曹も加えて、よく溶かしてください。
  3. 血液のシミの部分を浸したら、1~2時間くらいつけ置きします。
  4. 最後に洗濯機で洗濯をしてください。

洗濯前にできる衣類に血がついてシミになるのを防ぐ対処法

血液の汚れも他の汚れと同じように、すぐに対処することで落としやすくなります。特に血液は時間が経ってしまうと酸化して落とすのが難しくなってしまうため、血液がついたらすぐに落とすようにしてください。

水で洗っても問題がない素材なら、すぐに水で洗い流すようにします。
血液はお湯で硬くなる性質がありますので、必ず水か30℃以下のぬるま湯で洗い流してください。

近くに固形石けんがあるのなら、固形石けんを染み込ませたタオルなどでトントンと叩いておきます。汚れが薄くなったら水ですすいでください。

とりあえず水で洗い流しておくと、後は洗濯機で洗うだけでキレイに落とすことができます。

水洗いができない衣類の場合は、ティッシュなどで血液の水分を吸い取っておきます。できるだけ早めにクリーニングに出すようにしてください。

洗濯によって衣類のシミ抜きをするときの注意点

自宅で洗うことができる素材であるかどうかを確かめ、衣類のタグについている洗濯表示を確認します。

水洗いができるか確認する

桶のマークや洗濯機のマークがあると自宅で水洗いをすることができますので、シミ抜きもすることが可能です。
桶のマークにバツ印がある場合は、自宅で水洗いをすることができないので、この場合はクリーニングに出すようにしてください。

色落ちを確認する

衣類の色落ちにも注意してください。色落ちがする衣類の場合は、シミ抜きをすることでシミ抜きした部分だけ色が薄くなってしまい、見た目が変わってしまうこともあります。
衣類の目立たない場所に洗濯洗剤の原液を少しだけ直接つけます。5分くらい時間をおいてから、白い布やタオルなどで洗剤をつけた部分をおさえてみます。白い布に色が移っていなければ、色落ちの心配はありません。
色落ちがする場合は、やはり自宅でシミ抜きはしないようにしてクリーニングに出すようにしてください。

自分でシミ抜きが難しいときは無理せずプロにお任せもできます

自宅でシミ抜きが難しい素材の衣類は、無理にシミ抜きをしないようにして、プロのクリーニングに出すようにしてください。
特にシルクのような水が苦手な素材や、麻などの風合いのある素材などは、自宅で水洗いをしてしまうと傷めたり品質を変えてしまう場合があります。もう着ることができなくなってしまう可能性もありますので、クリーニングに出すようにしましょう。

自宅で水洗いができる衣類でも、シミ抜きに自信がない場合もまた無理はしないでクリーニングに出した方が無難です。

血液のシミ抜きは、やり方を失敗してしまうと余計に汚れを広げてしまうことがあります。血液のシミ抜きをする場合は必ずシミの外側から内側に向かって落とすようにしてください。中心が一番血液が濃く付着していますので、内側からシミ抜きをするとゆるんだ血液が水と一緒に広がってしまい、輪ジミを作ることがあります。

お気に入りの衣類や、素材がデリケートな衣類はクリーニング店にお任せした方が安心です。

自宅で水洗いしても問題がないような衣類の場合は、すぐに水で洗い流すことでシミにならずに落とすことができます。
シミになってしまった場合でも落とすことは可能です。
諦めないでここで紹介した方法を試してみてください。