洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。

2016年12月から洗濯表示が変更なりました。
最近の洋服には『ドライセキユ系』という表示はなくなり『○の中にF』という表示で、洗濯の方法がわからなくなっている方。

洗濯表示の謎を解き明かしたいと思います!

ドライクリーニング表示であっても、何が何でもドライクリーニングをしてくださいということではありません。
『ドライクリーニンできますよ』という意味です。
石油系の溶剤を使って洗濯することが可能ですという表示であります。

ですから、『手洗い』と『ドライセキユ系』が一緒に表示されているなら、『おしゃれ着洗い用洗剤で優しく手洗いできるし、クリーニング店で石油系溶剤の洗剤を用いて洗濯することができますよ』という洗濯表示になります。

洗濯表示の解釈の仕方と、洗濯方法についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

上靴を白くする方法!重曹・セスキ・酸素系漂白剤を使った洗い方

お子さんの上靴の汚れがなかなかキレイにならずに困っているママもいるのではないでしょうか。特に、毎日忙...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

浴衣の洗濯方法のコツ。正しい保管の仕方でいつまでも大切に

浴衣の洗濯方法の基本やコツを掴めば自宅でも簡単に洗うことができます。クリーニングに出してしまえば簡単...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

部屋干しの臭いは洗剤で防止できる?生乾き臭を防止する方法

一人暮らしをしていると、防犯上の理由や時間の都合から、部屋干しをする方が多く見られます。しか...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

スポンサーリンク

洗濯マークに『ドライセキユ系』の表示がなくなりました

2016年12月に洗濯表示が代わり、従来の洗濯表示にはあった「ドライセキユ系」という文字が無くなりました。
このドライセキユ系のマークは、クリーニング店へ出さないといけないという表示ではなく、クリーニング店へ出した場合の処理の方法になります。ドライセキユ系のマークがあると、クリーニング店ではセキユ系の溶剤を使ってドライクリーニングを行います。
一般家庭での洗濯のときには関係のないマークではありますが、ドライのマークにバツ印がついている場合は、クリーニングには出せないという意味になりますので、ここだけおさえておくと良いでしょう。

新しい洗濯表示でのクリーニング業者向けのマークは、PやFのアルファベットが丸で囲まれた記号になっています。ドライセキユ系という文字はなくなりましたが、PとFというアルファベットで同じように表されています。
Fのマークがついている場合は、石油系の溶剤を使ってドライクリーニングができるという意味なので、従来のドライセキユ系がこれにあたります。いずれにしてもクリーニング業者が参考にするマークなので、家庭での洗濯においては気にしなくても大丈夫です。

新しい洗濯表示では、丸にバツがついている場合はクリーニングができないことを意味しています。その場合はクリーニング店へは持ち込まずに家で洗濯をすることになります。

洗濯マークが『ドライセキユ系』だからといってすべてクリーニングに出さなければならないわけではない

洗濯表示を見るとクリーニングに出すためのPやF、Wもマークがあります。このマークがある場合は必ずクリーニングに出さなくてはならないという意味ではありません。クリーニングに出した場合、クリーニング業者が参考にするためについているマークです。
丸にバツの印がついている場合はクリーニングに出せないことを意味しています。

洗濯表示の中にはクリーニング用にマークの他に、家庭で洗濯するときのためのマークもついています。
桶のマークが洗濯方法、三角は漂白について、四角の中に丸が重なっているマークは乾燥方法、四角の中に線があるマークは自然乾燥する際の干し方を表しています。

家庭で洗濯できるかどうかは桶のマークを見ます。桶の中にある数字は使用できる温度の上限を表していますので、その温度までなら家庭でも洗濯をすることが出来ます。
また、マークの下にある棒線は洗い方を意味しています。棒線は「弱く」を意味していて、1本よりも2本ある方がより弱くという意味になります。棒線が無い場合は通常の洗濯ができます。
桶のマークの中に手があるものは「手洗い」になります。

桶のマークにバツ印がある場合は、家庭で洗濯ができないという意味になりますので、この場合はクリーニング店へ持って行かなけれなりません。

洗濯マークに『手洗いOK』表示があるなら、ドライセキユ系表示があっても水洗いできる

洗濯表示に手洗いのマークがあり、クリーニングのマークにドライセキユ系のマークがある場合は、家庭でも洗濯をすることができます。

洗濯機のコースに「ドライコース」がある場合は、そのコースを選んで洗濯をします。お使いの洗濯機に手洗いコースとドライコースの両方があると、洗濯表示から「手洗いコース」を選んでしまいがちですが、ドライコースで洗濯をするよう気をつけてください。
ドライコースの方が弱い水流で洗い、脱水も短くなっていますので、衣類に与えるダメージが少なくて済みます。

洗濯機のドライコースを使う場合は、洗濯洗剤も中性洗剤を使ってください。中性洗剤とは通常の洗濯洗剤とは別の「おしゃれ着用」の洗剤になります。エマールやアクロンといったニットやデリケート素材のための洗剤を言います。

洗濯機にドライコースが無い場合は、手洗いをすると良いでしょう。同じくおしゃれ着用の中性洗剤を使って、優しく押すようにして洗います。すすぎも同じように優しく行ってください。脱水はほとんど回さない感じに軽くだけかけます。

ドライクリーニングとは?今さら聞けないドライクリーニングについて

洗濯表示のドライクリーニングマークは、洗濯機のドライコースとは違います。家庭ではドライクリーニングをすることはできません。
ドライマークがついている衣料でも洗濯機で洗えるものはありますが、ドライクリーニングをしているわけではないのです。

洗濯機のドライコースは水を使って優しく洗いますが、洗濯表示のドライクリーニングは水は使わずにセキユ系の溶剤を使って洗うことを意味しています。クリーニング業者が参考にするマークになります。

ドライクリーニングとはどのような洗濯の方法なのか、気になりますよね。簡単にご説明します。
水を使って衣類を洗うと型崩れを起こしたり、縮んでしまったりします。ドライクリーニングは水を使わずに、石油からできた有機溶剤を使ってキレイにしますので、型崩れを起こしたりシワを作ったりすることがありません。ドライクリーニング専用の機械を使います。
水洗いをすることで縮んでしまう素材、型崩れを起こしやすいもの、デリケートな素材のものは基本的にドライクリーニングになります。

ドライクリーニングはとてもデリケートなクリーニング方法と言えますので、家庭で洗濯ができるものでも、大切にしている衣類などはクリーニング店で相談すると良いでしょう。

洗濯機の手洗いコースは『手洗い』ではありません

家庭用洗濯機には「ドライコース」も「手洗いコース」もあります。ドライコースを使えばドライクリーニングの代わりになるというわけでもありませんし、手洗いコースも手洗いをしているのと同じというわけではありません。

洗濯機にあるドライコースや手洗いコースは、通常の洗濯よりも「弱く」洗うことを意味しています。通常よりも弱いだけで、機械で洗うことに違いはありません。通常よりは弱めと覚えておき、デリケートな素材のものや、洗濯表示に手洗いのマークがある大切な洋服は洗濯機を使わずに自分で手洗いをするか、クリーニングに出すようにしましょう。

洗濯機のドライコースや手洗いコースを使う場合は、洗濯洗剤も変えます。通常の洗濯洗剤ではなく、ウールやおしゃれ着洗い用の洗剤を使って洗濯をします。縮みやシワを抑えることができます。

最後に簡潔にわかりやすく説明いたします!

例えば、冬物のコートの洗濯表示です。「手洗いで30、ドライセキユ系」という表示は、家庭で洗う場合は「30度までのぬるま湯で手洗い」をします。又はクリーニング店へ持って行き、セキユ系の溶剤を使ってドライクリーニングをしてもらうことになります。
家庭でも洗うとができますので、おしゃれ着用の洗剤を使って手洗いをすると良いでしょう。洗濯機のドライコースを使うこともできますが、型崩れなどの心配がありますので、できるだけ手洗いをオススメします。

衣類を洗濯したい時は、洗濯表示を見て洗濯方法を確かめます。洗濯表示の桶のマークにバツ印がある場合は家庭で洗濯はできませんので、クリーニング店へ持って行きます。
家庭で洗濯ができる場合は洗濯表示に従って洗います。

洗濯表示が手洗いのマークの場合は、洗濯機のドライコースとおしゃれ着用の中性洗剤を使うことで洗うことはできますが、手洗いをすることオススメします。

家庭で洗えるものはクリーニング代を抑えるためにも洗濯機を使ったり手洗いなどをして、デリケートな素材のものや水洗いが心配なものはクリーニングに出すようにしましょう。