血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわざ購入する必要もないですし、小さなお子さんが居る家庭でも安心して手軽に使うことができます。

ここでは、そんな重曹を使った血液汚れの洗濯方法について、鼻血による洋服の血液汚れの落とし方や重曹で漬け置きして洗濯する方法での効果、洗濯できない布団などの血液汚れの対処法や頑固な血液染みの落とし方などお伝えしていきましょう。

これで、いつもお悩みだった血液汚れも簡単に綺麗に落とすことができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

靴を洗剤で臭いを取り除く洗い方とスッキリ無臭にさせるコツ

靴は洗剤によって臭いを取ることができます。靴の嫌な臭いを取るためには、洗剤の使い方と洗い方がコツにな...

洗濯でミス!漂白剤で色落ちした衣類の色を復元させるには

洗濯って、たまにやらかしてしまいますよね?汚れの漂白ではなく、衣類を色落ちさせてしまったり。...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

黒カビの落とし方!布についたカビ除去のコツや注意点を紹介

黒カビの落とし方には、布にできてしまった黒カビを落とす方法があります。ただし、頑固な黒カビは完全...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

上靴を白くする方法!重曹・セスキ・酸素系漂白剤を使った洗い方

お子さんの上靴の汚れがなかなかキレイにならずに困っているママもいるのではないでしょうか。特に、毎日忙...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

油汚れが洋服に付いた時の落とし方についてご紹介

普通に生活をいるとふとした瞬間に、食べ物や口紅などの化粧品、それから機械油などの油汚れが洋服に付いて...

スポンサーリンク

血液汚れの洗濯には重曹があれば安心オススメ

血液の汚れは、通常の洗濯では落とすことができないことがあります。特に時間がたってしまった血液の汚れは硬くなり、シミになって残ってしまいます。

血液の汚れには重曹が効果的です。
重曹は弱アルカリ性です。血液の酸性の汚れを落とす時にはアルカリ性のものを使いますので、重曹で落とすことができます。

重曹を使って落とす方法

洗面器などに衣類がつかる位の量のぬるま湯を入れて、重曹をスプーン2杯程度入れます。重曹の量は汚れのよって調整してください。
その中に衣類をつけ、押し洗いをします。

血液の中のタンパク質はお湯で固まる性質があるため、血液の汚れを落とすときは30℃以下のぬるま湯か水を使って落とします。
重曹は水よりもお湯の方が汚れを落とす効果が高くなりますが、血液にはお湯は使えないため、ぬるま湯を使うようにします。

重曹に漬け置きして洗濯すれば血液汚れも臭いも除去できる

重曹は血液の汚れを落とす他にも、臭いを取り除く効果もあります。血液の独特な臭いを汚れと一緒に取り除くことができます。

重曹を使う時は、漬け置きが効果的です。人肌よりも低いぬるま湯の中に重曹を入れて溶かしたら、洗濯物を入れてつけておきます。
洗面器の場合なら重曹は大さじ1杯を目安にして、血液の汚れの状態によって重曹の量を調節してください。

10~15分位してから、汚れの部分を中心に手で軽く洗います。その後で洗濯機で通常の洗濯をします。

血液がついてしまった場合は、洗濯機に入れる前に先に血液の汚れを落としておくと、普通の洗濯でもキレイに落とすことができます。

洗濯できない布団の血液汚れも重曹水を使えば簡単に落ちる

衣類についた血液の汚れなら重曹を使って洗うことができますが、生理や鼻血で布団についてしまった場合は、簡単に洗濯をすることはできません。

その場合は、布団をまるまる洗うことはしないで、重曹水を使って血液の汚れだけを落とすようにします。

重曹水の作り方は、水200mlに対して重曹を小さじ1杯程度を溶かし、スプレーボトルに入れるだけです。

血液がついた部分に重曹水をスプレーして、しばらく時間をおきます。次に乾いたタオルで水分と一緒に血液もタオルに吸い込ませていきます。汚れをつまみとるようにすると良いでしょう。汚れが目立たなくなるまで繰り返します。

乾いた後で重曹の成分が表面に残ってしまう場合があります。その時は手で払って落としたり、掃除機で吸い込んでください。

重曹は天然由来のものなので、残ってしまっても体に悪影響を与えることはありません。寝具にも安心して使うことができます。

頑固な血液染みは重曹のペーストで綺麗に落とそう

なかなか落とすことができない頑固な血液のシミには、重曹ペーストを使ってみてください。重曹水よりも濃いので、血液の汚れを分解することができます。

重曹ペーストは、水に重曹を溶かしてペースト状にするだけです。30℃位のぬるま湯に重曹を1:1の割合で混ぜてください。ペーストの状態がゆるいときは重曹の量を調節してください。

血液の汚れの部分に重曹ペーストを塗ります。汚れが完全にかくれる位、塗ってください。その後で指で汚れをつまんで落とすか、歯ブラシなどを使って擦ってみても良いです。素材によっては擦ることで生地にダメージを与えてしまいますので、心配な場合は使い古しの歯ブラシなどでトントンと叩いて汚れを落としていきます。

ぬるま湯の他に、酸素系漂白剤を使うと更に効果があります、酸素系漂白剤は色柄物にも使うことができる漂白剤で、ワイドハイターなどがあります。
酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合で混ぜてペースト状にしたら、同じように血液の上に塗って落とします。

血液染みの洗濯は重曹を使って素早く洗おう

血液の汚れは時間がたてばたつほど落としにくくなります。これは、血液の中に含まれるタンパク質が化学変化を起こして酸化し、固まってしまうからです。

血液をつけてしまった場合は、すぐに水洗いをすることで汚れを落とすことができます。水洗いができない場合は、ティッシュや乾いたハンカチなどで血液の水分を取り除いてください。その後でハンカチやタオルなどに水を含ませて、血液の上から叩いて落とします。

洗濯機で洗濯をする前に、重曹につけて置くと血液を落としやすくできます。
時間がたってシミになってしまった場合は、重曹ペーストが効果があります。血液のシミの上に重曹ペーストを塗り、しばらくおいてから指で汚れをつまむようにして落とします。その後で通常の洗濯をしてください。

血液のシミは洗濯をする前に下処理をしておくだけで、キレイに落とすことができます。また、布団などの洗濯が難しいものにも、重曹スプレーを作って使うことができます。

血液をつけてしまった時は慌てずに、まずは、ついた血液をすぐに落としてください。
その後で残った血液のシミには、ぜひ重曹を試してみてください。