油汚れが洋服に付いた時の落とし方についてご紹介

普通に生活をいるとふとした瞬間に、食べ物や口紅などの化粧品、それから機械油などの油汚れが洋服に付いてしまうことってありますよね。
お金が有り余っている人なら、「汚れちゃったからこの服捨てよう」なんて贅沢な事も出来ますが、ほとんどの人はそんな方法は取れません。
洋服に油汚れが付いてしまった時は慌てずに、汚れを落としましょう。
そんな油汚れの効率的な落とし方についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯の臭いをとるための工夫とポイントでスッキリ快適に

洗濯物の臭いをとるためにポイントを抑えた洗濯の仕方によって解消することができます。もしかしたら、知ら...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

赤カビの落とし方。ピンク色になったタオルを元に戻す方法

洗濯したはずのタオルが、いつもよりもピンク色に見えるということはありませんか?洗濯の時を思い出して下...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯でミス!漂白剤で色落ちした衣類の色を復元させるには

洗濯って、たまにやらかしてしまいますよね?汚れの漂白ではなく、衣類を色落ちさせてしまったり。...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

上靴の黒ずみ汚れの落とし方!汚れも臭いも綺麗にスッキリ退治

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴の黒ずみ汚れ。どのような方法で洗えば綺麗になるのか、落とし方につ...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

黒カビ【衣類】落とし方!重曹を使う方法とカビから守る予防対策

黒カビを衣類に発見したときは速やかに落とすのが鉄則です。衣類についた黒カビの落とし方は重曹を使え...

スポンサーリンク

洋服に油汚れが付いてしまった時の応急処置方法

洋服に油汚れが着くと、洗濯をする家族にも怒られますよね。スパゲティとか、ソースが洋服にはねるものを食べると、注意していたはずなのに、やっぱり洋服にソースなどの油汚れがついてしまいます。

でも、ついてしまったものは仕方がない。とりあえず、応急処置として、水とティッシュペーパーで、油汚れを薄くして下さい。

特に白い服を着ていたら、ラーメンなど、脂っぽいをものを食べた後の油汚れ、目立ってしまいます。でも、どんなに注意していても、付く時は付きます。

すぐ脱いで洗うことができれば、もっと早く染み抜きをすることができるとは思います。それができない場合は、水とティッシュペーパーで対応するしかありません。

できるだけ、油汚れをとることです。少し叩いたり、押したりして、できるだけシミにならない様に心がけましょう。

応急処置があるのとなしでは、だいぶ違いが生じると思います。また、水も付けすぎてはいけません。ティッシュペーパーで乾燥もさせて下さいね。

洋服に食べ物の油汚れが付いてしまった時の落とし方

知っていました?あなたの大切なお洋服に食べ物がついてしまった時ですが、クレンジングオイルがあると、洋服についている油汚れを落としやすくなります。

元々、クレンジンオイルは化粧品を落とすのに使われます。化粧品も元は油ですよね?だから、元が油で、洋服に油汚れになってしまった時は、クレンジングオイルを使用すると、上手に油のシミが取れるんです。

やり方もそれほど難しくありません。

  1. お洋服で、油でシミになった部分に、クレンジングオイルを塗ります。
  2. そして、その部分を綿棒などで叩きます。その際、油のシミが下に落ちます。それをいらないタオルで受けると汚くならなくて便利だと思います。
  3. そして、洗面所やお風呂でぬるま湯ですすぎます。そして、洗濯をします。

一般的に言う、「染み抜き」をクレンジングオイルでするイメージでしょうか。きっとあなたもお化粧などでクレンジングオイルを使うと思います。同じものを使用して、お洋服についた油汚れを落としましょう。

洋服に化粧品の油汚れが付いてしまった時の落とし方

お洋服につくのも、ラーメンや中華系の食べ物を食べた時につく油汚れだけではありません。久ぶりにお化粧をして、慣れていないこともあり、化粧がお洋服について、シミになることだってあります。

それも、「洋服についた油汚れ」になりますよね?そんなお洋服についた油汚れは、上記で紹介している通り、クレンジングオイルで落とすか、より効果的なアイテムとして、消毒用アルコールもあります。

やり方は上記でクレンジングオイルを使用する時と全く一緒です。

油汚れがあるお洋服を、裏返しにして、油汚れがある部分に消毒用アルコールを染み込ませます。

その際、綿棒など、小さなシミにも対応できるよう、小道具を使いましょう。

あくまでも、シミがある部分にのみ、消毒用アルコールをつけます。

シミがなくなったら、水で洗いで、染み抜きは完了になります。

いつも使用している染み抜きの洗剤がない時なんかは便利だと思います。よく服を着てて、化粧の油汚れがつきやすい方は、消毒用アルコールを購入するといざという時に便利だと思います。

洋服に機械油の油汚れが付いてしまった時の落とし方

ご家族の方でも、工場で働いている方、主婦など、日頃から料理をしている方がいると、作業服などに、機械油も付きやすくなりますよね。

機械油も油汚れの一つ

なので、染み抜きの作業が洗濯の際、必要になります。主婦の方、工場で働いている方には、上記でも少し触れていますが、その様な汚れには、クレンジングオイルやもしくは、台所にいつもある、食器用洗剤でシミを落とすことをお薦めします。

ですが、正直、油汚れに最もお薦めなのは、クレンジングオイルではなく、食器用洗剤になると思います。クレンジングオイルは2番めにお薦めになるお掃除アイテムになります。でも、手軽に購入できる点から、また、日々の生活を考えると、一番のお薦めはクレンジングオイルになります。

また、工場でつく油汚れは、油が原因ですよね?その特性を考えると、キッチンでも同じ油汚れは出ます。その頑固な油汚れに対応しているのは、食器用洗剤です。

ですので、実は、工場などの作業服についた汚れに食器用洗剤で落とせます。上記でやり方は紹介しています。食器用洗剤も染み抜きで活躍してくれますよ。

洋服に付いたガンコな油汚れの落とし方

注意していても、いつの間にか、油汚れがついてしまっていることもあります。いつの間にこんなところに油汚れが。家族の方に指摘されたりもしますよね。

例えば頑固な汚れの一つであるワインやお醤油でしたら、こんなやり方で、染み抜きができますよ。

用意するのは、お茶などを飲む時のコップ、漂白剤、小さなお皿、と綿棒

  1. まず、小皿に漂白剤を少しいれ、コップに熱湯を入れます。
  2. そのコップの上に、お洋服でもシミが着いた部分をのせます。
  3. そして、綿棒に漂白剤をつけて、そのシミの部分の染み抜きをします。
  4. その際、シミのふちの部分から染み抜きをして下さい。
  5. そして、20秒ほどそのままにして、お洋服を洗います。

上記ではコップを利用していますが、洗面器でも大丈夫だと思います。シミの範囲が広ければ、反って洗面器の方が適切だと思います。是非、挑戦して下さいね。

洋服についた油汚れの落とし方について説明しました。

クレンジングオイルや消毒用アルコール、漂白剤が適切な洗剤になります。応急処置はやはり、水とティッシュペーパーである程度の汚れをとることだと思います。