白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。

いつものように靴を洗ったはずなのに…?白スニーカーを黄ばませないようにするにはどのような洗い方をしたらいいのでしょうか。洗うときのポイントは使う洗剤とすすぎ方となります。

白スニーカーを洗うときのコツ、汚れの落とし方や予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。そんな時に...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

洗濯マークで洗濯上手に!海外の衣類も新洗濯表示で洗濯が簡単に

衣類には洗濯表示のマークがついていて、このマークを確認して洗濯をすることで、衣類を傷めずに洗濯をする...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

ポリエステル素材の洗濯でできたしわの取り方と上手な洗い方

ポリエステルは耐久性もあり、乾きやすい素材で、私達の洋服にも多く使われる素材です。本来はしわになりに...

洗濯のすすぎ1回での柔軟剤!注意点と効果を発揮する使い方

洗濯に使用する洗濯用洗剤、すすぎ1回でOKと書かれているものがあります。しかしすすぎ一回では洗剤残り...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

スポンサーリンク

白スニーカーのこんな洗い方は黄ばみがでてしまう

服の色問わずコーディネートしやすい万能アイテムである「白スニーカー」。
そんな白スニーカーに汚れが付着すると目立ってしまうため、汚れを落とすために洗う方が多いと思いますが、白スニーカーを洗った後には「あるトラブル」が多発しています。

白スニーカーを洗うことで起こりがちなトラブル。
それは「黄ばみの発生」です。

綺麗にしようと思って洗ったはずの白スニーカーが、洗って乾かしたら黄ばんだ…!というトラブルが多く発生しているのです。

白スニーカーを洗うことで黄ばみが発生する原因は主に2つ考えられます。

黄ばみの原因「すすぎ不足」と「洗剤の性質」

白スニーカーを洗う時には、染み付いた汚れを効率的に落とすために重曹や靴専用洗剤等を使用していると思いますが、そうした洗剤に含まれているアルカリと性質は、太陽光等の紫外線に当たると「黄色く変色する」という特徴があるのです。

つまり、すすぎ不足によって洗剤の成分が靴に残ってしまうことによって、乾かしている過程で黄ばむという現象が発生しているのです。

白スニーカーの黄ばみがでない洗い方について

では、白スニーカーを洗っても黄ばみが発生しないようにするためには、どのような洗い方をすれば良いのでしょうか。

ポイントは2つ!

「アルカリ洗剤を避けること」と「洗剤残りを防ぐこと」

つまり、使う洗剤を酸性でもアルカリ性でもない中性洗剤に変えて、洗う際は十分過ぎる位にすすぎを行うことで、洗った後に黄ばみの発生を防ぐことができるのです。

ただ、黄ばみの発生を限りなく低くできる中性洗剤は、アルカリ洗剤と比較すると汚れは落ちにくくなるというデメリットがあります。

そのため、中性洗剤を使って白スニーカーの汚れを落とす際には、何度か繰り返しゴシゴシと洗う必要があることを覚えておいて下さいね。

黄ばみを防ぐ白スニーカーの洗い方

もう少し詳しく黄ばみを防ぐ白スニーカーの洗い方についてご紹介します。

用意するもの・靴を浸す容器(桶やバケツ等)
・水
・中性洗剤
・クエン酸(食用酢でも代用可)
・スニーカー用ブラシや歯ブラシ
・新聞紙
洗い方
  1. はじめに靴の汚れ(砂や石など)をブラシで擦って落とします
  2. 容器の中へ水を張って手順1の白スニーカーを10分程浸します。
  3. 中性洗剤とブラシで靴の汚れを落とします。
  4. 汚れが落ちたら洗剤が残らないように十分に濯ぎを行います。
黄ばみ防止
  1. 容器の中でクエン酸水を作ります。
  2. 分量は水200mlに対しクエン酸約5gです。
    食用酢で代用する場合は水200mlに対し食用酢40mlです。
  3. 用意した容器の中へ靴を浸けて3時間程時間をおきます。
  4. 再度水でよく濯ぎます。
乾燥靴の水を軽くきって中へ新聞紙を詰めます。
日陰の風がよく通る場所に新聞紙を敷き靴を乾燥させましょう。
日陰で乾燥させることは、黄ばみを防止するだけでなく、直射日光による素材の傷みや靴の劣化を防ぐ役割もあります。

白スニーカーの汚れを落とす洗い方

白スニーカーの黄ばみは防げたのに、黒いシミ汚れが残っている…。

「漂白剤(塩素タイプ)」がおすすめ

強い漂白成分が含まれている漂白剤は白スニーカーのシミ汚れにもってこいのアイテムなのです。
水に薄めた漂白洗浄水に、できる限り汚れを落とした後の靴を浸け置きしておくと、シミ汚れを分解してくれるでしょう。

ただ、その成分の強さから白以外の色が使われているスニーカーに使ってしまうと、落としてはいけない色まで落としてしまう可能性があります。

そのため、白以外にも他の色や柄が含まれている場合には、同じ漂白剤でも成分が弱い「酸素タイプの漂白剤」を使うようにして下さいね。

また、長すぎる浸け置きは靴の素材を傷め劣化のスピードを早める原因にもなりますので、長時間の浸け置きも併せて注意が必要です。

白スニーカーを洗ったあとは汚れ防止をお忘れなく

白スニーカーを無事に綺麗にすることができたら、最後にすべきことは、汚さないための「予防」です。
ここを怠れば靴はあっというまに汚れてしまいます。

一生懸命汚れを落とした時間や労力を無駄にしないためにも「撥水・防水スプレー」を使って予防を行いましょう。

撥水・防水スプレーで予防

噴射すると人間の目には見えない膜が出来ます。
その膜のおかけで水の浸水は防ぐことができており、また、この膜は水と共に汚れもはじく効果もあるのです。
ただ、その膜は前述した通り人間の目には見えないため、靴を見ただけでは汚れが染み込んでいるように見えてしまいますが、実際の所はタオル等で拭き取れば簡単に取り除くことができますので安心して下さいね。

撥水・防水スプレーの持続期間

凡その持続期間は約5日~1週間程度です。定期的なスプレーを心がける必要があるということです。
また、もしもこの間に悪天候で水に濡れるようにことがあれば、持続期間は更に短くなってしまいますので注意して下さいね。

撥水・防水スプレーは使えば「完全」に汚れの付着や浸水を防げるというわけではありません。
撥水・防水スプレーの効果を過信し過ぎると、再度汚れ落としで苦労することになりかねませんので、信頼は程々にしておくようにしましょう。

汚れはなるべく早い段階で落とすようにして下さいね。