洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私達もその知識を覚えて毎日の洗濯に活用していく必要があります。

洗濯表示には「F」と書かれているものもありますが、この表示の意味は一体何なのでしょうか。洗濯表示の意味を理解すれば、これからの洗濯の役に立ちますから、意味を覚えてぜひ活用してみてくださいね。

家では洗濯ができないのではないかと思っているものも、実際の洗濯表示の意味を理解すれば、実は洗濯ができるものもありますよ。意味を理解して、洗濯上手になりましょう。
ここでは、洗濯表示の意味についてご紹介します。新しくなった洗濯表示の意味を理解して、毎日のお洗濯に活用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

上靴を白くする方法!重曹・セスキ・酸素系漂白剤を使った洗い方

お子さんの上靴の汚れがなかなかキレイにならずに困っているママもいるのではないでしょうか。特に、毎日忙...

洗濯マークに『ネット使用』の記号はなくなりました

洗濯マークでは『ネット使用』との表示がされなくなりました。そのかわり『洗濯の際は洗濯ネットを...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

洗濯機に漂白剤を入れるタイミングを紹介。頑固汚れもスッキリ

ソースやカレーが洋服についた、ワイシャツの首輪の頑固な汚れなど普通の洗濯では落ちきれない汚れがありま...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

洗濯の臭いをとるための工夫とポイントでスッキリ快適に

洗濯物の臭いをとるためにポイントを抑えた洗濯の仕方によって解消することができます。もしかしたら、知ら...

スポンサーリンク

洗濯表示Fの意味について

平成28年12月から洗濯表示が変わりました。従来よりも細かく表示されていますが、クリーニング業者に向けての表示もあります。家庭の洗濯には関係のない記号もありますので、おさえておきましょう。

丸の中にF、P、Wのアルファベットがあるマークは、クリーニング業者が使う記号です。家庭の洗濯においては関係のないマークになりますので、気にしなくて大丈夫です。

FとPはドライクリーニングを意味しています。アルファベットの違いは、使用する溶剤を表しています。
Wはウェットクリーニングができるというマークになります。

それぞれのマークに下線がついている場合がありますが、これは他の洗濯表示と同じで、「通常よりも弱く」を表しています。線が2本だと、1本よりも更に弱くを意味しています。

洗濯表示Fの衣類は自宅で洗濯ができることも

洗濯表示のFとPは、クリーニング業者によるドライクリーニングに使うマークですが、家でも洗濯できる場合があります。

洗濯表示で桶のマークがあると、家庭でも洗濯することが可能です。ただし、桶のマークにバツ印がある場合は、家庭での洗濯はできないので、クリーニング店に依頼しましょう。

桶のマークは洗濯処理を表しています。桶の中の数字は洗濯で使用できる水温の上限にを意味していて、30℃から95℃まであります。

桶の下に下線があるマークもあります。下線はどのマークにおいても共通で、「弱く処理をする」という意味になります。下線は1本か2本の場合があり、下線が増えるほど更に弱くするという意味になります。

例えば、桶の中の数字が30で下線が1本だと「洗濯温度が30℃でマイルドかくはん」を表しています。このマークのものは、低温で優しく洗うことが良いという意味になります。

桶の中に手があるマークは「手洗い」を意味していますが、この場合の温度は40℃を上限としています。

洗濯表示はFだけじゃない!色々な種類があります

洗濯表示にはアルファベットや桶のマークの他にもいろいろ並んでいますが、左側にあるマークは家庭での洗濯やアイロン掛けのときに参考にします。クリーニング店向けのマークは右側にあります。

桶のマークは洗い方に関しての表示ですが、三角は漂白、四角は干し方と乾燥方法、アイロンのマークがあります。

  • 三角
    漂白処理について表しています。
    三角…塩素系漂白、酸素系漂白の両方ができます。
    三角の中に斜線…酸素系漂白ができます。塩素系漂白はできません。
    バツ印…漂白剤を使うことはできません
  • 四角
    四角の中に縦線又は横線があるものは自然乾燥についてになります。
    縦線…つり干しをします。縦線2本はぬれつり干しを意味します。
    横線…平干しをします。横線2本はぬれ平干しです。
    四角の左上に斜線がある場合は「陰干し」を意味しています。
    また、四角の中に丸が重なったマークはタンブル乾燥についてのマークになり、丸の中の点が処理温度を表しています。
    点が2つ…80℃までの温度で乾燥処理ができます。
    点が1つ…60℃までの温度で乾燥処理ができます。
    バツ印がある場合は乾燥処理ができませんので、自然乾燥をします。
  • アイロン
    従来の洗濯表示ではアイロンの中に高・中・低と設定温度を示していましたが、新しい表示では点の数が温度を表しています。
    点が3つ…高温でアイロンをかけられます。底面温度の上限は200℃です。
    点が2つ…中温に当たります。150℃が上限になります。
    点が1つ…110℃までの低温設定でアイロンを使えますが、スチームは使うことができません。
    バツ印はアイロンをかけることができません。

新しい洗濯表示の意味を知れば洗濯上手になれる

洗濯表示の見方を覚えて、衣類などを購入する時に確認するようにすると便利です。家庭の洗濯機で普通に洗うことができると、クリーニングの手間や費用も省けますよね。

桶のマークで40℃のものなら、家庭用洗濯機の標準コースで洗濯することができます。子どもの衣類やスポーツウェア、Tシャツやパジャマなどは洗濯機でまとめて洗うことができるものを選ぶようにしましょう。

ニットなどはクリーニング店に持ち込むことが多いと思いますが、これも家庭で洗えるととても助かります。手洗いの表示があるものを選ぶと良いでしょう。

また、クリーニング店に依頼する衣類でも、夏服は汗を吸い込んでいる場合が多いでの、できたらウェットクリーニングをしてもらいたいところです。丸の中にWがあるものはウェットクリーニングが可能なので、目安にすると良いでしょう。

新しい洗濯表示にある数字は温度の上限を表しています。従来の洗濯表示は推奨する温度を表していました。デリケートな生地のものや大切にしている衣類などは、表示よりも優しめにするとダメージを軽くすることができます。

洗濯表示が今までと変わった理由

洗濯表示が変わって覚えることも増え、面倒に感じてしまいますが、表示を正しく理解することで、衣類を長持ちさせたり、洗濯の仕方に迷ったときには助かりますよね。
衣類を新しく購入する際も、ちょっと表示を確認して家庭で洗濯ができるものを選ぶと、クリーニング代を節約できて経済的にも嬉しい効果があります。

従来の表示は日本国内に限られたものでしたが、今回の洗濯表示の変更で海外とも統一されました。海外で購入した衣類などについても、洗濯方法などを判断することができるようになったというわけです。

また、衣類等の生地の品質も向上されたため、以前の表示が合わなくなったというのもあります。

洗濯表示を活用することで、家庭での洗濯の質も上げることにつながります。お気に入りの洋服はもちろん、キレイな状態で長く着られるのは嬉しいことです。