血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわざ購入する必要もないですし、小さなお子さんが居る家庭でも安心して手軽に使うことができます。

ここでは、そんな重曹を使った血液汚れの洗濯方法について、鼻血による洋服の血液汚れの落とし方や重曹で漬け置きして洗濯する方法での効果、洗濯できない布団などの血液汚れの対処法や頑固な血液染みの落とし方などお伝えしていきましょう。

これで、いつもお悩みだった血液汚れも簡単に綺麗に落とすことができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

洗濯物が裏返しの夫にイライラ!洗濯ストレスを改善する方法

洗濯物を何度言っても裏返しのままに出す夫。洗濯物が裏返しのままだと、それを元に戻す手間がかかって...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

血液が付いた物を洗濯する方法!落とし方やコツについて

血液汚れは洗濯による正しい落とし方でシミになるのを防ぎましょう。小さいお子さんがいると鼻血や擦り傷な...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

染み抜きの方法を教えて!血液汚れのシミを重曹で落とす方法

お子さんが怪我をして衣類に血液汚れがついてしまった!寝ている間に鼻血が出てシーツにシミができてしまっ...

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

洗濯物に洗剤が残る原因とは。衣類に洗剤を残さないためには

洗濯物に洗剤が残る。せっかく、キレイに洗濯したつもりなのに、衣類(特に黒いもの)に白いスジが...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

スポンサーリンク

血液汚れの洗濯には重曹があれば安心オススメ

血液の汚れは、通常の洗濯では落とすことができないことがあります。特に時間がたってしまった血液の汚れは硬くなり、シミになって残ってしまいます。

血液の汚れには重曹が効果的です。
重曹は弱アルカリ性です。血液の酸性の汚れを落とす時にはアルカリ性のものを使いますので、重曹で落とすことができます。

重曹を使って落とす方法

洗面器などに衣類がつかる位の量のぬるま湯を入れて、重曹をスプーン2杯程度入れます。重曹の量は汚れのよって調整してください。
その中に衣類をつけ、押し洗いをします。

血液の中のタンパク質はお湯で固まる性質があるため、血液の汚れを落とすときは30℃以下のぬるま湯か水を使って落とします。
重曹は水よりもお湯の方が汚れを落とす効果が高くなりますが、血液にはお湯は使えないため、ぬるま湯を使うようにします。

重曹に漬け置きして洗濯すれば血液汚れも臭いも除去できる

重曹は血液の汚れを落とす他にも、臭いを取り除く効果もあります。血液の独特な臭いを汚れと一緒に取り除くことができます。

重曹を使う時は、漬け置きが効果的です。人肌よりも低いぬるま湯の中に重曹を入れて溶かしたら、洗濯物を入れてつけておきます。
洗面器の場合なら重曹は大さじ1杯を目安にして、血液の汚れの状態によって重曹の量を調節してください。

10~15分位してから、汚れの部分を中心に手で軽く洗います。その後で洗濯機で通常の洗濯をします。

血液がついてしまった場合は、洗濯機に入れる前に先に血液の汚れを落としておくと、普通の洗濯でもキレイに落とすことができます。

洗濯できない布団の血液汚れも重曹水を使えば簡単に落ちる

衣類についた血液の汚れなら重曹を使って洗うことができますが、生理や鼻血で布団についてしまった場合は、簡単に洗濯をすることはできません。

その場合は、布団をまるまる洗うことはしないで、重曹水を使って血液の汚れだけを落とすようにします。

重曹水の作り方は、水200mlに対して重曹を小さじ1杯程度を溶かし、スプレーボトルに入れるだけです。

血液がついた部分に重曹水をスプレーして、しばらく時間をおきます。次に乾いたタオルで水分と一緒に血液もタオルに吸い込ませていきます。汚れをつまみとるようにすると良いでしょう。汚れが目立たなくなるまで繰り返します。

乾いた後で重曹の成分が表面に残ってしまう場合があります。その時は手で払って落としたり、掃除機で吸い込んでください。

重曹は天然由来のものなので、残ってしまっても体に悪影響を与えることはありません。寝具にも安心して使うことができます。

頑固な血液染みは重曹のペーストで綺麗に落とそう

なかなか落とすことができない頑固な血液のシミには、重曹ペーストを使ってみてください。重曹水よりも濃いので、血液の汚れを分解することができます。

重曹ペーストは、水に重曹を溶かしてペースト状にするだけです。30℃位のぬるま湯に重曹を1:1の割合で混ぜてください。ペーストの状態がゆるいときは重曹の量を調節してください。

血液の汚れの部分に重曹ペーストを塗ります。汚れが完全にかくれる位、塗ってください。その後で指で汚れをつまんで落とすか、歯ブラシなどを使って擦ってみても良いです。素材によっては擦ることで生地にダメージを与えてしまいますので、心配な場合は使い古しの歯ブラシなどでトントンと叩いて汚れを落としていきます。

ぬるま湯の他に、酸素系漂白剤を使うと更に効果があります、酸素系漂白剤は色柄物にも使うことができる漂白剤で、ワイドハイターなどがあります。
酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合で混ぜてペースト状にしたら、同じように血液の上に塗って落とします。

血液染みの洗濯は重曹を使って素早く洗おう

血液の汚れは時間がたてばたつほど落としにくくなります。これは、血液の中に含まれるタンパク質が化学変化を起こして酸化し、固まってしまうからです。

血液をつけてしまった場合は、すぐに水洗いをすることで汚れを落とすことができます。水洗いができない場合は、ティッシュや乾いたハンカチなどで血液の水分を取り除いてください。その後でハンカチやタオルなどに水を含ませて、血液の上から叩いて落とします。

洗濯機で洗濯をする前に、重曹につけて置くと血液を落としやすくできます。
時間がたってシミになってしまった場合は、重曹ペーストが効果があります。血液のシミの上に重曹ペーストを塗り、しばらくおいてから指で汚れをつまむようにして落とします。その後で通常の洗濯をしてください。

血液のシミは洗濯をする前に下処理をしておくだけで、キレイに落とすことができます。また、布団などの洗濯が難しいものにも、重曹スプレーを作って使うことができます。

血液をつけてしまった時は慌てずに、まずは、ついた血液をすぐに落としてください。
その後で残った血液のシミには、ぜひ重曹を試してみてください。