洗濯の臭い取りは洗剤の量や使い方によって解消できることを解説

洗濯の臭い取りには、洗剤の使い方や洗濯の仕方を見直してみてはいかがでしょうか。
洗濯したのに洗濯物の臭いが気になると、香りを重視した洗剤を選んでみたり、つい洗剤を多量に入れてみたりしがちです。
しかし、その行動こそが嫌な臭いの原因になっているのです。

ここでは、洗濯物の臭いを取り除く原因や方法について、洗剤量を注意するべき理由や正しい洗剤の使い方と洗濯物の臭いを防ぐためのポイント、洗濯物に残った嫌な臭いを取るための洗剤の選び方や不快な臭いを防ぐ干し方の工夫などお伝えしていきます。

これで、洗濯をした後の臭いのストレスからも開放されますし、スッキリ気持ちよくお洗濯をすることができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の臭いが気になる時はクエン酸を使った洗濯がおすすめ

洗濯物の臭いに悩んでいませんか?そんな時はクエン酸を使った洗濯がおすすめです。子供がおねしょをし...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

手洗いを洗濯機でする方法で優しく洗って賢く活用するコツ

手洗いを洗濯機でする方法はとても簡単です。ただし、手洗いができる洗濯表示がないと洗うことは難しい...

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

部屋干しの臭いは洗剤で防止できる?生乾き臭を防止する方法

一人暮らしをしていると、防犯上の理由や時間の都合から、部屋干しをする方が多く見られます。しか...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

布巾の正しい洗い方!簡単に洗う方法と干し方で清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾を洗うとき、どのような洗い方をしているでしょうか。キッチンで使った布巾には菌...

洗濯【一人暮らし】時間帯のベストと部屋干しのコツや短縮方法

洗濯をするのに一人暮らしだと時間が遅くなることもありますね。帰宅が遅くなって洗濯を回す時間が遅くなる...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯のシミ抜き!ボールペンインクの種類別の落とし方や応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、ボールペンのインクがうっかり服についてしまったときは、そのボールペンのイ...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せ...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

スポンサーリンク

洗濯物の臭い取り。臭いは洗剤の入れすぎが原因になる

洗濯をしっかりしているのに、洗濯物から嫌な臭いがすることありますよね。衣類の嫌な臭いは洗剤を多く入れすぎていることが原因のこともあります。

洗剤をたくさん入れると汚れ落ちが良くなるような気がしますが、洗剤を多く入れすぎると臭いの原因になります。それは雑菌が残ってしまうからです。

洗剤を多く入れすぎると、洗剤が水に溶けきれず衣類に残ってしまい、すすぎきれずに雑菌が衣類に残ってしまいます。そのため嫌な臭いがしてしまうのです。

生乾きの嫌な臭いを抑えるためには、洗濯量にあった洗剤や柔軟剤の量を使うようにします。しっかり汚れや臭いを落としたい場合はすすぎを2回、や注水にするなど洗濯物や洗濯機内に石鹸カスが残らない工夫をしましょう。

洗濯後の気になる臭い。臭い取りには正しい洗剤の使い方を

洗濯した衣類から嫌な臭いがすると、どうしても洗剤の量を増やして洗濯をしてしまう人が多くいます。しかし洗濯物の汚れや臭いをしっかり落とすには、適量の洗濯洗剤と、適量の水で洗濯することが大切です。臭い取りのために洗剤や柔軟剤を変えることがあります。しかし洗剤を変えても、洗濯物についてしまった嫌な臭いは簡単に取ることはできません。

ほとんどの家庭は全自動の洗濯機を使用していることが多いです。そのため洗濯物を入れスイッチを押すと自動で洗濯物の量を量り、必要な洗剤と柔軟剤の量を計算してくれます。必要な量以上に洗剤を入れてしまうと、洗剤が溶けず、汚れ落ちも悪くなりますので、正しい洗剤の量を入れましょう。

柔軟剤や漂白剤も同じです。洗濯物の臭いが気になるとたくさん入れがちですが、適量にしましょう。柔軟剤は入れすぎると成分が蓄積してしまい、黄ばみや臭い残りの原因になるので注意しましょう。

嫌な臭いがついてしまった衣類は処分するしか方法はないと思われがちですが、酸素系漂白剤を使い液の中につけ置きすると臭いをすっきり取ることができます。是非試して見て下さい。

洗剤を見直すことで洗濯物に残った臭い取りもできる

一人暮らしをしていると防犯上洗濯物を部屋干しする人も多いですよね。洗濯物を部屋干ししていると生乾きの嫌な臭いがすることありませんか?

洗濯物から嫌な臭いがする原因は雑菌です。洗濯しても汚れが落ちていない、汚れているのにすぐに洗濯せず長時間放置してしまうと菌が繁殖してしまいます。

臭いが気になったら使用している洗濯洗剤を見直してみましょう。皮脂汚れに強い洗剤は弱アルカリ性の粉末洗剤です。他にも皮脂汚れには酵素入洗剤が効果があるので洗剤を見直すことで、洗濯物の臭いが気にならなくなることもあります。

酵素は40℃のぬるま湯で溶かすと効果が出やすくなります。そのためぬるま湯で洗濯することをおすすすめします。

酸素系漂白剤を使い洗濯すると、生乾きの原因になる雑菌をしっかりと除菌することができるので、嫌な臭いの発生を防ぐことができます。漂白剤でつけ置きしてから洗うと臭いの対策にもなります。洗濯物の臭い取りには漂白剤を使うことをおすすめします。

洗った後の洗濯物の不快な臭いを防ぐ干し方の工夫とは

部屋干ししている洗濯物から嫌な臭いがする原因の1つに湿気があります。そのため洗濯後はすぐに取り出し干しましょう。

脱水時間をいつもより長めに設定して衣類の水分を取り除きます。脱水時間を長くすると衣類にシワがつきやすくなるので干す時はひと手間かけてほすようにします。手でパンパンとシワを伸ばしてから干す、軽く引っ張って形を整えて干します。

洗濯物を早く乾かすためには、風の通り道を作ることです。洗濯物の間隔をあけて干しましょう。厚手のジーンズなどは筒状の干すと乾きが早くなります。毛布やシーツなどの大きい物はM字に干すと空気が通りやすくなります。又扇風機や除湿機使うことで雑菌の繁殖を抑えることができます。

やり方の見直しや臭い対策をして気持ちよく洗濯しましょう

洗濯物から嫌な臭いがする原因は雑菌です。洗濯物から嫌な臭いを発生させないためには対策もしっかり行いましょう。洗濯物から雑菌が繁殖させないことがポイントになります。

まず洗濯物は脱いだらすぐに洗濯機の中に入れるのはなく、洗濯かごを用意しその中に入れるようにします。洗濯は定期的に行います。

洗濯洗剤や柔軟剤は適量を守りましょう。洗濯に使う洗剤は抗菌力の高い洗剤を使うと効果があります。洗濯後は放置せずすぐに干します。濡れた状態が長いと雑菌が繁殖してしまうのですぐに干しましょう。臭いの対策をしっかり行うことで衣類から嫌な臭いが発生することが少なくなります。

そして定期的に洗濯機もクリーニングすることをおすすめします。洗濯槽にはカビや雑菌が繁殖します。カビや雑菌が繁殖している洗濯機で衣類を洗うと、洗い方や干し方をしっかり行っても菌が繁殖しています。菌の繁殖を防ぐためには洗濯機の掃除を定期的に行うことです。そして洗濯機を使用後は洗濯機のフタをあけ洗濯槽内を乾燥させましょう。対策をしっかり行い衣類から出る不快な臭いを防ぎましょう。