血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのではないでしょうか。

実は私も包丁で指を切ったことは数知れず…。しかし、その時に処置の方法を間違ってしまうと、血液汚れが落ちなくなってしまう可能性があります。

今回は、血液のついた洋服の正しい洗濯方法と効果的な洗剤について説明します。血液がついた場合は、お湯ではなく水でまず洗うことが正しい処置方法です。その後で洗剤を使うようにしましょう。

また、時間が経った血液汚れの落とし方についても説明します。
正しい方法がわかっていれば、血液汚れも簡単に落とすことができます。ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

洗濯のすすぎは水温がポイント!効果的なすすぎ方と注意点

洗濯の仕上がりを左右するのは、すすぎで使う時の水です。特に水温がポイントで、水温によって汚れがよ...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

上靴の洗い方とは?白くするコツとポイントを紹介します

黒くなってしまった上靴を白くする洗い方とは?上靴を白くするには、つけ置きにしておく、汚れに合せて洗剤...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

上靴を白くする方法!重曹・セスキ・酸素系漂白剤を使った洗い方

お子さんの上靴の汚れがなかなかキレイにならずに困っているママもいるのではないでしょうか。特に、毎日忙...

染み抜きの方法を教えて!血液汚れのシミを重曹で落とす方法

お子さんが怪我をして衣類に血液汚れがついてしまった!寝ている間に鼻血が出てシーツにシミができてしまっ...

洗濯表示。新しい一覧表のわかりやすい見方をご紹介します!

洗濯表示が新しくなりました。一覧表に並ぶ、マーク・記号を正直、全部は覚えられません。そんな、...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯でミス!漂白剤で色落ちした衣類の色を復元させるには

洗濯って、たまにやらかしてしまいますよね?汚れの漂白ではなく、衣類を色落ちさせてしまったり。...

洗濯マークに『ネット使用』の記号はなくなりました

洗濯マークでは『ネット使用』との表示がされなくなりました。そのかわり『洗濯の際は洗濯ネットを...

スポンサーリンク

洋服に血液がついた場合は、まず水で洗いましょう

血液を洋服につけてしまったときは、すぐに水洗いをしてください。血液は時間がたってしまうと落としにくくなってしまいます。これは血液に含まれているタンパク質が化学変化を起こして酸化してしまうことが原因で、汚れが固くなり落とすのが難しくなってしまいます。

血液のタンパク質はお湯で固まってしまう性質も持っています。血液の汚れを落とすときは水か30℃以下のぬるま湯を使うようにしてください。

ついてすぐの血液なら水で洗うだけで落とすことができます。血液の汚れはすぐに対処することが肝心なのです。
すぐに水で洗うことができないような場合は、おしぼりやハンカチを水で濡らし、血液の上からポンポンとたたいて落とすようにします。ティッシュで血液の水分を吸い取っておくだけでも違ってきます。

水洗いをするときは、まずは水洗いができる素材かどうかに注意してください。洋服についているタグを見て、洗濯表示を確認しておきましょう。
桶や洗濯機のマークが洗い方のマークになりますので、このマークがある場合は水で洗うことができます。洗い方のマークにバツ印がある場合は自宅で水洗いすることができない素材になります。その場合はすぐにクリーニングに出すようにしてください。

血液のついた洋服を洗濯する前に、洗剤で下洗いすることがコツ

血液をつけてしまった洋服を水洗いしても完全には取れない場合があります。その場合は洗濯機に入れる前に、先に血液の汚れを下洗いしておくとキレイに落とすことができます。

血液の汚れには食器洗い用の洗剤と歯ブラシを使います。タオルも用意してください。

洋服を裏返しにしたら、血液の汚れの下にタオルを敷いて、血液が他の部分にも染み込んだり広がらないように防ぎます。

コップなどの容器に水を入れて、食器用洗剤を溶かしたら、歯ブラシに染み込ませて血液の汚れの上からポンポンと叩いていきます。

汚れを落とすときは、血液の汚れの周りから中心に向かって落とすようにしてください。中心から行うと血液を広げてしまいます。

最後に水ですすいでください。血液の汚れが完全にとれなくても大丈夫です。色が薄っすらと残っているくらいなら、あとは洗濯機で洗うだけでキレイに落とすことができます。

血液汚れの洗濯には洗剤以外に「大根おろし」も使えます

血液の汚れには大根おろしも効果的です。大根にはアミラーゼという酵素が含まれていますが、この酵素には血液のタンパク質を分解する働きがあります。

まずは大根おろしを作ります。血液の汚れを落とすだけなので、少量で十分です。
大根おろしをガーゼで包んだら、血液の汚れの上からポンポンとたたいていきます。酵素がタンパク質を分解してくれますので、どんどん血液の汚れを落としてくれます。

大根おろしは血液の他に牛乳や卵などタンパク質を含んだ汚れを落とすのにも効果があります。ぜひ試してみてください。

血液のついた洋服の洗濯に向いている洗剤は「アルカリ性」

血液の汚れを落とすのに洗剤を使うのなら、アルカリ性の洗剤を選んでください。アルカリ性の洗剤を血液に使うと、血液にある成分が石けんに似た物質に変化をするので汚れを落としやすくなります。
アルカリ性が弱いと血液汚れは落としにくくなってしまいますが、アルカリ性の洗剤は生地を傷めてしまうことがありますので、洗うときはできるだけ素早くサッと洗うことが肝心です。

アルカリ性の洗剤にはマジックリンがあります。マジックリンの中でも酸性や中性のものがありますので、裏面の記載などを確認してから使用してください。

重曹もアルカリ性なので血液の汚れを落とす効果があります。重曹を使うときは血液の汚れの部分を固形石けんでこすっておくと更に落としやすくなります。汚れを落としたあとは水でキレイにすすいでください。すすぐ前に再度、固形石けんで洗っておくと血液汚れや重曹をきれいに洗い流すことができて安心です。

時間が経った血液汚れにはセスキが効果的です

時間が経って落としにくくなった血液の汚れにはセスキを使ってみてください。セスキは重曹よりもアルカリ性が強いので、重曹では落とすことができない汚れにも効果的です。

重曹とセスキを使って落とす方法

  1. 重曹を水に溶かして重曹水を作ります。
  2. 血液の汚れの上に重曹水を染み込ませたら、濡らしたタオルなどで上からポンポンと叩いて汚れを落としていきます。血液の汚れが薄くなるまで、重曹水を染み込ませたら叩いて落とすことを繰り返してください。
  3. 汚れが取れたら水で洗いすすいでください。
    血液の汚れが広範囲の場合はつけ置きする方法もあります。水10Lに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯溶かしたら、衣類を入れて1~2時間位つけておきます。血液の汚れの部分をつまみ洗いをしてから、洗濯機で洗濯をしてください。

血液の汚れは時間が経ってしまうと落としにくくなりますので、気がついたときにすぐに対処するのが肝心です。
また、お湯を使っても汚れが硬くなって落としにくくなりますので水かぬるま湯を使うこと、落とすのが大変な汚れにはアルカリ性のものを使って落とすこともポイントです。ここで紹介した方法をぜひ試してみてください。