染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。
そんな血液を簡単に染み抜きすることができる裏技があるのを知っていますか?

そこで、なかなか落ちない血液の染み抜きの裏技について、簡単で使えるアイテムや染み抜きのコツなどお伝えしていきましょう。

これで、子供の服に血液が付いて帰ってきてもすぐに落とすことができます。
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

過炭酸ナトリウムを使った洗濯槽掃除で失敗しないためのコツ

洗濯機から出した洗濯物に、黒っぽい汚れが付いているということはありませんか?特に白い洋服の場合には、...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

スポンサーリンク

付いてしまった血液の染み抜きが簡単にできる裏技とは

気をつけて生活をしていても、付いてしまいました。血液が。服に血液が着くと、取れにくいですよね?これは、染み抜きになるな。なんか良い裏技で、この血液、取れないかな?そう思っていませんか?
裏技かどうかはわかりませんが、服についてしまった血液の染み抜きには、酵素入り粉洗剤がよく効きます。ですので、用意する洗剤としては、ワイドハイターのような漂白剤、掃除でよく使う重曹、アタックのような洗濯に使う洗剤です。

上記を同じ分量(例えば1:1:1の割合)で混ぜて、使用します。そうすると、あなたをな悩ませている血液が付いてしまったお洋服の汚れを綺麗に洗濯することができます。

知らなかった方にとっては、裏技になります。女性も月に一回くるもので下着がいつも汚れてしまい、頭を悩ますと思います。でも、酵素入り粉洗剤を使えば割と綺麗に服について汚れを落とすことができます。

大体の場合、漂白剤があれば、落ちるとは思います。早めに洗濯をして下さいね。

なかなか落ちない頑固な血液もお湯を使った染み抜きの裏技でスッキリ

血液が服に着くと、本当になかなか落ちないのが悩みです。服に血液がつかない様に、できるだけ気をつけていたつもりなので、やっぱり付いていたか。

何回か漂白剤につけてお洋服を洗っているけれど、それでも服についた血液が取りづらい。でしたら、もう一度、ワイドハイターと重曹を使って、服に血液がついたお洋服を洗って下さい。

その時、血液のついた部分に上記の二つをつけて下さい。全体的にシミを落とすのではなく、シミがついた部分を集中的に洗う必要があります。

しかも、水にではなく、少し熱めのお湯にひたして下さい。時間にして、1分以内です。

そして、洗濯をします。

これで、だいぶ頑固な血液の汚れがとれると思います。この方法を用いて血液のシミを取る時ですが、あまり漂白剤の力に頼りすぎて、放置すると、お洋服の色が変わることがあります。黄ばみが出るかもしれません。ですので、すぐに洗濯するか、ストップウォッチなど使用して、染み抜きをしていることを忘れないで下さい。

付いてしまった血液の染み抜きの裏技に意外なアレが使える

血液がついたお洋服の染み抜きに、こんな裏技があるのかと聞いたら、少し驚くかもしれません。漂白剤はなんとなく、「やっぱりか」というイメージがあると思います。ですが、コンタクトレンズの洗浄液はどうですか?

コンタクトレンズの洗浄液を使った血液の染み抜きの裏技

理由を書くと長くなるので、省きますが、なんとコンタクトレンズの洗浄液を血液がついた部分につけて、1時間ほどそのままに、洗濯をすると、あら不思議、血液が綺麗に取れているそうです。コンタクトレンズの洗浄液が血液の染み抜きになるなんて、意外ですよね?

1時間ほどそのままにしなくてはいけないので、お洋服の染み抜きをそれほど急いでいない方、また、日頃からコンタクトレンズを使用している方には、便利な方法だと思います。

やり方も難しくないので、メガネもかけていて、コンタクトレンズも日頃から使用している方には、お薦めな方法ですよ。ご家族の方が使われているのなら、ちょっと借りて、実験して下さい。

血液の染み抜きをするときは洗濯前に落とすのがポイント

長年の主婦で、大体の洗濯の仕方がわかっている方でも、血液の染み抜きは面倒で、なかなか落ちないと悩んでいると思います。

「そんなの言われなくてもわかっているわよ」と思うかもしれません。とりあえずは、血液が着いたお洋服、時間が経つほど、取れにくくなります。できるだけ早く漂白剤をつけて下さい。コツとしては、一回塗って取れなくても、めげないことです。一回でとれなくても、数回すれば取れることもあります。ですので、服に血液がついたら、できるだけ早く漂白剤をつけ、一回ではなく、何回でも、漂白剤をつける、これがコツになると思います。

この時点で血液が薄くなっているのなら、洗濯をしたら、もっと綺麗になっています。コツとしては、血液がついてからどれだけ早いスピードで漂白剤を付けれるか。早ければ早い程、血液の染み抜きは可能になります。時間がたてば経つほど、プロでも染み抜きは困難です。漂白剤をつける時は、綿棒など使用すると便利です。

家で洗えない衣類の場合は染み抜きはやめましょう

お洋服を買う時にも、把握しているとは思いますが、「これは家では洗濯は無理だな。クリーニングでやったもらった方がいいな」と思う物は、血液の染み抜きも家庭でやらない方が無難です。どんなお洋服でも、ご家庭で血液の染み抜きができるかと聞かれたら、残念ながら答えはNOです。洗濯も、家では洗濯は無理という表示があるお洋服ありますよね?恐らく、素材が特殊な物で、家では洗濯をするのが難しいのだと思いますが、そのような素材が使われているお洋服の場合は、血液がついた時は、クリーニングに出すのが、無難です。

無理に家で染み抜きをしようとすると、輪ジミになります。全てが台無しになります。それよりは、クリーニングに出して、お洋服を長年使う方が無難だと思います。

自宅でできる物は漂白剤を使用して血液の染み抜きをし、その他の物はクリーニングを利用しましょう。

血液が服についた時、どんな裏技を使って、染み抜きができるのか、上記で説明しました。コンタクトレンズの洗浄液は意外なアイテムだったと思います。その他、重曹や漂白剤はきっとあなたの家に既にあるお掃除アイテムだと思います。上手く利用して、是非血液の染み抜きを楽に行って下さい。