雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいませんか?

雑巾は他の洗濯物と違い、雑菌が繁殖している可能性があります。雑菌がついた雑巾をそのまま洗濯機で洗ってしまうと、他の場所にもついてしまうことは必然的です。

そこで雑巾はどの様にして洗うのが良いのか?洗濯機を使用したい場合について、また手洗いの方法についても紹介をいたします。すでに他の衣類や洗濯機に雑菌がついて、嫌な臭いを発生している場合の対処方法についても紹介をしていますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

手洗いを洗濯機でする方法で優しく洗って賢く活用するコツ

手洗いを洗濯機でする方法はとても簡単です。ただし、手洗いができる洗濯表示がないと洗うことは難しい...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

赤カビの落とし方。ピンク色になったタオルを元に戻す方法

洗濯したはずのタオルが、いつもよりもピンク色に見えるということはありませんか?洗濯の時を思い出して下...

スポンサーリンク

雑巾と洗濯物を洗濯機で一緒に洗わない方が良い理由

一人暮らしをし始めてから家事や料理を始めた方は多いと思います。
洗濯をするにしても洗濯ネットに入れるものや、素材によっては洗濯コースを変える必要も出てきます。

掃除をするときに使うことの多い雑巾ですが汚れてきた時に普段の洗濯物と一緒に洗ってはいませんか?

洗剤を使って洗濯機で洗うから問題ないと思ってしまいますが、実は雑巾は一緒に洗濯機で洗わないほうがいいのです。

雑巾は基本的に汚れのついた場所をきれいに拭く時に使ったり、なにかをこぼした時に拭き取る時に使いますよね。
ですので、雑巾には普段着ている洋服よりも雑菌がたくさんついていることが想定できます。

使った後にゆすいでいたとしても、ホコリや髪の毛、食べかすなどの取り切れないものや目に見えない雑菌がひそんでいます。

それらのことを考えた時にこの雑巾と普段の洗濯物を一緒に洗ってしまうとどうなると思いますか。

他の洗濯物に雑巾の汚れや雑菌がついてしまう

きれいにするために洗濯したものが雑巾と一緒に洗ってしまうことで逆に汚れてしまうことになってしまうのです。

洗濯槽に雑菌がついてニオイのもとになってしまう

まとめて洗ったほうが楽でも雑菌やニオイの事を考えると分けて洗うのがいいでしょう。

雑巾を他の洗濯物と一緒はNG!洗濯機を使用する場合の洗濯方法

雑巾と洗濯物を一緒に洗うのはおすすめできませんが、雑巾だけを洗濯機で洗うことはできます。

普通の洗濯方法にプラスして気を付けることや下準備があるのでしっかりと行いましょう。

洗濯機に入れるその前に

雑巾を洗濯機で洗うときには、使って汚い状態のまま洗濯機に入れないようにしてください。

必ず手洗いしてから洗濯機に入れます

この時にただ洗うだけでなく、絡まった髪の毛を取ったり固まったホコリを取り除くといいですね。

また、使った直後であればゴシゴシゆすげば拭き取ったシミも多少は落とすことができるので面倒に感じてもやっておくのをおすすめします。

漂白剤を使う

使った後や洗濯機に入れる前には漂白剤を使って洗っておくと、手洗いでは落としきれない汚れを落とすことができます。
そうすると、雑巾の臭いを気にならなくしてくれる効果もあります。

雑巾だけで洗濯機で洗う場合は多少すすぎ残しがあっても問題ありませんが、他の洗濯物と一緒に洗う時はきちんとすすがないと、漂白剤の種類によっては色落ちしてしまうことがあるのできをつけましょう。
基本的には、衛生面から、雑巾は単独で洗うことをおすすめします。

雑巾は洗濯機を使うのは嫌と言う方におすすめの洗い方

洗濯機に雑巾の汚れや雑菌がつくのは避けたい…という方もいるでしょう。
そういった人は、雑巾は手洗いできれいにしましょう。

雑巾の手洗い方法は簡単です。

バケツにぬるま湯を入れて、洗濯洗剤と漂白剤を入れてよく洗います。

漂白剤が入っているのでこの時必ずゴム手袋をするなどして洗うように気をつけましょう。

手洗いで雑巾をこすって汚れを落とすので、洗濯機で洗うよりも力は使いますが、汚れが落ちているかどうかも確認しながらできるので、おすすめです。

また、雑巾同士でゴシゴシこすって汚れを落とすのでもいいですが、たわしやブラシを使ってこするとより手軽に汚れが落とせるので活用してみるのもいいでしょう。

汚れがきちんと落ちたら、お湯を替えながら、何度も洗剤が落ちるまですすぎをしてください。
その後はよく絞って水気を切って、風通しの良いよく乾く場所に干しましょう。

乾くのに時間がかかってしまうと、生乾きの臭いになってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

すでに雑巾を他の衣類と一緒に洗濯機で洗ってしまった場合は

間違って雑巾と衣類をいっしょに洗ってしまったら洗濯機と衣類のそれぞれをきれいにする必要があります。
衣類をきれいにするまえにまずは汚れてしまった洗濯機の洗濯槽の掃除をする必要があります。

洗濯槽の掃除は洗濯槽クリーナーで除菌する

種類もいくつかあるので、ご家庭の洗濯機に合わせたり、手軽に作業することのできるものという点で選んでもいいでしょう。
この時に、洗濯機のごみ取りネットのゴミを取り除いてから掃除を始めましょう。

きちんときれいに掃除ができたらいよいよ次は一緒に洗ってしまった衣類の洗濯です。
普通に洗濯するだけでOKですが気になるようであれば、漂白剤を使うのもいいでしょう。

普段から雑巾を分けて洗濯機で洗っている人は、衣類を再度洗う前に洗濯槽の掃除をしなくても気にならないかもしれません。
しかし、基本的には雑巾だけを洗濯機で洗ったときでも使用後はその都度洗濯槽の掃除をするのをおすすめします。

雑巾を手洗いするのが面倒な方へおすすめの方法

「洗濯機で洗って雑菌がついてしまうのも嫌だけど、手洗いをするのも手間がかかって気がすすまない」

と思う人も多いでしょう。

そんな時は思い切って雑巾を使い捨ててしまいましょう。

例えば、サイズアウトしたり、たくさん着て古くなった洋服を適当なサイズに切って雑巾として使ったり、ボロボロになったバスタオルも切り分けて使えば、気にすることなく使い捨てできます。

または、洗うことができるペーパータオルも売られているのでそれを食器拭きや台拭きに使った後に捨てずにとっておき、雑巾として使って最後は捨てるというようにするのもいいでしょう。

履けなくなった靴下も手を入れて雑巾のように使うことができるので、数枚とっておくと活用できるのでおすすめですよ。