雑巾の洗い方は洗濯機でもアリ!洗い方のポイントや注意点

雑巾の洗い方といえば手洗いが基本ですが、洗濯機を使って雑巾を洗いたいと思ったことはありませんか?
でも、洗濯機を使って洗うと洗濯機に雑巾の汚れが付くのではと心配になります。
なので、雑巾を洗濯機で洗うときはしっかりと雑菌を落としてから洗うことがポイントになります。

そこで、洗濯機を使った雑巾の正しい洗い方についてお伝えしていきましょう。

洗濯機を使えば乾くのも早いですし、汚れもキレイに落とすことができます。
さらに、簡単に雑巾をキレイに手洗いする方法も紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯で漂白剤による色落ちを防ぐ方法と効果的な正しい使い方

洗濯をするときに漂白剤を使うと色落ちが心配になりませんか?でも、漂白剤を上手に使えば、気になる衣類の...

洗濯に漂白剤を使った臭いの落とし方と嫌な臭いをつけない対策

洗濯のときに漂白剤を使って臭いを落とすことができますが、ただ漂白剤を入れただけではこびりついた臭いの...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

洗濯マークに『ネット使用』の記号はなくなりました

洗濯マークでは『ネット使用』との表示がされなくなりました。そのかわり『洗濯の際は洗濯ネットを...

上靴の洗い方とは?白くするコツとポイントを紹介します

黒くなってしまった上靴を白くする洗い方とは?上靴を白くするには、つけ置きにしておく、汚れに合せて洗剤...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

洗濯のシミ抜き!ボールペンインクの種類別の落とし方や応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、ボールペンのインクがうっかり服についてしまったときは、そのボールペンのイ...

スポンサーリンク

洗濯機を使った雑巾の正しい洗い方のポイント

雑巾は使ったあと時間を置かず、すぐに洗濯機で洗いましょう。

掃除で使った後軽く洗い時間が経ってしまいと掃除の際についた汚れや菌が雑巾の水分によって繁殖してしまいます。繁殖が進む前に洗濯機で洗濯してしまいましょう。

雑巾の目に見える汚れは落としましょう。

髪の毛や埃など目視できて手で取れるような汚れは取り除いてから洗濯機に入れましょう。水を溜めた入れ物の中で揺らしながら洗うと細かなゴミを落とすことができます。

雑巾と一緒に洗うものを考えましょう。

雑巾と同じような色合いのものでも身につけるものと一緒では良い気分ではありません。用途や汚れの度合いを考えて洗濯しましょう。

繊維の奥深くまでしっかり洗いましょう。

掃除のときについた汚れや雑菌をしっかり洗うことができる洗剤を使いましょう。柔軟剤が一緒になっている洗剤は洗い終わった後水をはじいてしまうので柔軟剤が入っていない洗剤を使って洗濯することをおすすめします。

雑巾の洗い方で洗濯機を使うなら下準備をすること

洗濯機に入れる前に雑巾を確認しましょう。

沢山のごみや髪が絡まった状態では洗濯し終わった後も雑巾に絡まってしまったり、洗濯槽内にゴミが付着してしまいます。簡単に汚れを落としたり、汚れがひどいものはその部分だけでもこすり洗いしましょう。

漂白する時は先に行いましょう。

洗濯機に入れる前に汚れが気になったり、臭いが気になる時は漂白剤を使って漂白しましょう。ある程度綺麗になったらそのまま洗濯機にいれずに綺麗な水で漂白剤の成分を洗い流してから洗濯機に入れましょう。

雑巾の繊維に髪が絡まっている時は

バケツに多めの水をはり、雑巾の端を持って水の中で揺らしながら解いていきましょう。乾いた状態では取れない髪の毛も取れてきます。

雑巾を洗濯機で洗うときは洗い方に気をつけましょう

  • 水を多めに溜めたバケツの中で洗う。
    綺麗な水をバケツに溜めて雑巾に絡めついた大きな汚れを落としましょう。最初は揺らす程度で雑巾の繊維から汚れを剥がします。その後気になる汚れがあるときは雑巾同士こすり合わせ汚れを取りましょう。
  • 重曹の力を借りる。
    バケツに人肌のお湯を溜めて重曹をいれとかします。その中に掃除が終わった雑巾を入れて60分ほど浸け置きし、すすぎます。雑巾についた臭いをとることができます。
  • 漂白剤で仕上げ。
    重曹で掃除に使った雑巾の臭いが取れたら漂白剤を使って奥底に潜む菌をやっつけましょう。通常の洗濯モードを使って洗い風通しがよく日当たりの良い場所に干し太陽の力でさらに菌をやっつけましょう。
雑巾を洗った後の洗濯機が気になる場合は洗濯槽を洗いましょう。定期的にこの流れを行うと雑巾も洗濯槽の掃除も行うことができて綺麗に生活できるでしょう。

雑巾の洗い方は洗濯機で洗うよりも手洗いがおすすめ

●用意する物

  • 洗う雑巾
  • 漂白剤
  • 掃除バケツ
  • タワシ
  • 使い古した歯ブラシ
  • ゴム手袋
  1. 掃除用バケツに漂白剤を入れ洗う雑巾を開いた状態で入れます。その時漂白剤が雑巾全体にしみこむ様に畳まないで浸しましょう。
  2. 家事の合間の30分くらい風通しの良い場所でつけることが望ましいです。
  3. 時間が経過したら手あれを防ぐためゴム手袋を装着し雑巾同士をこすりながら汚れを落とします。それでも落ちない汚れがある場合は漂白剤を流水で流し洗濯洗剤を塗布し少しつけてから使い古した歯ブラシを使って優しく汚れている部分をこすりましょう。
  4. 汚れが取れたら綺麗な人肌の温度のお湯で洗剤をしっかりと洗い流しましょう。
    タワシや歯ブラシの摩擦によって雑巾の生地が薄くなったり毛羽立ったりすることがあります。力加減に注意しましょう。漂白剤につける時間が長いと雑巾の生地がいたみやすくなってしまいます。長時間の浸け置きは控えましょう。

雑巾の使い捨てなら洗濯不要でいつも清潔

  • 使わなくなったタオル
    バスタオルやフェイスタオルなど使っていて生地が硬くなってしまったり、色が悪くなってきたものなどはそのまま捨てずに使いやすい大きさにカットしてから雑巾にしてしまいましょう。タオル地のような素材は切っているそばから細かな切れ端が出てきて作業している周りが埃っぽくなってしまいます。外で行ったり、切ったそばから掃除機をかけると綺麗に作業できます。
  • 衣類
    サイズアウトした服や、生地がよれて着なくなった服などは平らな部分を手頃な大きさにカットしましょう。タオルと違い生地に厚みがないので使い方によっては大きめに切るといいでしょう。小さくなってしまう部分はトイレ掃除や窓の桟の細い隙間などに使うことがあります。どんなに汚れた場所に使ってもそのまま捨てると思えばとことん掃除が進みそうです。
  • ハンドタオルやおしぼり
    小さなサイズのハンドタオルやおしぼりは端の処理をせずそのまま使い始めることができます。色が悪くなってしまったものは捨てずに雑巾として掃除に使ってから処分しましょう。