手洗いを洗濯機でする方法で優しく洗って賢く活用するコツ

手洗いを洗濯機でする方法はとても簡単です。
ただし、手洗いができる洗濯表示がないと洗うことは難しいので、事前に確認はしておきましょう。

そこで、手洗いを洗濯機でする方法について、手洗い表示の洋服を洗濯機で簡単に洗う方法や洗濯機の手洗いコースを上手に使って丁寧に洗うコツ、洗濯機の手洗いコースの賢い活用や洗濯機の手洗いコースで洗うときの注意点、基本的な手洗いのやり方や注意点などお伝えしていきます。

これで、手洗い表示のデリケートな洋服も洗濯機で簡単に洗うことができますし、洗濯機の手洗いコースを上手に活用することができるでしょう。手洗いの仕方のコツがわかればより洗濯上手にもなれますね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤カビの落とし方。ピンク色になったタオルを元に戻す方法

洗濯したはずのタオルが、いつもよりもピンク色に見えるということはありませんか?洗濯の時を思い出して下...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

洗濯の臭いは重曹を使えばスッキリ取れる効果と正しい使い方

洗濯の臭いは重曹によって取ることができます。重曹ならコストも安く、刺激も少ないので小さいお子さんがい...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯物に洗剤が残る原因とは。衣類に洗剤を残さないためには

洗濯物に洗剤が残る。せっかく、キレイに洗濯したつもりなのに、衣類(特に黒いもの)に白いスジが...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

油汚れが衣類についた時の落とし方やコツを油の種類別でご紹介

今回ご紹介するのは、油汚れが衣類についた時の落とし方やコツです。油汚れといっても種類があり、...

洗濯の時の漂白剤の使い方は簡単。基本的な使い方と注意点とは

掃除や洗濯など一人暮らしもなれてきた頃、洗濯物の臭いが気になりませんか?洗ったはずなのに白い...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。そんな時に...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

スポンサーリンク

手洗い表示の洋服を洗濯機で簡単に洗う方法

手洗いマークがついている洋服は、ウールやシルクなどデリケートな素材を使った服が多いです。そのため普通に洗濯をしてしまうこと縮んだり、生地が傷んでしまったりしてしまうため着られなくなってしまうこともあります。そのため手洗いマークがあるものは表示通りに手洗いしましょう。手洗いマークがついている衣類は、洗濯機で洗えるものもあります。

デリケートな服を洗う場合、手洗いコースやドライコースを選択すると洗濯機で洗うことができます。

洗濯機で洗う方法

準備するものは、おしゃれ着用洗剤、洗濯ネット、柔軟剤です。

  1. 汚れている部分がないか確認します。
    気になる汚れやシミがある場合はおしゃれ着用洗剤をかけ、キャップで軽く叩き馴染ませておきます。汚れている部分が表面になるように畳み、洗濯ネットに入れます。
  2. 洗濯コースを選ぶ
    手洗いコースもしくはドライコースを選びます。デリケートな衣類を洗う専用のコースなので水流が弱く、洗う力や脱水時間が短く設定されているので、生地に負担がかかりません。
  3. 洗剤と柔軟剤を入れる
    洗剤投入口におしゃれ着用洗剤を表示された量を入れます。この時柔軟剤も柔軟剤投入口に入れます。柔軟剤を入れると静電気防止や衣類がふんわり仕上がります。
  4. 干す
    脱水が終わったらすぐに取り出し、風通しのいい場所に干します。

より手洗いのように優しく洗濯機を使う方法とは

デリケートな洋服も洗濯表示を確認すると、自宅で洗える物も多くあります。自宅で洗濯することが出来るとクリーニング代の節約にもなります。

デリケートな衣類を自宅で洗う場合は必ず洗濯表示を確認しましょう。
手洗いマークや洗濯機マークがついている衣類は洗うことができます。

洗濯機で洗うことができるおしゃれ着は洗濯機のコース選択をすることで、洗濯機にお任せするとしっかり洗い上げてくれます。洗剤はおしゃれ着用洗剤と使い、洗濯ネットを使用し、水温は30度以下で洗濯をします。

デリケートな衣類と手洗いをしたように仕上げる方法があります。

デリケートな衣類を長持ちさせるためには、脱水の時間を短くすると生地に負担がかからない為傷みを防ぐ事が出来るので、お気に入りの洋服を長く着ることが出来ます。脱水時間が短いので乾くまでは時間がかかってしまいます。週末など時間がある時に試してみましょう。

賢く洗濯機の手洗いコースで洗う方法を活用しましょう

デリケートな衣類を洗濯機で洗う場合、コース選びをしっかりしましょう。洗う方法を間違えてしまうと縮みや傷みの原因になります。

手洗いコースは、弱水流、短時間で脱水するので型崩れしやすいデリケートな衣類を洗う場合に選びます。洗濯表示に手洗いマークや洗濯機マークがついている場合はこのコースを選びましょう。

メーカーによってはドライコース、おうちクリーニング、ソフトコースなどの呼び方になっているコースもあります。
丁寧に洗いたい衣類を洗濯するコースになります。デリケートな服についた汗や飲み物などの水溶性の汚れを、水の力で泡状にした洗剤で生地を傷めず洗います。傷みや縮みやすいセーターやニットなどデリケート衣類を洗うのにおすすめのコースです。その他スカートやワンピースなどクリーニングに出すほどでもない衣類もドライコースで洗濯をしましょう。

洗濯機の手洗いコースで洗うときの注意点

デリケートな衣類をクリーニングに出すと、仕上がりまで時間がかかってしまいますし、料金もかかってしまいます。しかし自宅の洗濯機の手洗いコースで洗うと費用も安く済みます。自宅でデリケートな衣類を洗う場合いくつかの注意点があります。

  1. 洗濯表示の確認
    衣類についている洗濯表示は必ず確認しましょう。手洗いマークやドライマークが付いている場合は洗うことができます。
  2. 洗剤
    洗剤はおしゃれ着洗い専用の物を使用します。いつも使用している洗剤を使い洗濯をしてしまうと縮んでしまったり、傷みの原因になるので必ずおしゃれ着用の中性洗剤を使いましょう。
  3. 前処理
    シミや汚れは前もって処理しておきましょう。汚れている部分におしゃれ着用の中性洗剤をかけておきます。その後汚れは表側になるように畳み、洗濯ネットに入れます。
  4. 洗濯
    水の温度は30度以下にします。水温が高いと衣類が縮みやすくなります。おしゃれ着用洗剤を入れて手洗いコースを選び洗濯をし、脱水が終わったらすぐに干しましょう。

洗濯機が使えないときでも手洗いのやり方がわかっていれば安心

お気に入りのニットの洗濯をする場合、洗濯機が使えないこともあります。洗濯機が使えない場合は手洗いしましょう。手洗いの方法をわかっていると洗濯機が使えなくても安心です。洗濯機に比べると手間はかかりますがデリケートな衣類を自宅で洗うことができます。

準備するものは洗濯桶、おしゃれ着用洗剤、柔軟剤、水です。

  1. 洗剤と水を混ぜ洗濯桶や洗面台に洗剤液を作ります。
    洗濯する衣類を畳み洗剤液の中に沈め、優しく押し洗いします。何度か繰り返すと洗いの作業は終了です。
  2. 水を取り替えて洗濯物をすすぎます。
    服を軽く押し洗いします。何度か水を取り替えて洗剤の泡が出なくなったらすすぎの作業は終了です。
    その後柔軟剤を入れてすすぎをします。
  3. 軽く脱水をかけて洗濯物を干しましょう。