赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっしゃいますよね。しかし赤ちゃんの衣類だとどうでしょうか?新生児の肌着だと、やはり水通しを一度しておいた方が安心です。

ここではなぜ水通しをする必要があるのか?また洗濯機で水通しをする場合、ネットは必要か?など、気になる新生児のお洗濯事情についてご紹介をいたします。

水通しについてや、新生児の衣類を手洗いにするか、洗濯機を使用するかなど、洗濯方法を迷った時に参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯の時の洗剤は水量にあわせた洗剤量が基本。測り方の目安

全自動洗濯機をお使いの場合は、洗濯物を入れてスタートボタンを押すと洗濯物にあった水量が表示されると思...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

上靴の黒ずみ汚れの落とし方!汚れも臭いも綺麗にスッキリ退治

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴の黒ずみ汚れ。どのような方法で洗えば綺麗になるのか、落とし方につ...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

カーテンを洗濯してカビを取り除く方法と日頃からできる予防対策

カーテンを洗濯してカビを取り除くには、その前に落とせるカビを落としておくことも大切です。そして、カー...

スエードの靴を自宅でキレイにする方法!自分で洗う正しい洗い方

秋や冬に大活躍するスエードの靴。汚れないように気を付けて履いていても、どうしても汚れが目立ってくるこ...

黒カビ【衣類】落とし方!重曹を使う方法とカビから守る予防対策

黒カビを衣類に発見したときは速やかに落とすのが鉄則です。衣類についた黒カビの落とし方は重曹を使え...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

洗濯によってシミを洗剤で頑固な汚れもスッキリ落とすコツ

洗濯をするときにシミを洗剤で落としてから洗うと気になるシミもキレイに落とすことができます。ただ、シミ...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

洗濯の臭い取りは洗剤の量や使い方によって解消できることを解説

洗濯の臭い取りには、洗剤の使い方や洗濯の仕方を見直してみてはいかがでしょうか。洗濯したのに洗濯物...

スポンサーリンク

赤ちゃんの服を水通しするのはなぜ?その理由について

私は赤ちゃんを二人産んで育てましたが「水通し」という言葉を知りませんでした。何か特別な事柄なのかと思いましたが、知ってみると単に洗剤を入れないで洗うだけの事です。そうです、水通しは洗濯をするときに洗剤を入れないだけで行うことができます。
それならば私も行いました。新品の衣類はゴワゴワするので洗うものだと母に教えてもらいました。
私は普段から赤ちゃんの衣類だけではなく自分の衣類でも、パジャマや下着や靴下、カットソーなど洗えるものは着用する前に洗います。
新しい繊維には製造の工程で使用するホルムアルデヒドという物質が含まれていて、これは人体に有害である事がわかっています。水で洗う事により除去することができます。

また、新しいタオルをそのまま使用すると全然水を吸わないという経験をされた方は多いのではないでしょうか。新しい繊維は糊が付いていたりして吸水性が良くないので、一度洗ってから使用すると気持ちよく使用する事ができます。

赤ちゃんの衣類は購入したら水洗いをして水通ししておきましょう。

生まれて間もない赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。それでいて新陳代謝が豊富なので汗を沢山かきます。

私は男の子を二人育てていますが、生まれてから間もない時期の赤ちゃんの汗のにおいに驚きました。顔を赤ちゃんの頭の近くに寄せた時にフワッと脂臭い汗のにおいが鼻につきました。「まさか赤ちゃんがこんなおじさんのような汗臭い匂いがするはずがない」と思ってよく嗅いでみましたが間違いありません。この汗臭さは女の子の赤ちゃんのお母さんに聞いても「わからない」というだけで、男の子のお母さんは口を揃えて「赤ちゃんは汗臭いよ」と言うので、どうやら男の赤ちゃんだけが汗臭いようです。
しかし、この匂いはある程度成長するとしなくなります。いつまでしたのかはっきりと覚えていませんが、1歳の時には子供のいい匂いになっていたように思われます。

洗濯機で行うネットを使った水通しの方法

洗濯槽の裏側にはとても汚れが付きやすくカビも生えやすので、定期的な洗浄が必要です。特に水通しをする前には清潔な状態にするように気をつけましょう。
槽洗浄を行った直後の洗濯は危険です。まだ残っていたゴミが出てくる場合があります。槽洗浄を行ってから一度普通に洗濯を行ってから赤ちゃんの衣類を水で洗いましょう。
衣類だけではなくおくるみやバスタオルなど、赤ちゃんに触れる洗える布類は全て水通ししておくと良いでしょう。

私はお祝いで赤ちゃん用のくたくたしたウサギのぬいぐるみを頂きました。これも水通ししてから赤ちゃんに持たせました。赤ちゃんはこのぬいぐるみの手足をよだれでべちゃべちゃにして「ジュージュー」と音をたてながら吸い付いていました。中の成分を全て吸い尽くす勢いだったので、洗っておいてよかったと思いました。

ネットは必要?水通しは洗濯機や使わず手洗いで行う方法

洗濯機で洗う場合には、よれてしまいそうな衣類は洗濯ネットに入れると良いでしょう。

靴下などもとても小さいので行方不明にならないように洗濯ネットに入れることをお勧めします。
洗濯槽の汚れが心配な場合などは手洗いすると良いでしょう。手洗いする場合にはネットに入れなくても大丈夫です。やはり洗剤は使用せずに水洗いします。繊維の中の悪い成分や糊が取れるようにしっかりと押し洗いしましょう。
絞るのが大変な場合にはネットに入れて脱水するのもよいでしょう。
乾くまでに時間がかかると雑菌が発生して生乾き臭がする場合があります。脱水してから干した方が早く乾かすことができます。

水通しはネットを使って洗濯機?それとも手洗い?迷ったときは

水通しは洗濯機を使用しても手洗いでもどちらでも良いでしょう。

ただ、手洗いの場合にはしっかりと行わないと洗濯機よりも効果が低くなってしまう場合があります。また、手絞りには限界があるので手洗いの場合にも洗濯機を使用して脱水すると良いでしょう。

実際に赤ちゃんが生まれた後は、大人の衣類と赤ちゃんの衣類は分けて洗濯しました。赤ちゃんの衣類は肌に優しい洗剤を使用したためです。そうして赤ちゃんのお世話は大変で毎日時間との戦いでした。
そんな中で赤ちゃんの衣類を手洗いしている余裕はとてもありません。結局自宅にくると洗濯機で洗うのだから、水通しもきれいに槽洗浄した後に洗濯機で行ってよいのではないかと考えています。

まだまだある水通しの疑問について一気にご紹介

水通しした後の衣類は、最初はベランダに干していました。しかし、最近ではpm2.5などの大気汚染が酷い日があるので、私は現在では衣類は家の中に干しています。
家の中にただ干しておくとなかなか乾かないので、除湿機と扇風機を使用しています。
大気に問題がなければ外で天日干しすると日光消毒になり最高の仕上がりになるのですが。環境の問題は巡り巡って必ず自分やその子供達に戻ってきます。子供が居ると地球環境を気遣う気持ちがより強くなりました。洗濯の洗剤も現在では合成洗剤をやめて環境に優しいものを使用しています。子供の出産により身の回りの製品の有害性を意識するようになり、できるだけ身体と環境によい製品を使用して行きたいと思います。