手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけませんが、かなり時間がかかるし大きい物は大変です。

そこで、洗濯機がなくてもできる手洗いでの洗濯について、手洗いで洗濯した後の脱水が簡単にできる方法や脱水だけ洗濯機を使う方法、手洗いで洗濯するメリットや手洗いで洗濯するコツなどお伝えしていきます。

これで、お困りの手洗いでの脱水も楽になりますし、洗濯機がなくてもできる手洗いのコツがわかるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯に洗剤なしの効果やメリットとオススメ代用品とは

洗濯を洗剤なしにすると効果として汚れの落ち具合や臭いが気になりますよね。もちろん、洗剤を使わなくなれ...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

洗濯物に洗剤が残る原因とは。衣類に洗剤を残さないためには

洗濯物に洗剤が残る。せっかく、キレイに洗濯したつもりなのに、衣類(特に黒いもの)に白いスジが...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

ポリエステル素材の洗濯でできたしわの取り方と上手な洗い方

ポリエステルは耐久性もあり、乾きやすい素材で、私達の洋服にも多く使われる素材です。本来はしわになりに...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯の臭い取りに重曹が活躍!重曹の消臭効果と便利な活用方法

洗濯をしたあとに嫌な臭いが気になることもあります。綺麗に洗ったはずなのに臭いがすると、何だか嫌な気持...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

スポンサーリンク

手洗いでの洗濯は脱水するのが大変です

一人暮らしを始めると引っ越しやすぐに必要な物を購入するためお金に余裕がなく、洗濯機をすぐに購入することが出来ないことがあります。自宅に洗濯機がないと、コインランドリーを利用するか手洗いする方法になります。コインランドリーを利用するとお金もかかってしまうため、節約するには自宅で手洗いしましょう。

手洗いで一番困ることは脱水です。手で絞ります。衣類は絞ることができます。力を入れすぎると服が破れてしまうので力加減には注意しましょう。大きなバスタオルなど水をたくさん含んでいる物は水を絞るのはとても大変です。しっかり絞れているつもりでもきちんと絞れていないことがあります。そのため干した時に洗濯物から水がポタポタと垂れて床が水浸しになることもあります。

手絞りで最も大変なことが、ジーンズなど固い生地です。いくら力を入れて絞っても脱水することができないので、水がしたたる状態で浴槽内に干すようにしています。浴槽内なので水が下に垂れても問題はありません。手洗いは簡単に出来ますが、脱水が大変です。

手洗いで洗濯した後の脱水が簡単にできる方法

自宅の洗濯機が故障してしまったり、旅行先で手洗いすることがありますよね。しかし洗濯機がないと脱水に困ってしまいます。手で絞ると洗濯機の脱水機能とは違いしっかりと水を取り除くことができません。

洗濯機がない場合は、手で絞った後にバスタオルに包みバスタオルに水を吸わせましょう。方法は、広げたバスタオルの半分の面に衣類を広げバスタオルで挟みます。上から軽く手で抑えてタオルに水を吸わせます。そうすることで衣類の乾きが速くなります。丁寧に畳んでタオルドライするとシワも伸びてキレイに乾きます。

洗濯機がないと洗濯機と同じような脱水は難しいので、衣類を干す時は風通しのいい場所に干すようにしましょう。

手洗いした後は脱水だけ洗濯機を使うのが一番便利

デリケートな衣類は手洗いマークがついていることが多いです。お気に入りの洋服を長く着るためには手洗いすることをおすすめします。洗濯後の衣類はたくさんの水分が含まれているのでしっかりと脱水をしましょう。水がたくさん含まれている衣類をそのまま干してしまうと、重さで衣類が伸びてしまったり、生乾きの原因になります。生乾きの状態が長く続くと嫌な臭いが発生してしまいます。自宅に洗濯機がない場合は、コインランドリーで脱水だけでも利用するようにしましょう。

デリケートな衣類を洗濯機で脱水する方法

  1. 洗濯ネットを使用
    水を少し切った後洗濯ネットに入れます。洗濯ネットに入れることで型くずれを防止したり、シワ防止に繋がります。
  2. 脱水時間は短くする
    手洗いした衣類は出来るだけ脱水時間を短時間に設定します。30秒ほどでほとんどの水分を取り除くことができます。細かい時間設定が出来ない場合は一番短い時間に設定して30秒後に取り出しましょう。脱水時間が長いとシワになったり型崩れしたり、生地が傷んでしまいます。

手洗い洗濯は節約できるしダメージも少ない

衣類を手洗いすると時間もかかるし、面倒なイメージがありますよね。しかし手洗いにはメリットがたくさんあることを知っていますか?

デリケートな衣類を丁寧に洗うため生地が傷みにくい、汚れが酷い部分をピンポイントでキレイにすることが出来る、水を節約することが出来ます。

洗濯機で洗うと、たくさんの洗濯物を一度に洗うので、汚れが落ちていないこともありますが、手洗いの場合は汚れている部分をキレイにすることができます。

洗濯機で一度に大量の衣類を洗うと摩擦によってダメージを受けやすくなります。しかし手洗いは素材によって力加減を調整することができるので生地が傷みにくくなり衣類への負担が少なくなるので、衣類が長持ちするのです。

洗濯機を使わなくてもコツを掴めば手洗いは簡単

洗濯物は洗濯機でするものだと思っていませんか?洗濯機を使わなくてもコツを掴むと簡単に手洗いすることができます。毎日こまめに手洗いすると苦になりません。お風呂のついでに洗濯をするといいです。

手洗いする前に必ず洗濯表示の確認をしましょう。手洗いの基本は押し洗いです。そして素材や色、汚れによって洗剤を使い分けるようにしましょう。脱水は出来るだけ短い時間で終わらせるようにします。

手洗いするには、水、洗剤、柔軟剤、バケツ、ゴム手袋があると簡単に洗うことが出来ます。手洗いすると手が荒れてしまう場合もあるので必ずゴム手袋を着用して手洗いしましょう。

手順

  1. バケツに水やぬるま湯と適量の洗剤を入れて洗濯液を作る。
  2. 洗濯物を入れる。
  3. 押し洗いをする。
  4. 洗剤がなくなるまですすぐ。
  5. 柔軟剤を入れ3分程度放置する。
  6. 脱水する。
  7. 形を整えて干す。

洗濯機がなくても簡単に洗濯物を手洗いすることができます。是非参考にしてみて下さい。