上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗になります。

ここでは、上靴の汚れをつけおき洗いで洗う洗い方についてお伝えします。頑固な汚れでも、つけおき洗いの洗い方を知っておけば綺麗に洗うことができますよ。

また、汚れの原因と、時間がないときに洗濯機を使用して上靴を洗う手順についてもご紹介します。こちらも参考にして、上靴を清潔な状態に保ちましょう。

綺麗になった上靴は、汚れがつきにくいように汚れ予防をすることで、次回の洗濯が簡単になります。汚れ予防も行って、家事を時短しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

洗濯に漂白剤を使った臭いの落とし方と嫌な臭いをつけない対策

洗濯のときに漂白剤を使って臭いを落とすことができますが、ただ漂白剤を入れただけではこびりついた臭いの...

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

スポンサーリンク

上靴の洗い方・頑固な汚れはつけおき洗い

上靴の汚れはなかなか落ちなくて、なんとか落としたいけれどどうすればいいかわからないという方、浸け置きさえすれば汚れはかなり落ちやすくなりますよ。
では、どんな風にすれば落ちやすくなるのか説明いたします。

上靴の表面の汚れはブラシで落とす

靴の表面や中、靴の裏もきれいに落としましょう。
上靴についている汚れも一緒に水に付けると結局水に汚れがついれしまい、落としにくくなります。

全部汚れを落としたら一度水で汚れを流しましょう。

上靴が水で湿ったらまずは洗剤で洗う

ですが、落ちないからと言ってゴシゴシ擦らずやさしく洗います。

落ちない場合はつけおきするので、無理に擦らないようにしましょう。

丁寧に表面、中、裏など洗い終わったら泡が出なくなるまですすぎます。最初から泡切れが気になる方は、洗濯機での洗浄、脱水でも良いと思います。

すすぎ終わったら、しっかりと水けを切りましょう。タオルでも、新聞紙でも良いですが新聞紙はインクが付いたりするのでまずタオルで水けを切りましょう。

そのあとに新聞紙を詰めるのも良いでしょう。

洗い終わった靴を干すときは、つま先を上にして斜めに風が通るようし、日の当たる所に干しましょう。

上靴をつけおきする時の洗い方・使用する洗剤選び

つけ置き洗いと擦り洗い、洗い方には二種類ありますが、両方の洗剤が同じものというわけではなく、それぞれに適した洗剤があります。

上靴をきれいにする洗剤

専用洗剤または衣類用洗剤

つけおき洗いに適しているのは、専用の洗剤ですが、上靴のためにわざわざ買うのは、という方は衣類用洗剤でも良いですよ。
また、酸素系漂白剤も良いでしょう。

漂白剤

漂白剤は酸素系漂白剤と酸素系漂白剤があります。塩素系漂白剤は成分がきついので注意しましょう。上靴のゴムの部分に影響がでるかもしれません。

重曹

重曹もつけ置きに適しています。
重曹はアルカリ性ですので油や皮脂などの汚れに有効ですのでぴったりですね。更に、匂いも取ってくれますよ。

靴用クレンザー

こすり洗いに適している洗剤は靴用クレンザーなど粒子が荒いものです。
粒子が生地に入り込んで汚れを落とすので、擦り洗いや叩き洗いなどで落とすことができます。

歯磨き粉

また、専用の洗剤を買うのはと思っている方は歯磨き粉でも落とすことができますよ。歯磨き粉ならなんでも良いので、アメニティでもらって余っている歯磨き粉などを使って落としてみるといいかもしれません。

固形洗剤

汚れに固形洗剤を擦りつけ、その部分を歯ブラシで擦れば汚れを落とすことができます。

つけおきするのが大変!上靴を洗濯機で洗う洗い方

擦り洗いだと、手が痛くなったり、腰が痛くなったり、つけ置きは時間がかかるし場所もとるし、面倒。と思っている方には洗濯機で洗う方法もありますよ。
洗濯機なら自分の手で洗うよりは楽、ということで、洗濯機での洗い方をご紹介します。

洗濯機で洗える上靴と洗えない上靴があるので注意

基本的にメッシュや布で出来ている靴は洗っても大丈夫

洗濯機で洗えない靴は革や合皮、スエードなどの靴です。水に浸したり、洗ったりすると傷がつくので洗わない方がよいでしょう。

そのまま洗濯機に入れると汚れが十分に落ちない時があります、そうなる前に事前に注意することがあります。

落ちにくい汚れがあるとき

事前にブラシで擦って汚れを落としておきましょう。次に洗濯機に直接靴を入れて洗うと靴が壊れてしまうことがあります。なので、靴は洗濯ネットに入れましょう。

汚れを落とすなら粉末洗剤がお勧めです。粉末は洗浄効果が高いのでよく落ちます。

  1. 洗うときは靴ひもは取りましょう。
  2. バケツに洗剤とお湯をいれ一時間くらいつけ置きしましょう。
    ポイントは水ではなくお湯にするということです。お湯の方が洗剤の溶ける速さが全然違います。
  3. 靴を洗濯ネットに入れて標準コースに設定し、洗濯機で洗いましょう。
  4. 洗剤はつけ置きの時についてるので改めて入れる必要はありません。
  5. 脱水し終わったら干しましょう。

上靴の汚れの種類と気になる臭いについて

上靴ってどうしてこんなに汚れが落ちないんだろう。いつもそんな気持ちになりますよね。上靴には三つの汚れが主で、この汚れが混じっているので落ちにくいのです。三つの汚れに分けて考えれば、頑固な汚れも落としやすく考えれるのではないでしょうか。

上靴の汚れ要素①臭い

臭いの原因は汗です。汗が雑菌の栄養となり増殖して悪臭になります。
そんなときは、やっぱりこまめに洗うこと。毎週洗うのがおすすめです。

上靴の汚れ要素②ドロ汚れ

一番落としにくい汚れがドロ汚れです。
学校は外からのドロや砂汚れを持ち込みやすい場所ですので、どうしてもついてしまいますよね。
そんなときは、丁寧に洗う。あとは漂白剤もおすすめです。

上靴の汚れ要素③黄ばみ

黄ばみはアルカリ性のものと紫外線が反応するとできてしまいます。
原因はすすぎ残し、直射日光が原因です。
すすぐとき、泡がなかなか落ち切らなくてそのまま水切りをしてしまっていたら。早く乾かしたくて日光の下に置いたら。これが原因になってしまうんですね。乾かす時は日陰で風通しの良い所で乾かしましょう。

上靴が綺麗になったあとは汚れや臭いの予防をしよう

せっかく綺麗になったんだから、ずっと綺麗に使ってほしいですよね。
綺麗が長持ちするように対策しましょう。

上靴に防水スプレーをかける

そうすることによって汚れや水も弾いてくれます。

ベビーパウダーもお勧め

パウダーは生地に浸透して、汚れの侵入を防いでくれます。

ろうそくとドライヤーで防ぐことも可能

ろうそくは水を弾くことができますので、ろうそくを靴に擦りつけて、軽くドライヤーで炙れば防水になるのです。

やはり、汚れが布に染み込むのが汚れの原因になるので、事前に予防しておくことが大切ですね。