手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せっかくのお気に入りのセーターだからこそ、優しく自分で手洗いをしたのに失敗してしまってはショックですよね。

そこで、手洗いで洗濯する方法について、手洗いを始める前の注意点や事前の処理、セーターに向いている手洗いの洗濯方法や手洗い洗濯した後の重要なポイントと干し方などお伝えしていきます。

これで、手洗い洗濯をするときでも失敗せずに始めることができるでしょう。セーターを手洗いする前にはぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

手洗い洗濯のやり方のコツを掴めば繊細な洋服でも自分で洗える

手洗いで洗濯するやり方は、洋服の素材や種類によっても違います。シワになりやすい繊細な洋服も正しい手洗...

洗濯で漂白したらピンクになった理由や変色を取る方法と予防策

洗濯物が漂白剤を入れたのにピンク色になってしまった経験はありませんか?実はその漂白剤にあるものが反応...

洗濯物の臭いの取り方!嫌な臭いは熱湯で簡単に取り除ける

洗濯をしたのに洗濯物から臭いがする。そんな時ありますよね。その臭いの原因は生乾き臭!そして生乾き臭の...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

洗濯のすすぎ1回での柔軟剤!注意点と効果を発揮する使い方

洗濯に使用する洗濯用洗剤、すすぎ1回でOKと書かれているものがあります。しかしすすぎ一回では洗剤残り...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

スポンサーリンク

手洗い方法を決める前に洗濯表示の確認が大切

自宅で手洗いができるかどうかは衣類のタグについている洗濯表示を見て確認します。
洗濯表示は平成28年12月に変更されましたが、新しい表示も古い表示も手洗いについては同じ桶のマークになります。

桶に手があるものが手洗いのマーク

古い洗濯表示では桶の上に手洗イという文字があります。
桶のマークにバツ印がついている場合は自宅で洗うことができないので、この場合はクリーニングに出してください。

ウール素材のセーターでも中には洗濯機で洗えるものもあります。洗濯表示で手がないただの桶のマークや洗濯機のマークの場合は洗濯機で洗うこともできますが、お気に入りのセーターや洗濯機で洗うことに不安を感じるような場合も、できるだけ手洗いをすることをオススメします。

洗濯はどんなにやさしく洗ってもそれなりに生地に負担を与えてしまう

洗濯をすればするほど衣類にダメージを与えてしまうので、衣類の寿命は短くなってしまいます。
特にウール素材は洗濯を失敗してしまうと縮んだり色落ちを起こしてしまいますので注意が必要です。

洗濯表示だけでなく、素材やデザインなどにも注意して洗い方を選ぶようにしましょう。

手洗いで洗濯する前に気になる汚れをとる方法

手洗いをする前に、事前に気になる汚れに対処しておくことがキレイに洗い上げるポイントです。
セーターを洗うときは揉んだり擦ったりしてしまうと毛玉や型崩れの原因になってしまいます。手洗いするときに汚れやシミをゴシゴシと落とすわけにはいかないので、気になる部分は先に処理をしておきます。

洗濯時の色落ちを確認する

セーターの目立たない部分に手洗いで使用する洗剤の原液を少しだけつけます。そのまま数分おいてから、白い布で洗剤をつけたところをおさえてみてください。白い布に色が移っていなければ色落ちはしないので水洗いをしても問題ありません。

色が移っている場合は水洗いすることで色落ちをしてしまいますので、クリーニングに出すようにした方が無難です。自宅で手洗いをするのなら、他の衣類に色が移ってしまわないように一緒に洗わないようにします。

洗濯前に気になる汚れやシミを確認

セーターは袖口や襟元が特に汚れやすい部分です。直接肌にあたる部分なので皮脂や汗の汚れが特に気になります。

汚れが気になる部分には使用する洗剤の原液を直接つけて、指で洗剤をなじませておきます。又は、スポンジを濡らしてから固形石けんをつけ、汚れの上からトントンと軽く叩いて、汚れに石けんをなじませておきます。

生地を傷めないためにも、決して擦ったりしないで軽い力で行ってください。

セーターに向いている手洗いの洗濯方法は押し洗い

セーター手洗いするときは、やさしく押し洗いをします。セーターは衣類が擦れることで毛玉ができてしまいますので、揉んだり擦ったりしないように気をつけてください。

押し洗いの方法

  1. まず洗濯液を作ります。セーター全体がつかるくらいの大きさの洗濯桶や洗面器に30度以下のぬるま湯をためたら、洗剤をしっかりと溶かします。
  2. セーターを汚れが気になる面を表になるようにして軽くたたんでから、洗濯液の中につけます。
  3. 手のひらでセーターをやさしく押し、セーターが沈んだら手を離します。セーターが浮いてきたところで、またゆっくりとやさしく押します。これを20~30回繰り返します。
  4. きれいなぬるま湯にかえて、すすぎます。すすぎの時も洗い方と同じように、セーターの上からやさしく押したり離したりします。ぬるま湯を3回位かえながら、洗剤が落ちるようにすすいでください。

脱水は手洗い洗濯した後の重要なポイント

手洗いした後のセーターは水を含んで重くなっています。水気を切ろうとセーターを絞りたくなりますが、セーターにシワができたり型崩れの原因になりますので、強い力で絞ったりはしないでください。

手洗いした後は、洗濯機で軽く脱水をする

脱水する前にセーターを軽くたたんでから洗濯ネットに入れることをオススメします。
洗濯機で脱水するときは、15~30秒にします。長くても1分以内にしておいてください。脱水時間を長くしてしまうとシワができたり型崩れを起こしてしまいます。

薄めのセーターならタオルドライをする方法が良い

大きめのタオルやバスタオルですすぎを終えたセーターをはさみ、やさしく押してセーターの水気をタオルで吸い取ります。
型崩れが心配な場合や装飾があるデザイのセーターも、洗濯機で脱水するよりもタオルドライをオススメします。

手洗い後にセーターを形崩れさせない干し方とは

洗った後のセーターは水を含んで重くなっています。ハンガーに掛けて干してしまうと、水の重みでセーターが縦に伸びてしまい、襟元も伸びたりヨレヨレになってしまいます。また、セーターの肩の部分にハンガーの後がポコッとついてしまうこともあります。

洗濯後のセーターを干すときは平干しが基本

平干し用のネットがあると便利です。ネットの上にセーターを寝かせた状態に置いて干します。
平干し用のネットが無い場合は、バスタオルなどの上にセーターを広げて置いて干してください。

干す場所は風通しの良い日陰を選んでください。日光があたるような場所だと変色したり色あせをおこしてしまいます。必ず日陰で平干しをするようにしましょう。

洗濯が難しいセーターも自宅で手洗いができると、汚れが気になったときにすぐにキレイにできて助かりますよね。
セーターを手洗いするときはやさしく押し洗いをし、日陰で平干しが基本です。手洗いのポイントをおさえて上手に洗うことで、お気に入りのセーターを長く着られることができます。