赤カビの原因と取り方。服に付いた赤カビの落とし方

服にピンク色の汚れができた場合には赤カビが原因かもしれません。赤カビと言うと浴室では見かけることがあると思いますが、洋服やタオルにも発生してしまうものです。
そこで、洋服に発生する赤カビの原因や、できてしまった赤カビの落とし方をご紹介します。
いつものお洗濯では、赤カビを落とすことはできません。これからご紹介する方法で、赤カビを除去してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

カーテンを洗濯してカビを取り除く方法と日頃からできる予防対策

カーテンを洗濯してカビを取り除くには、その前に落とせるカビを落としておくことも大切です。そして、カー...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

洗濯に重曹は使える?洗剤の代わりに重曹を使う効果と洗濯方法

小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では、なるべく子供に優しい物を使用して洗濯をしたいと考えますよね。...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

油汚れが衣類についた時の落とし方やコツを油の種類別でご紹介

今回ご紹介するのは、油汚れが衣類についた時の落とし方やコツです。油汚れといっても種類があり、...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?...

スポンサーリンク

服に赤カビが発生する原因

カビはお風呂場やキッチンなど、水気のある場所によく発生してしまいます。

湿度の高い部屋では、壁にカビが繁殖してしまう事もあります。

実は、いつも着ている洋服にもカビが生えてしまう事があるのです。

洋服やタオルに赤カビが生えると、ピンク色になって、なかなか落とす事ができません。

カビが発生しやすい条件

  • 70%以上の湿度
  • 20度~30度くらいの温度
  • 皮脂汚れなどのカビの栄養分
  • 酵素

これらの条件が揃うと、短時間でもカビが発生しやすくなってしまいます。

使用後の服やタオルは、温く湿っていたり、皮脂汚れが付いていたりなど、カビの繁殖には絶好の状況です。

洗濯機で洗うまでの洗濯カゴに放置しているわずかな時間でも、カビが繁殖してしまう事も多いのです。

汗で濡れた服や、使用後の濡れたタオルは、カビの大好物と言えるでしょう。

汗で濡れた服をそのまま洗濯かごに入れるのは赤カビの原因に

濡れた服やタオルは、そのまま洗濯カゴに入れるのではなく、一度干して乾燥させると赤カビを防ぐ事ができます。

洗濯機の中は温かく湿度も高い、風通しもないので、カビが繁殖しやすい環境

濡れた洗濯物などを洗濯機の中に溜め込むと、カビが繁殖してしまいます。

洗濯槽のカビを防ぐためにも、洗濯物は溜め込まずにできるだけ早く洗濯して、清潔な状況にしておくようにしましょう。

洗い終わった洗濯物はすぐに干す事も大切です。

洗濯槽の汚れが赤カビの原因の可能性も。洗濯槽の掃除方法

洗濯物の赤カビを防ぐためには、洗濯槽の掃除も大切です。

洗濯槽にカビが生えていると、洗濯物にカビが移ってしまう事があります。

洗濯槽クリーナーを使って、定期的に掃除をしておくと安心

専用の洗濯槽クリーナーじゃなくても、洗濯槽をキレイにする方法があります。

それは、過炭酸ナトリウムを使う方法です。

過炭酸ナトリウムとは、酸素系漂白剤の事です。

酸素系漂白剤を使う時は、お風呂の残り湯を使うのがおすすめです。

酸素系漂白剤は、40度~50度くらいのお湯を使うとより効果が発揮されるので、お風呂の残り湯が丁度良いのです。

【洗濯槽の掃除手順】

  1. 洗濯槽にお湯を限界まで入れて、酸素系漂白剤を500グラムほど入れます。
  2. 洗濯機を【洗い】のみで回します。
  3. 5分ほど洗濯機を回していると、カビが浮いてくるので、網ですくって捨てていきます。
  4. そのまま2、3時間ほど放置してカビやゴミを浮かび上がらせます。
  5. 再度、洗濯機を【洗い】のみで5分ほど回して、カビやゴミをすくっていきます。
  6. 大体すくい終わったら、【すすぎ】から【脱水】まで行いましょう。
    ※底の方にゴミが残っている場合は、ティッシュなどで拭き取ります。
  7. コース洗浄で【洗い】から【脱水】まで行い、ゴミが目に見えなくなる程度まで繰り返していけば完了です。

根気良く除去していけば綺麗になるので、頑張りましょう。

また、洗濯後の洗濯機は、フタを閉めたままにせずに、開けておくと湿気が逃げてくれるのでカビが生えにくくなります。

服やタオルに付いた赤カビを取る方法

洋服やタオルに赤カビが付いてしまった場合、酸素系漂白剤を使うと綺麗に落とす事ができます。

  1. 粉末タイプの酸素系漂白剤を用意して、45度くらいのお湯を張った蓋付きのバケツに入れて溶かします。
    ※お湯5リットルに対して30グラムの粉末タイプの酸素系漂白剤を入れてください。
  2. バケツの中に赤カビの付いた洋服やタオルを入れて、蓋をして一晩浸けおきしましょう。
  3. 浸けおきが終わったら、洗濯機で普通に洗濯をして、乾燥させたら完了です。

軽いカビの場合はこの方法で簡単に落ちるはずです。

カビ汚れがひどい場合

粉末タイプの酸素系漂白剤に加えて、液体タイプの酸素系漂白剤も使います。

まず、洗浄液を作ります。

粉末タイプの酸素系漂白剤1に対して、液体タイプの酸素系漂白剤を3の割合で混ぜて溶かすと洗浄液の完成です。
  1. 洗浄液を歯ブラシなどに付けて、洋服やタオルに付いたカビに塗り付けてこすり洗いします。
  2. できるだけ空気を抜いた状態でポリ袋に入れて、その状態で一晩放置します。
  3. カビが消えたら洗濯機で普通に洗って、乾燥させたら完了です。

一回で取りきれない場合は、同じ作業を何度か繰り返してみてください。

熱に強い素材には煮洗いで赤カビを除去

タオルなど、熱に強い素材の場合は、煮洗いで赤カビを取り除く方法があります。

服の煮洗いに必要な物は3つ

  • 粉石けん
  • 鍋(アルミ製は変色の恐れがあるのでNG)
  • 菜ばし

煮洗いのやり方を説明します。

  1. 鍋にタオルが被るぐらいの水と、粉石けんを入れて沸騰させます。
    ※水1リットルに対して、粉石けん大さじ1の割合
  2. 沸騰したお湯にタオルを入れて、弱火で10~20分ほど煮ます。
  3. 火傷に気をつけながら、タオルを菜ばしで取り出します。
  4. タオルを洗濯機の普通コースで洗います。
タオルを長時間に込むと、繊維が傷みやすくなってしまうので、注意が必要です。

どうしても赤カビを落とせない場合は、タオルなら雑巾にして、掃除の役に立てましょう。

タオルは使っていくうちに、だんだんとふわふわ感が失われてしまいます。

赤カビが取れないような状態になってしまったら、タオルの寿命がきたと思って、新しいタオルと交換しましょう。

古いタオルを使い続けると、衛生的にも良くないので、定期的な交換が必要です。

カビはジメジメと湿った場所が大好き

カビの喜ぶ場所を作らないように、普段から気をつける事が大切です。

お気に入りの服や、交換したばかりのタオルが赤カビで汚れてしまわないように、清潔と乾燥を心がけましょう。