【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に油汚れが、服に飛んでしまうことも。

油汚れはそのまま洗濯機で洗濯をしても、しみになってしまうことが多く、ついたらすぐにしみ抜き、予洗いをすることが重要なポイントです。

ここでは、どんな掃除にも役立つ重曹を使った、しみ抜き、洗濯方法をご紹介いたします。しつこい油汚れには重曹だけでなく、他の洗剤も合わせて使用すると、汚れをさらにキレイに落とすことができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のすすぎ1回での柔軟剤!注意点と効果を発揮する使い方

洗濯に使用する洗濯用洗剤、すすぎ1回でOKと書かれているものがあります。しかしすすぎ一回では洗剤残り...

酸素系漂白剤を使った洗濯の使い方について知りたい

酸素系漂白剤は、色柄ものの洗濯に向いている漂白剤として愛用している人も多いです。とはいえ、使った...

洗濯のすすぎは水温がポイント!効果的なすすぎ方と注意点

洗濯の仕上がりを左右するのは、すすぎで使う時の水です。特に水温がポイントで、水温によって汚れがよ...

洗濯を手洗いでする時に必要なグッズ・便利なグッズと洗濯方法

長期の旅行に出かける時など、洗濯を手洗いですることもありますよね。普段は洗濯機に入れてスイッチを...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

洗濯の臭いをとるための工夫とポイントでスッキリ快適に

洗濯物の臭いをとるためにポイントを抑えた洗濯の仕方によって解消することができます。もしかしたら、知ら...

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

洗濯物は雨で洗い直しが必要!濡れたときの最適な対処法を紹介

外干ししていた洗濯物が突然の雨で濡れてしまったときはありませんか?せっかく洗った洗濯物だけど洗い...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯に漂白剤を使った臭いの落とし方と嫌な臭いをつけない対策

洗濯のときに漂白剤を使って臭いを落とすことができますが、ただ漂白剤を入れただけではこびりついた臭いの...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

赤カビが服に発生!洗濯物の赤カビの落とし方と洗濯機の掃除方法

お気に入りの服がピンク色に変色してしまったら、その原因は「赤カビ」の可能性があります。お気に入りの服...

スポンサーリンク

服についた食事の油汚れを重曹を使って取り除く方法

服についた油汚れは、重曹で落とすことができます。

自分の服についてしまった、油汚れや、家族が誤ってつけてしまった、服についた油汚れ、もしかしたら、あなたの手元には、家族の油汚れで汚くなった服が沢山目の前にあるかもしれませんね。

そんな「油汚れ」を十分に落としてくれるのが、重曹です。服だけではなく、家の他の場所を掃除する際に、重曹、使っていると思います。その重曹、服についた油汚れを取る際にも、使用して下さい。

重曹を使って服についた油汚れを落とす前に、汚れの度合いを低めるために、ティッシュペーパーやペーパータオルで油汚れを取ります。

その際、ティッシュペーパーとペーパータオルどちらも色がついていると、もしかしたら、お洋服にその色がつく可能性があります。できるだけ、白のティッシュペーパーやペーパータオルを選んで汚れを取って下さい。 そのあと、油でシミになっている部分に、重曹の粉をふりかけます。その状態で1時間ほど置いて様子をみます。そして、綿棒や歯ブラシで油でシミになっている部分を少しだけこすります。プラスして、食器用洗剤を軽く重曹のふりかけて、洗濯機で洗います。

服に付いたしつこい油汚れは重曹プラス浸け置きが効果的

重曹はお掃除の分野で本当に活躍してくれる洗剤です。

服にこびりついた油汚れを取るには、重曹が一番です。

でも、どうやったら、より重曹の効果をより引き出すことができると思いますか?

基本、重曹と水を少し含ませたものを油汚れがしつこい部分に染み込ませます。

その際、もしかしたら、汚れの部分が下に落ちるかもしれません。念の為に要らなくなった、タオルを下に置き、汚くならない様にして下さい。

より油汚れを取る為に、食器用洗剤も油汚れがついた部分に垂らします。少し、こするイメージです。

そして、水に浸け置きをして、汚れをとります。洗濯機で洗濯をして、それで終了になります。

見た目で「この汚れはちょっとしつこいかも」と感じるのであれば、重曹にプラスして、食器用洗剤を使用して下さい。

後は、浸け置きをすれば、よりシミを落とすことができます。重曹のパワーをより引き出すには、浸け置きをして、1時間ほど浸け置きすることをお薦めします。

重曹に酸素系漂白剤で服に付いた油汚れや皮脂汚れもキレイに

重曹だけでは落とせない油汚れもあります。そんな時は、酸素系漂白剤もプラスして使用して、頑固な油汚れを落としましょう。

重曹と同じ分量の酸素系漂白剤を使用する

洗濯をする前に、重曹プラス、同じ分量の酸素系漂白剤を油汚れのシミになっている部分につけて下さい。それで、服についた油汚れをより落とすのが、簡単になります。

ただ、この際に注意して欲しいのは、重曹の力が強すぎて、服についている模様や色が落ちる事があります。

あなたが「この服についている油汚れを取りたい」と思っている服が、結構な柄や色のものでしたら、その服に重曹を使用しても良いのか、服の目立たない場所で試してみるべきです。

使用してから「色落ちした」と慌てないためです。それでは、後の祭りですから。お気入りの服こそ、必ず、服の目立たない場所で試してから、重曹をシミのある部分に使用するようにして下さい。

普段の洗濯に重曹を使用する場合

全体的にお洋服に油汚れがついている場合、洗濯をする際、初めから重曹を使用して、全体的にお洋服の汚れを取りたいなんてこともありますよね?

その場合は、「温度」に気をつけて、洗濯をする様にして下さい。どうしてかというと、重曹の威力を最大限に引き出すには、適切な温度が必要だからです。

どのくらいの温度が適切かというと、お風呂に使う温度くらい、もしくは、それ以下です。数字で表すと、40度以下でしょうか。そのくらいの温度のぬるま湯を使用して重曹で油汚れが気になる洋服を洗うと、いつも以上に洋服についた油汚れを落とすことができます。

「温度」について知らなかった方は、是非挑戦して下さい。ただし、「じゃ、熱いともっといいんじゃないの?」と温度を上げすぎないで下さい。服の素材によっては、その温度では縮まります。必ず適切な温度があります。それに注意しながら、重曹を使って、洗濯をして下さい。

お家に重曹がない時の油汚れの落とし方

重曹が染み抜きに良いのはわかっているけど、たまたま、その重曹を切らしています。重曹がない場合ですけど、こんな緊急処置をとってみて下さい。

重曹がない場合はティッシュで拭き、台所用洗剤で対応する

軽いシミであれば、まずはティッシュペーパーで油汚れを取り、次に、水含ませたティッシュペーパーで汚れを取ります。また、家にいて、台所用洗剤が使用できるのなら、重曹の代わりに台所用洗剤も使用して、洋服についた、油汚れを取ります。

言わいる応急処置です。プラス、軽い油汚れであれば、上記の方法で、対応はできます。重い油汚れは上記で紹介した、重曹を使用した方法で染み抜きをするべきです。そうでもないのなら、台所用洗剤で応急処置も可能です。

本当にしつこいタイプの汚れには、重曹と漂白剤両方使うべきです。

服についた油汚れをどうやって、重曹を使って効果的に落とせるのか、その方法を説明しました。本当にしつこい油汚れは漂白剤も混ぜて、落とすべきです。温度も40度くらいにして、洗濯をします。ただ、服によっては、漂白剤や重曹が合わないこともあります。その際は、服に合っているのか、合っていないのか、服の隅で試して、使用できるのか、確認してからにして下さいね。