ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人も多いかもしれません。
ですから、お気に入りのポリエステルの洋服の洗濯には気を使いたいものです。

そこで、ポリエステル100%の洋服の洗濯方法について、洗い方のコツや注意点などお伝えしていきましょう。

大切な洋服は正しい洗濯方法やケアをすれば長く楽しむことができます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

洗濯マークで洗濯上手に!海外の衣類も新洗濯表示で洗濯が簡単に

衣類には洗濯表示のマークがついていて、このマークを確認して洗濯をすることで、衣類を傷めずに洗濯をする...

服の匂いをとる!匂いの原因と洗濯方法・洗濯できない時の対策

服に染み込んだ嫌な匂いをなかなかとることができずに困っている人もいるのではないでしょうか。普通に洗濯...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯機へ洗剤を正しく入れてますか?洗剤の入れ方について

洗濯機はボタン一つで汚れた衣類やタオルを洗濯してくれる白物家電ですが、実際に使うとなると、ちょっとし...

布巾の正しい洗い方!簡単に洗う方法と干し方で清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾を洗うとき、どのような洗い方をしているでしょうか。キッチンで使った布巾には菌...

スポンサーリンク

ポリエステル100%の洋服を洗濯する前に気をつけたいこと

あなたが「この服、着ていて着心地が良い」そう感じていつも着ているその服、ポリエステル100%だったりしませんか?服についているタグの表示を見ると、「ポリエステル100%」なんて表示を見つけたりします。 ポリエステル100%であろうとなかろうと、洗濯はしなくてはいけません。ポリエステル100%の場合、他の素材と違って、何か特別に気をつけなくてはいけない点があるのかどうかが気になります。気に入ってるお洋服ほど、洗い方には気をつけたいですよね。

タグにどんなマークが表示をされているのかチェック

水洗いができるのか、できないのか、それで自宅で洗濯できるのか、それともクリーニングに出さなくちゃいけないのか、変わります。自宅で洗濯できるかは、洗濯表示を確認してからにしましょう。

適切な洗剤を使用する

洗剤によっては、色落ちが心配されます。特にポリエステル100%は色落ちしやすいので、心配なら、洋服の目立たないところに少しだけ洗剤をつけて色落ちしないか試して下さい。

ポリエステル100の洋服を洗濯機で洗うときのポイント

水洗いができる洗濯表示がポリエステル100%のお洋服についているのなら、そのお洋服は自宅で洗えます。ただ、ポリエステル100%の素材の問題は、肌触りは良いのですが、洗うと毛玉になりやすいです。

ポリエステル100%の洋服は毛玉の予防として、洗濯ネットに入れて洗う

毛玉ができにくくなりますから。

洗濯をする際は、弱アルカリ製洗剤を使います。ポリエステルについた汚れはその素材のせいか、しつこく、取れにくいです。弱アリカリ性洗剤だと、その汚れを落とせるようです。 ポリエステルは静電気を起こしやすいです。それを予防するためにも、洗濯をする際は、柔軟剤を入れて洗濯するべきです。 また、ポリエステルは乾燥しやすいので、洗濯の際は、脱水をする回数は1回で十分です。厚手のタオルなど、乾きにくい洗濯物は脱水を2回にして乾燥させた方が乾きも早いです。ポリエステルに関していえば、1回で十分です。乾燥しやすいのは、ポリエステル素材の利点と言えます。

お気に入りのポリエステル100%の洋服の洗濯は手洗いがおすすめ

ポリエステル100の素材の服は、大切にしているものだと、洗濯をして本当に大丈夫かな?と思いませんか?洗濯より、手洗いの方がお気入りのお洋服を大切に扱えます。 また、元々タグに手洗い表示がついているものは、手洗いで洗うべきです。タグに書かれている表示には必ず従って、お洋服を洗って下さい。
手洗いでポリエステル100のお洋服を洗う時ですが、まず、バケツや洗面器に水を入れて、それに、弱アルカリ製の洗剤を入れます。そして、ポリエステル100のお洋服を入れます。その際、少し叩く感じで服についている汚れを取りましょう。

脱水する時は、簡単に済ませたいのなら、洗濯の脱水機能を使用しましょう。その方が楽に脱水できます。

もう一度ボケツや洗面器に洗剤と柔軟剤を入れて、少し染み込ませて、水気を取れば、それで終了です。

洗濯の部分でも、脱水だけ、洗濯の機能を使用して下さい。ポリエステル100の手洗いを少しは楽にできます。

洗濯をしたポリエステルの洋服はシワを伸ばして干しましょう

洗濯は難しいです。折角お洗濯をしても、お洋服にシワがついてしまい、「残念」と思うこともあります。

素材がポリエステル100でも、残念ながら、洗濯をした後のシワはつきます。

でも、干す際に、洗濯物でできてしまったシワを伸ばす感じで干すと、そのシワ、伸びやすくなります。ですので、ポリエステル100の素材で、洗濯をした後にシワができてしまっていたら、とりあえずはシワを伸ばしながら干す、これがコツになります。

また、乾燥させる時は、変にドライヤーなどは使用しないで下さい。どうしてかというと、元々ポリエステル100の素材は乾燥しやすいからです。プラス、ポリエステルは高温には大変弱いです。ドライヤーなどの高温にあてられたら、素材が縮みます。

服が縮んでしまうなんて、意外に感じるかもしれませんね。ポリエステルはとにかく乾燥しやすい素材です。そのまま干しましょう。

大切な洋服は正しい洗濯方法とケアで長く着られます

オシャレな服ほど、ポリエステル使用のものが多いです。だとすると、あなたが大切にしている服、ポリエステルを含んでいるものが多いと思います。そうすると、できるだけ長い間、着たいですよね?どうやって長持ちできるのか、それは洗濯の際に、柔軟剤を使うことにより可能になるようです。

静電気が出ると、あまり服は長持ちをしません。静電気が出ると、あなたもその服をあまり着なくなると思います。それを予防してくれるのか、上記でも紹介した、柔軟剤です。

洗濯機で洗う時でも、手洗いで洗う時でも、柔軟剤を使用して、ポリエステル100の洋服が静電気を起こさないようにして下さい。

また、タグにどんな洗濯表示が書かれているかは必ず確認して下さい。指示以外のやり方で洗濯をして、洗濯に失敗して、洋服がおじゃんになる。これは避けましょう。

ポリエステル100の洋服をどうやって洗濯すべきなのか、安全な方法だと手洗いがベストであると上記で説明しました。毛玉予防のために洗濯ネットに入れること、また、静電気予防のために柔軟剤を入れること、ご家庭に既にあるものでお洋服も長持ちします。干す際は、洗濯の際にできた、シワを伸ばしながら干して下さい。どんなに可愛い服でも、シワがあると、その可愛らしさが台無しです。