上靴の黒ずみ汚れの落とし方!汚れも臭いも綺麗にスッキリ退治

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴の黒ずみ汚れ。どのような方法で洗えば綺麗になるのか、落とし方について知りたい人もいるのではないでしょうか。

学校で生活していると泥やホコリ、油や絵の具の汚れなど、色々な汚れが上靴に付着してしまいます。

その汚れは黒ずみ汚れとなり、なかなか落ちない汚れになってしまうこともあります。

ここでは、上靴の黒ずみ汚れを落とす落とし方についてお伝えします。また、臭いの落とし方や汚れの予防方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

汚れも臭いも綺麗に落とし、上靴を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カーテンを洗濯してカビを取り除く方法と日頃からできる予防対策

カーテンを洗濯してカビを取り除くには、その前に落とせるカビを落としておくことも大切です。そして、カー...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

洗濯でミス!漂白剤で色落ちした衣類の色を復元させるには

洗濯って、たまにやらかしてしまいますよね?汚れの漂白ではなく、衣類を色落ちさせてしまったり。...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

スポンサーリンク

上靴の黒ずみ汚れの落とし方!酸素系漂白剤を使って綺麗に落とそう

夏休みや冬休みなどの長期の休みになると子供は上靴を持って帰ってきますよね。
3~4ヶ月ほぼ毎日履いた上靴はとても汚れていてきれいに洗うのも一苦労です。汚れてすぐに洗ったときとは違い、蓄積された汚れなのでお湯だけではなく洗剤を使ってキレイに洗うのがいいでしょう。
黒く汚れたものを落とすものの代表として漂白剤がありますね。
その漂白剤は塩素系と酸素系がありますが、上靴を洗う際には酸素系の漂白剤がおすすめです。
酸素系の漂白剤であれば色つきのものにも使えますし、塩素系よりも皮膚や環境に優しいのでいいですよ。

上靴の汚れの落とし方は簡単です。

バケツなど上靴が入る大きさの容器を用意してください。
その中に50度以上の熱いお湯と酸素系漂白剤を入れて溶かします。その後に上靴を数時間つけ置きしましょう。

つけ置きした後は洗剤が取れるまで何度もすすいでくださいね。

すすいだら、風通しのよいところで乾かすようにしましょう。
夏であれば、天気のよい日に上靴を洗い、外に干すようにするとすぐに乾くのでおすすめです。
コインランドリーでも靴用の乾燥機があるので、すぐに乾かしたいときや乾きそうにないときには活用してみるのもいいですね。

上靴の黒ずみ汚れを綺麗に落としたい!上靴の洗い方・落とし方

つけ置きする方法にプラスして上靴の黒ずみ汚れをよりキレイに洗う方法

  1. まず長期間履いた上靴の中には髪の毛やホコリ、ごみが入っていることがほとんどなので取り除けるものは取り除きましょう。
  2. 次に、表面のホコリなどを払いましょう。
  3. 50度以上の熱いお湯に酸素系漂白剤を入れて溶かし、上靴をつけおきします。
    水の量と漂白剤の量は、説明書に沿って使うようにしてください。
  4. 数時間(汚れによっては一晩つけておいてもいいです)たったら、洗剤や石鹸をブラシや使い古しの歯ブラシにつけてこすって汚れを落とします。
  5. 汚れが落ちたら十分にすすいでください。
    洗剤が残っているとあとで黄色く変色したり、においが残ってしまうこともあるのでよくすすぐようにしてくださいね。
  6. よく乾かして完成です。

上記の上靴のつけ置きにプラスして、事前に汚れやごみを取り除くことでよりキレイに洗うことができますよ。
熱いお湯を使うので、お湯の扱いには気をつけて作業してくださいね。

上靴ソールの黒ずみ汚れの落とし方!ソール部分もピカピカに

上靴の底の部分であるソールはとても汚れやすいですよね。

つけ置き以外の方法でも上靴のソールの黒ずみ汚れを落とす方法があるので紹介します。

汚れたら時間を空けずに試してほしいのは消しゴムを使った方法です。

汚れに気づいたら消しゴムで汚れた部分をこするだけでキレイになってしまいますよ。
学校に持って入ってる筆箱には消しゴムはあると思いますので、「汚れたらこすってみてごらん」とお子さんに伝えておくのもいいかもしれませんね。
こすった後は消しカスが残ることがあるので、気になるときにはぬらしたティッシュでとるといいでしょう。
その後は必ず水分はふき取ってくださいね。

次におすすめなのが、歯磨き粉です。

歯磨き粉には研磨剤が入っているので、その効果でキレイにすることができますよ。
やり方は簡単です。
使い古しの布や歯ブラシに歯磨き粉を適量つけてこすります。
汚れが取れたら、ぬらしたタオルやペーパーなどできちんと歯磨き粉を落とします。

どちらもこするだけで簡単に落とすことができるので、ソールの汚れが気になるときには上記を参考に試してみてくださいね。

上靴の臭いの落とし方!重曹で汚れも臭いもスッキリ落とそう

3~4ヶ月ほぼ毎日はいた上靴には、目に見えるよごれはもちろん見えないところにも染み込んでいることでしょう。
臭いもしますし、よりきれいに洗いたいと思ったときには重曹を使って洗いましょう。

なぜ重曹を使うことで臭いが取れるのか気になりますよね。
その一つとして、重曹はアルカリ性なのですが、靴の臭いの元である雑菌は酸性です。
この二つの性質の違うものが一緒になることで中和され、臭いがなくなるということなのです。

重曹を使って上靴の臭いをとる方法は色々あります。

たとえば、最初の酸素系漂白剤と同じように重曹を溶かしてつけ置きする方法があります。
お湯に重曹と洗濯用洗剤を規定量溶いたら30分~1時間程度つけおきして、その後はブラシでよくこすり汚れを落とします。
汚れが落ちたらよくすすいで乾かしましょう。

他にも、靴の中に重曹をこわけにしたものを入れておくと臭いが取れますよ。
お茶パックや出汁パックに重曹を入れて口をしめて靴の中に入れておくだけなので、洗って乾かした後や履いた後に入れておくことで消臭効果がありますよ。

上靴の黒ずみ汚れを綺麗にしたら汚れを予防!汚れの予防方法

上靴をきれいにしたらできるだけ長くその状態を保ちたいですよね。
定期的にこまめに洗うことができればいいのですが学校に通っているとなればそうもいかないものです。
ですので、新品の上靴やきれいに洗った上靴を履く前には予防をしっかりしてから履くようにしましょう。

汚れはできるだけつかないように工夫したいと考えた時は防水スプレーを使ってみましょう。
字の通り、水を弾いて防いでくれますがそれはスプレーをすることで膜ができているためです。
膜があれば汚れがついても拭き取りやすくなったり付きにくくなるので試してみましょう。
防水スプレーの取扱説明をよく読み、靴の素材やスプレーをかける環境にも注意しましょう。

また、同じくコーティングをするという意味でろうそくを使う方法があります。
方法はろうそくを上靴全体にこすりつけたあとに、ドライヤーであたためるだけです。
防水効果と汚れ防止効果があるので、防水スプレーが家にない人でも簡単にすることができますよ。