油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。
そんな時には、効果的に落とせる落とし方について学んでおけば、万が一服に油汚れがついてしまっても、冷静に対処できます。
しかも油汚れの落とし方にはいくつか方法がありますので、ご自身に合った有効な汚れ落としの方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

洗濯機へ洗剤を正しく入れてますか?洗剤の入れ方について

洗濯機はボタン一つで汚れた衣類やタオルを洗濯してくれる白物家電ですが、実際に使うとなると、ちょっとし...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

洗濯マークで洗濯上手に!海外の衣類も新洗濯表示で洗濯が簡単に

衣類には洗濯表示のマークがついていて、このマークを確認して洗濯をすることで、衣類を傷めずに洗濯をする...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

洗濯はすすぎ1回で水道代の節約!さらにお得な使い方の見直しを

洗濯はすすぎ1回にすると水道代は1回分減らすことができます。最近ではすすぎ1回でも可能な洗剤が増えて...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

スポンサーリンク

油汚れが服についてしまった時には、こんな応急処置をしよう

食事は1日3回、毎日頂きます。
すると、たまにはおかずをうっかりこぼしてしまうこともありますよね。床に落ちるだけなら良いですが、服にベッタリとついてしまう時もあります。

大人であれば「たまに」ですが、小さなお子様がいるご家庭では頻繁にある出来事かもしれませんね。

洋服に食べ物がついたとき、普通に洗濯しただけは落ちない汚れがあります。
油汚れです。

炒め物やドレッシングの油もそうですが、チョコレートも油汚れです。
そのまま洗濯しても残ってしまいます。

自宅で汚したときはすぐに対処出来ますが、外食などの場合にはそうはいきません。
ですが、応急処置をすることで家に帰ってから綺麗に落とすことが出来ますよ。

油汚れはトイレなどに設置されているハンドソープや石鹸で応急処置

  1. ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどでできるだけ汚れを拭き取った後に、ハンドソープや石鹸などを水で溶いて汚れとなじませます。
  2. 衣類の汚れた部分を上下からティッシュペーパーなどでギュッと挟みこみ、汚れを移します。
  3. 仕上げに汚れた部分に水分を少し垂らして、ティッシュペーパーなどで拭き取る作業を数回繰り返します。
  4. ハンドソープが抜ければ応急処置完了です。

油汚れがついたら、洗濯前に台所用洗剤を使う落とし方があります

油汚れはいきなり洗濯しても落ちません。
自宅で油汚れをつけてしまったなら、うってつけの洗剤があります。

油汚れには台所用洗剤が効果的

フライパンなどの油汚れもスキッと落としてくれる台所用洗剤ですから、衣服についた油汚れにも効果を発揮してくれますよ。

いろいろな方法がありますが、私の一番おすすめは直接塗り込む方法です。
汚れに台所用洗剤を少し垂らして、汚れ全体を湿らせます。後は油汚れを落としやすいぬるま湯を使って、揉み洗いするだけです。

しかし、デリケートな生地の場合、揉み洗いすると傷みの原因となってしまいます。

そこで、揉む代わりに歯ブラシなどを使いましょう。衣類の下にタオルなどをおいて、ぬるま湯で溶いた台所用洗剤を汚れにつけて軽くトントンと叩いて汚れを下のタオルへ移します。
ゴシゴシと擦ってしまうと揉み洗いと変わらなくなってしまうので、軽いタッチで叩くように行ってくださいね。

デリケートな生地の衣類の場合は、汚れた衣類の下にタオルを入れて、少量のぬるま湯に
油汚れが落ちた後は、普段どおりに洗濯しましょう。

油汚れの落とし方には、洗濯前に重曹を使う方法もあります

油汚れを洗濯する時には、重曹も効果的です。
いろいろな掃除につかえて便利なので、常備しているご家庭も多いことでしょう。

重曹はアルカリ性、油汚れを中和するのは得意

ミートソースなど、油分を含んでいる上にしみになりやすい汚れにおすすめの落とし方ですよ。

まずは先程ご紹介したように台所用洗剤を使って軽くもみ洗いします。
これだけでは汚れが落ちないなら、重曹の出番です。

  1. 重曹に水を少し加えて緩めのペーストを作ります。
  2. 汚れた部分に歯ブラシなどを使って重曹ペースト塗り込みましょう。
  3. さらにその上から台所用洗剤を少し垂らて、揉み込みます。
  4. 汚れと重曹、台所用洗剤がしっかりとなじませてから、桶にお湯を張って汚れた衣類をつけ置きします。
  5. 30分程度したらゆすいで汚れを落としましょう。
  6. 汚れが落ちたら洗濯機を使って普段通りに洗濯します。

頑固な油汚れを洗濯するには、クレンジングオイルが有効です

台所洗剤や重曹では落ちない頑固な油汚れに試して欲しいのが、クレンジングオイルです。
化粧をする方であれば、必ずお持ちですよね。

顔に残っている油分たっぷりの化粧品を落としてくれるのがクレンジングオイルですから、衣類についた油汚れもスッキリ落としてくれます。

  1. 衣類の下にタオルをいれて、油汚れに直接クレンジングオイルを塗っていきます。
  2. そして歯ブラシでトントン軽く叩いて、汚れをタオルへ移していきます。
  3. 擦った方が汚れが取れそうに感じると思いますが、こすると汚れが広がってしまいます。
  4. 歯ブラシを使って、真下へ汚れを移動させましょう。
  5. 最後はぬるま湯で揉み洗いして、汚れとクレンジングオイルを流します。

これ以上手強い油汚れは、専門の方にお願いするのがおすすめです。

作業服についた油汚れを効果的に落とす落とし方

衣類の油汚れには、食品だけではなく機械油の汚れもありますよね。
特に作業着を着て仕事する職種であれば、機械油の汚れとは上手に付き合わなくてはいけません。

機械油の汚れは、食用油や化粧品よりもずっと頑固な汚れ

広範囲に渡ってベッタリとついてしまうことも多いですよね。

これまでご紹介したような台所用洗剤や重曹、クランジングオイルでは太刀打ちできないことでしょう。

しかし、機械油がどんなに頑固だとしても、油である以上温まるとゆるくなるものです。
油が緩めば衣類から落としやすくなりますよね。

作業着におすすめなのは煮洗い

オシャレ着ではできない方法ですが、熱に強い繊維をつかっている作業着だからこそできる技。

  1. 作業着が入る大きな鍋に水と作業着と台所用洗剤、そして重曹を入れて火にかけましょう。そして煮てしまうのです。
  2. 吹きこぼれに注意して作業着を沈めながら20~30分ほど煮てください。
  3. そのまま冷めるまで放置して、洗える温度になったらブラシを使って汚れを擦り落とし、洗濯機を使って仕上げ洗いをします。

煮洗いは汚れが落ちるだけでなく、臭いも落としてくれるので作業着にはとてもおすすめの方法ですよ。