酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実はその汚れ、洗濯槽に付いている黒カビかもしれません。洗濯槽の見えない部分には黒カビが発生しやすく、定期的にお掃除をしないと、せっかくキレイになった洋服にカビが付着してしまいます。ドラム式洗濯機の洗濯槽のお掃除には酸素系漂白剤を使って汚れを落としましょう。
そこで、酸素系漂白剤を使ったドラム式洗濯機の洗濯槽の掃除方法をご紹介します。
酸素系漂白剤の発泡パワーで、汚れをゆるめて浮かせます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

カーテンを洗濯してカビを取り除く方法と日頃からできる予防対策

カーテンを洗濯してカビを取り除くには、その前に落とせるカビを落としておくことも大切です。そして、カー...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

洗濯の時の洗剤は水量にあわせた洗剤量が基本。測り方の目安

全自動洗濯機をお使いの場合は、洗濯物を入れてスタートボタンを押すと洗濯物にあった水量が表示されると思...

洗濯の臭いをとるための工夫とポイントでスッキリ快適に

洗濯物の臭いをとるためにポイントを抑えた洗濯の仕方によって解消することができます。もしかしたら、知ら...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

黒カビの落とし方!布についたカビ除去のコツや注意点を紹介

黒カビの落とし方には、布にできてしまった黒カビを落とす方法があります。ただし、頑固な黒カビは完全...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと...

油汚れの落とし方とは?洗濯物の油汚れは重曹がおすすめ

油汚れがついてしまった洗濯物はどのようにして洗えばいいのでしょうか?いつもどおりに洗っても油汚れだけ...

【黒カビを除去する方法】服についた黒カビの除去方法と予防法

クローゼットやタンスに収納していた服、いざ着ようと思って出してみたら黒カビがついていた。そんな経験あ...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな...

スポンサーリンク

酸素系漂白剤を使ったドラム式洗濯機の洗濯槽の掃除方法

洗濯機の種類によっては洗濯機の中を洗浄するコースが選択できる洗濯機がありますが、自動的に最後まで行ってしまうため途中開けるタイミングを失ってしまいます。

今回は定期的に開閉し行う作業があるため「洗い」のコースを使って掃除しましょう。

1.洗濯機の槽内にお湯を溜める

お風呂の残り湯を使う場合はあまり冷めないうちに使うと汚れが取れやすいです。

洗濯機に付属されているホースを使ってくみ上げるのも良いのですが、もしない場合はお風呂からバケツや洗面器を使って洗濯機に運びましょう。

お湯をこぼして足元がすべらないように注意しましょう。

熱めの方が後から入れる酸素系漂白剤が溶けやすいので、沸騰したお湯を足しながら手で触れるけど長くは入れていられないくらいの50度前後の温度にしましょう。

2.酸素系漂白剤を入れる

2.5カップの酸素系漂白剤をお湯を溜めた洗濯機の中に入れます。酸素系漂白剤を測る時は、あらかじめ大き目の紙コップを用意してお砂糖等の粉物を使って2.5カップの場所にしるしをつけると測りやすいでしょう。酸素系漂白剤を入れると発泡しますので換気をしながら行いましょう。

3.ドラム式洗濯機のふたを閉める

しっかり閉めて、「洗い」のコースを選択します。そのまま終わるまで開けずに槽内の掃除をしてもらいます。

酸素系漂白剤でドラム式洗濯機の洗濯槽から出たゴミを取る

お風呂の垢取りネットを用意

100均でも用意できる垢取りネットはすくった後裏についているゴムを引っ張りはじく事でゴミをすくって付いてしまった取れずらい汚れをゴムの勢いを使って摂る事ができます。またネットの部分を変える事ができるタイプもあるので確認し使いやすいものを購入しましょう。

  1. 「洗い」が終わったら一度洗濯機を開けてみましょう。洗濯機の奥に潜んでいた黒い汚れが浮いていたら、お風呂の垢取りネットを用意し全部すくいましょう。
  2. すくった後もこのままの水の状態で「洗い」で槽内n洗浄をして止まったらすくいを2~3回繰り返します。
  3. 終わったらそのまま漬け置きしますがドラム式は槽内全体をなかなかつける事ができないため時々ゴム手をして洗濯槽を回して全体に酸素系漂白剤が浸かるようにします。勢い良くまわすと中の液体が飛んでしまうため注意しましょう。
  4. 終わったらすすぎ、脱水を数回行い中の酸素系漂白剤をしっかり流しましょう。

下の方についているゴミ取りフィルターやドア付近のゴムのところの掃除、洗剤投入口の掃除も一緒に行い綺麗な洗濯機にしましょう。

洗濯槽の細かい部分の掃除も忘れずに

洗濯槽を洗う時に洗剤投入口もはずして掃除する

洗剤や柔軟剤を入れる箇所がある場合は目にする事が多く汚れが気になる時はすぐに掃除を始められますが、その場所をはずして奥まで掃除をする機会はあまり頻度がないでしょう。

はずしてみると黒くなっていたり、洗剤のぬめりと洗濯した衣類の繊維が絡み合って汚れが固まりになっている事はないでしょうか?使い古した歯ブラシの毛を少しカットし短くして掃除をすると細かな汚れも取れて使い安いアイテムになります。歯ブラシの毛で汚れが飛び散るので目に入らないように注意しましょう。

はずした洗剤投入口は、大き目のバケツを用意して、お風呂の残り湯程度の40度のお湯を入れてつけて置きましょう。全部浸からない場合は20分位したら浸かっていた部分を使い古した歯ブラシで汚れを取った後反対側も浸けましょう。

洗濯槽の細かい部分を掃除

中の細かい部分を確認しもし汚れが気になる部分があったら歯ブラシでこすり落としましょう。

全部綺麗になったら通気を良くするために洗濯機の扉や、洗剤投入口を開けて乾燥させましょう。

ドラム式洗濯機の掃除の頻度と酸素系漂白剤を使う時の注意点

ドラム式洗濯機は洗濯が終わった後でも下の部分に水が溜まっているため洗濯槽の部分によっては長い時間水に浸かっている事があります。洗濯槽を綺麗に保つにはこまめなセルフメンテナンスが必要になります。

洗濯槽は月に一度の掃除すると良い

毎回しっかりと時間をかけて掃除するのは大変ですのでシーズンごとの年4回だけしっかり掃除をして、毎月の掃除は槽洗浄機能に任せて掃除をしても良いでしょう。

乾燥フィルター

我が家の洗濯機には洗濯機の上部についていて、物を乗せているためすっかり忘れてしまいます。たまに見ると乾燥したほこりが付いているため、洗濯機に負担がかかっていると思われます。フィルターも洗濯槽の掃除の時に一緒に綺麗にしましょう。

ドア付近のゴム

たまにしっかり拭かないと汚い水が溜まっているときがあります。捨てても良い布を用意して手のひらの先に巻いてゴムの中を拭きましょう。

使う洗剤に注意

洗剤の注意事項に「まぜるな危険」の表示がある物は混ぜずに使用しましょう。使用方法をよく読んで換気をして作業しましょう。

少し高額になるが純正クリーナーもおすすめ

メーカーから出ているドラム式洗濯機専用の洗濯槽クリーナーがとても良いようです。

洗濯槽の汚れは勿論綺麗に落ちますが、洗濯した後の槽内の香りも菌を感じなくなるようです。又洗った衣類が乾いた後の香りも変わるようです。

市販されている洗濯槽クリーナーとは違い値が張りますが年に一度の大掃除に使ってみてはいかがでしょう。