白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?

きれいに洗濯をして片付けたはずなのに、なぜ黄ばみが発生してしまったのか、気になりますよね。

そこで白スニーカーに黄ばみが発生した理由、また酢を使った対処方法や、酢を使うときれいになるのはなぜかなど、気になる疑問についてご紹介をいたします。また汚れやすいスニーカーの汚れ防止方法についてもご紹介をいたしますので、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

洗濯物の臭いが気になる時はクエン酸を使った洗濯がおすすめ

洗濯物の臭いに悩んでいませんか?そんな時はクエン酸を使った洗濯がおすすめです。子供がおねしょをし...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

洗濯物は雨で洗い直しが必要!濡れたときの最適な対処法を紹介

外干ししていた洗濯物が突然の雨で濡れてしまったときはありませんか?せっかく洗った洗濯物だけど洗い...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

洗濯物に洗剤が残る原因とは。衣類に洗剤を残さないためには

洗濯物に洗剤が残る。せっかく、キレイに洗濯したつもりなのに、衣類(特に黒いもの)に白いスジが...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

赤カビの落とし方。ピンク色になったタオルを元に戻す方法

洗濯したはずのタオルが、いつもよりもピンク色に見えるということはありませんか?洗濯の時を思い出して下...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯の臭いは重曹を使えばスッキリ取れる効果と正しい使い方

洗濯の臭いは重曹によって取ることができます。重曹ならコストも安く、刺激も少ないので小さいお子さんがい...

洗濯によってシミを洗剤で頑固な汚れもスッキリ落とすコツ

洗濯をするときにシミを洗剤で落としてから洗うと気になるシミもキレイに落とすことができます。ただ、シミ...

スポンサーリンク

白スニーカーの黄ばみが酢できれいになる理由

白いスニーカーは他の黒などのスニーカーとは違い汚れが目立ちやすいです。
履いているうちに汚れがついてくると皆さん自宅で洗っているという方が多いのではないでしょうか。
ですが、洗剤を使ってきれいに洗い上げてもしばらく経つと、あんなに白かったスニーカーが黄ばんでいるとうことがあります。

白スニーカーの黄ばみの原因はすすぎ残した洗剤と紫外線による反応にあります。

スニーカーを洗う時、洗濯洗剤を使っていませんか?

洗剤をきちんとすすいで洗い流すことができればいいのですが、意外と難しいものです。
また、洗濯洗剤は一般的にはアルカリ性のものが多いのです。
このアルカリ性の洗剤ということも黄ばみの原因です。
そしてそれを中和させることで黄ばみを無くすことができます。

アルカリ性のものを中和させるのに必要なものは酸です。
そのことから、酸性である「酢」が黄ばみをとるのに有効であるといえるのです。

白スニーカーの黄ばみを酢できれいにする方法

実際に白スニーカーについた黄ばみを酢を使ってキレイにとる方法をみていきましょう。
用意するものはそれほど多くありません。

【用意するもの】

  • 靴が両足入るサイズのバケツ
  • ブラシ
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 洗濯洗剤や中性洗剤どちらでも

【作業方法】

  1. スニーカーについているゴミやホコリを取り除きます。
  2. 靴紐がある場合は取り外します。
  3. バケツの中に少し水を入れ、その中で洗剤を使って洗います。
    ブラシや歯ブラシを使って靴全体を洗います。
  4. 汚れが取れたら水を替えながら何度もしっかりとすすぎましょう。
  5. きちんとすすげたら、バケツに酢を1カップをいれ、水かぬるま湯を3L程度入れてよくかき混ぜて馴染ませます。
  6. ここにスニーカーと外した靴紐を入れてつけ置きします。
    時間は数時間から半日ほど付けておくといいでしょう。
    黄ばみの様子を確認しながらつけてみてください。
  7. つけ置き後、さらに水を替えながらしっかりとすすぎます。
  8. 乾かして靴紐を付けて終了です。
乾かす時は、日の当たるところは避けましょう。
日陰で風通しの良いところがおすすめです。
風通しが良くないときちんと乾かずに臭いの原因となってしまう可能性があります。

白スニーカーのゴム部分の黄ばみにも酢が有効?家にあるものできれいにする方法

白スニーカーに限らずスニーカーの黄ばみはつま先やソールの部分も白いゴム製であることが多いのでここも黄ばみが目立つ部分の一つです。

このゴム部分の黄ばみを取りたいときには、酢ではなく他に家に常備しているものを使ってキレイにしてみましょう。

白スニーカーのボム部分の黄ばみ対策

  1. 黄ばみの程度がそんなに強くない場合には消しゴムや歯磨き粉を使ってみましょう。
    消しゴムは、黄ばんでいるゴム部分をこするだけでOKです。
  2. これで黄ばみが取れなければ歯磨き粉を付けてこすりましょう。
    この時小さめのブラシを使ったり使い古しの歯ブラシを使うとこすりやすいですよ。
    歯磨き粉を使った後はきちんとゴム部分についた歯磨き粉をとるようにしてください。
  3. 消しゴムや歯磨き粉で黄ばみが取れないときには、メラミンスポンジを使ってみましょう。メラミンスポンジに水を含ませてこするのですが、汚れを落とすというよりも黄ばんでいるゴム部分を削っている状態に近くなります。

見た目は白くなってキレイに感じても実際は傷を付けている状態なので、その点では注意が必要です。

白スニーカーは汚れやすい!汚れを防止する方法が重要

白スニーカーに限らず、スニーカーを履いて出かけると段々と汚れていきますよね。
しかし、白スニーカーは白いので汚れが目立ちやすいので、どうしても汚れやすいと感じてしまいます。

洗って乾かすのも時間がかかりますし、できるなら汚れてほしくないと思うでしょう。
ですので、白スニーカーを購入したら、履く前にしっかりと予防をして、汚れがつきにくい状態にしておきましょう。

白スニーカーに汚れがつきにくい状態にするためには防水スプレーを活用しましょう。

全く汚れがつかないわけではありませんが、これをしておくとゴミや汚れもつきにくく、なおかつ雨の日でも防水機能を発揮してくれるので一石二鳥ですね。
防水スプレーは汚れの予防に役立ちますが、こういった方法とともにその日の予定に合わせた靴を履くことが大切です。
例えば、キャンプに行く予定なのに白スニーカーで行くことは適しているとは言えません。
汚れる可能性の高い場所に行く時などは、白スニーカーを履かないようにするのも汚れの防止ななるといえるでしょう。
お気に入りの白スニーカーはショッピングモールなどにお買い物に行く時に履くようにするなどするといいかもしれませんね。

靴を長持ちさせる履き方

靴をきれいにすることも大切ですが、長持ちさせるための履き方も大切です。
基本的には毎日おなじ靴は履かないようにしましょう。
同じ靴ばかり履いていると、当然傷むのも早くなりますし、休ませる時間もないので靴にとっては大きいダメージとなります。
また、履き続ける回数も少なく、休んでいる間に靴にしみ込んだ汗も乾燥もしっかりすることができるので靴のニオイがひどくなることも少ないでしょう。

履く時に無意識にかかとを踏んでしまったり、手を使わずにつま先を床にあてて履いている人もよく見かけます。
そのような履き方も靴がだめになる原因になるのできちんと手をつかって履いたり、時には靴べらを使ってもいいでしょう。
コンパクトな靴べらもあるので、それを持ち歩いていると出かけたさきでも困ることはなくなります。

汗の水分と同様に雨の水分もそのままにしておくと靴にはよくありません。
こちらもきちんとお手入れしましょう。

靴を履いたらその日のうちにブラッシングをするなどしてホコリなどのゴミを取り除くことも大切です。
靴用の乾燥剤もあるのでそういった物を活用すると手軽に湿気をとることができるのでおすすめです。