洗濯物が裏返しの夫にイライラ!洗濯ストレスを改善する方法

洗濯物を何度言っても裏返しのままに出す夫。
洗濯物が裏返しのままだと、それを元に戻す手間がかかってすぐに洗濯できないですよね。
そんな洗濯物を裏返しのままに出す夫にイライラしている妻は意外と多いようです。

そこで、夫の洗濯物の裏返しストレスを改善するために、あなたができることについてお伝えしていきましょう。

これを読むと、意外とたいした問題じゃなかったかもと思えるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

洗濯に洗剤なしの効果やメリットとオススメ代用品とは

洗濯を洗剤なしにすると効果として汚れの落ち具合や臭いが気になりますよね。もちろん、洗剤を使わなくなれ...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

スポンサーリンク

洗濯物を裏返しのままに出す夫にイライラ爆発

毎日家事に追われていると、些細なことでもイライラしてしまうものです。ゴミをゴミ箱に捨てない、洋服を脱ぎっぱなしにしているなど、夫の行動にイライラしている妻は意外と多いもの。洗濯物を裏返しにしたまま洗濯に出すことにも、相当のストレスを感じることです。特に子供が小さかったり、自分も仕事をしている場合は、裏返しの洗濯物を直す時間を節約したいと考えます。実際、何度も何度も「裏返しにしたまま洗濯に出さないで」と夫に頼んでも、返事はするはずなのに裏返しのまま・・・。こんな毎日、うんざりするのも当たり前です。

夫は洗濯について「ただ洗って干す」としか考えていないことが多いです。ですから、洗濯自体をそれほど大変な家事だと捉えていないこともあり、なぜ妻がそこまでイライラしているのか理解できないのです。

洗濯は、洗濯をして干すだけではなく、衣類の汚れ具合を確認して洗い方を考えたり、デリケートな素材のものを分けて洗濯する・色柄物を一緒に洗わないなど、意外と手間がかかる家事の一つ。

それなのに夫が裏返しにした洗濯物を直す手間まで加わると、大きなストレスを感じる事になります。

夫の洗濯物の裏返しストレスには嫌味で対抗するのもアリ

何度も洗濯物の裏返しを注意してもなかなか直らないとき、夫婦喧嘩にならない程度の可愛い嫌がらせで洗濯物の裏返しに対抗しましょう。

例えば「ねえ、あなたのTシャツさんが、裏返しを直してほしいって」とTシャツの立場に立って意見をしてみるのはいかがでしょうか。

何度も「裏返しを直して」と言い続けると、夫側もイライラしだすことがあるため、遠回しプラス嫌味を言う作戦で対抗しましょう。

また、「洗濯物の裏返しを1回直すと100円徴収」など、洗濯物の裏返しを直すことを「労働」と捉えていることを軽い嫌味で伝えるという方法もあります。

夫が納得してくれれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるのでおすすめです。

夫が洗濯物を裏返しのまま出すならそのまま洗濯してしまいましょう

「夫が洗濯物を裏返しのまま出すのがストレス!」そんなときはもう直すことをやめてそのまま洗濯をしましょう。

こうなったら奥の手です。何度言っても改善されないのであれば、きっとそのまま洗ってもいいよという夫の合図。そう考えて、いちいち洗濯物の裏返しを直すことをやめて洗濯をしましょう。

そして、乾いた洗濯物を畳んでしまうときも、裏返しのままの状態で洗濯物を畳むのです。こうすることで、夫が洋服を着るときに自分で裏返しを直すというシステムが出来上がります。

もしも夫に、裏返した状態を直さない事に文句を言われたら、「何度言っても直してくれないから本当は裏返しの状態が好きなのかもと思って」とキョトンとした顔で言ってみましょう。

洗濯物は裏返しで洗う方が正解の場合もあります

いつも裏返しの洗濯物にイライラを感じている奥さまも多いでしょうが、衣類の中には裏返しのまま洗濯をした方がいいものもあります。

裏返しのまま洗濯をした方がいいもの

例えば、衣類の色あせが気になるもの。色の濃いTシャツやプリントがされたTシャツは、裏返したまま洗濯をする方が衣類が傷みにくいです。

またデリケートな洋服も、裏返して洗うことで衣類の劣化を防ぐことができます。衣類の素材や色・デザインによっては裏返して洗う方がメリットになることもあるのです。

なかなか乾きにくいジーンズ素材の衣類などは、裏返したままの状態で干すことで衣類の乾燥が早くなります。

裏返しの洗濯物にストレスを感じているのであれば、多少はメリットもあるのだと前向きに考えてみましょう。

洗濯ストレスは独自のこだわりルールからくるもの

いつもお洗濯をしているうちに、自分なりのルールが完成しているものです。結婚してから家事をするようになり、そのうちに自分のやり方を見つけていきます。

そうすると、自分のルールに従ってできなかったことや、ルールに反する行動をする人に対してイライラを感じるようになり、結果的にストレスが溜まっていきます。

結婚するまでは実家で親と生活をしており、洗濯物も母親のルールに従ってしていたはずです。それなのに、たまに実家に帰省すると、一緒に生活していた頃は全く気にならなかった自分の母親の洗濯ルールが気になり、いつもやっている自分なりのやり方で洗濯をしたい衝動に駆られることもあります。夫の洗濯物が裏返しの状態にストレスを感じるのは、自分なりのルールがあるから。それに反する行動をいつも取る夫に対してイライラするのは、夫がそのルールに違反をするからです。あまり深く考えず、毎日楽しく洗濯ができるように、違った考え方をしてみましょう。

「イライラするから直して」と思っていると、いつまでも直してくれない夫に嫌悪感を感じるようになることもあります。

「そのまま洗えばいいや」などと考え、洗濯ストレスを解消しましょう。