洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私達もその知識を覚えて毎日の洗濯に活用していく必要があります。

洗濯表示には「F」と書かれているものもありますが、この表示の意味は一体何なのでしょうか。洗濯表示の意味を理解すれば、これからの洗濯の役に立ちますから、意味を覚えてぜひ活用してみてくださいね。

家では洗濯ができないのではないかと思っているものも、実際の洗濯表示の意味を理解すれば、実は洗濯ができるものもありますよ。意味を理解して、洗濯上手になりましょう。
ここでは、洗濯表示の意味についてご紹介します。新しくなった洗濯表示の意味を理解して、毎日のお洗濯に活用してください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

洗濯機へ洗剤を正しく入れてますか?洗剤の入れ方について

洗濯機はボタン一つで汚れた衣類やタオルを洗濯してくれる白物家電ですが、実際に使うとなると、ちょっとし...

手洗い洗濯のやり方のコツを掴めば繊細な洋服でも自分で洗える

手洗いで洗濯するやり方は、洋服の素材や種類によっても違います。シワになりやすい繊細な洋服も正しい手洗...

酸素系漂白剤を使った洗濯の使い方について知りたい

酸素系漂白剤は、色柄ものの洗濯に向いている漂白剤として愛用している人も多いです。とはいえ、使った...

過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

スポンサーリンク

洗濯表示Fの意味について

平成28年12月から洗濯表示が変わりました。従来よりも細かく表示されていますが、クリーニング業者に向けての表示もあります。家庭の洗濯には関係のない記号もありますので、おさえておきましょう。

丸の中にF、P、Wのアルファベットがあるマークは、クリーニング業者が使う記号です。家庭の洗濯においては関係のないマークになりますので、気にしなくて大丈夫です。

FとPはドライクリーニングを意味しています。アルファベットの違いは、使用する溶剤を表しています。
Wはウェットクリーニングができるというマークになります。

それぞれのマークに下線がついている場合がありますが、これは他の洗濯表示と同じで、「通常よりも弱く」を表しています。線が2本だと、1本よりも更に弱くを意味しています。

洗濯表示Fの衣類は自宅で洗濯ができることも

洗濯表示のFとPは、クリーニング業者によるドライクリーニングに使うマークですが、家でも洗濯できる場合があります。

洗濯表示で桶のマークがあると、家庭でも洗濯することが可能です。ただし、桶のマークにバツ印がある場合は、家庭での洗濯はできないので、クリーニング店に依頼しましょう。

桶のマークは洗濯処理を表しています。桶の中の数字は洗濯で使用できる水温の上限にを意味していて、30℃から95℃まであります。

桶の下に下線があるマークもあります。下線はどのマークにおいても共通で、「弱く処理をする」という意味になります。下線は1本か2本の場合があり、下線が増えるほど更に弱くするという意味になります。

例えば、桶の中の数字が30で下線が1本だと「洗濯温度が30℃でマイルドかくはん」を表しています。このマークのものは、低温で優しく洗うことが良いという意味になります。

桶の中に手があるマークは「手洗い」を意味していますが、この場合の温度は40℃を上限としています。

洗濯表示はFだけじゃない!色々な種類があります

洗濯表示にはアルファベットや桶のマークの他にもいろいろ並んでいますが、左側にあるマークは家庭での洗濯やアイロン掛けのときに参考にします。クリーニング店向けのマークは右側にあります。

桶のマークは洗い方に関しての表示ですが、三角は漂白、四角は干し方と乾燥方法、アイロンのマークがあります。

  • 三角
    漂白処理について表しています。
    三角…塩素系漂白、酸素系漂白の両方ができます。
    三角の中に斜線…酸素系漂白ができます。塩素系漂白はできません。
    バツ印…漂白剤を使うことはできません
  • 四角
    四角の中に縦線又は横線があるものは自然乾燥についてになります。
    縦線…つり干しをします。縦線2本はぬれつり干しを意味します。
    横線…平干しをします。横線2本はぬれ平干しです。
    四角の左上に斜線がある場合は「陰干し」を意味しています。
    また、四角の中に丸が重なったマークはタンブル乾燥についてのマークになり、丸の中の点が処理温度を表しています。
    点が2つ…80℃までの温度で乾燥処理ができます。
    点が1つ…60℃までの温度で乾燥処理ができます。
    バツ印がある場合は乾燥処理ができませんので、自然乾燥をします。
  • アイロン
    従来の洗濯表示ではアイロンの中に高・中・低と設定温度を示していましたが、新しい表示では点の数が温度を表しています。
    点が3つ…高温でアイロンをかけられます。底面温度の上限は200℃です。
    点が2つ…中温に当たります。150℃が上限になります。
    点が1つ…110℃までの低温設定でアイロンを使えますが、スチームは使うことができません。
    バツ印はアイロンをかけることができません。

新しい洗濯表示の意味を知れば洗濯上手になれる

洗濯表示の見方を覚えて、衣類などを購入する時に確認するようにすると便利です。家庭の洗濯機で普通に洗うことができると、クリーニングの手間や費用も省けますよね。

桶のマークで40℃のものなら、家庭用洗濯機の標準コースで洗濯することができます。子どもの衣類やスポーツウェア、Tシャツやパジャマなどは洗濯機でまとめて洗うことができるものを選ぶようにしましょう。

ニットなどはクリーニング店に持ち込むことが多いと思いますが、これも家庭で洗えるととても助かります。手洗いの表示があるものを選ぶと良いでしょう。

また、クリーニング店に依頼する衣類でも、夏服は汗を吸い込んでいる場合が多いでの、できたらウェットクリーニングをしてもらいたいところです。丸の中にWがあるものはウェットクリーニングが可能なので、目安にすると良いでしょう。

新しい洗濯表示にある数字は温度の上限を表しています。従来の洗濯表示は推奨する温度を表していました。デリケートな生地のものや大切にしている衣類などは、表示よりも優しめにするとダメージを軽くすることができます。

洗濯表示が今までと変わった理由

洗濯表示が変わって覚えることも増え、面倒に感じてしまいますが、表示を正しく理解することで、衣類を長持ちさせたり、洗濯の仕方に迷ったときには助かりますよね。
衣類を新しく購入する際も、ちょっと表示を確認して家庭で洗濯ができるものを選ぶと、クリーニング代を節約できて経済的にも嬉しい効果があります。

従来の表示は日本国内に限られたものでしたが、今回の洗濯表示の変更で海外とも統一されました。海外で購入した衣類などについても、洗濯方法などを判断することができるようになったというわけです。

また、衣類等の生地の品質も向上されたため、以前の表示が合わなくなったというのもあります。

洗濯表示を活用することで、家庭での洗濯の質も上げることにつながります。お気に入りの洋服はもちろん、キレイな状態で長く着られるのは嬉しいことです。