洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」
あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。

洗濯物のクサイ臭い取りには、重曹の出番です!

ですが、「ニオイ」の原因によっては、重曹だけではニオイを除去しきれないことも…

そこで、今回は洗濯物につくニオイの原因や、洗濯物を匂わせないためのコツ、干し方の工夫なども合わせてご紹介いたします。

これでもう、洗濯物からイヤーな臭いがしても怖くない!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯のやり方を知りたい!手洗いでの洗濯方法とそのメリットとは

洗濯のやり方について。洗濯物を洗うのは、洗濯機の仕事。そんなふうに、思ってはいませんか?...

布巾の正しい洗い方!簡単に洗う方法と干し方で清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾を洗うとき、どのような洗い方をしているでしょうか。キッチンで使った布巾には菌...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

部屋干しの臭いは洗剤で防止できる?生乾き臭を防止する方法

一人暮らしをしていると、防犯上の理由や時間の都合から、部屋干しをする方が多く見られます。しか...

油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。そんな時に...

手洗い洗濯のやり方のコツを掴めば繊細な洋服でも自分で洗える

手洗いで洗濯するやり方は、洋服の素材や種類によっても違います。シワになりやすい繊細な洋服も正しい手洗...

洗濯物の臭いの取り方!嫌な臭いは熱湯で簡単に取り除ける

洗濯をしたのに洗濯物から臭いがする。そんな時ありますよね。その臭いの原因は生乾き臭!そして生乾き臭の...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

洗濯で漂白したらピンクになった理由や変色を取る方法と予防策

洗濯物が漂白剤を入れたのにピンク色になってしまった経験はありませんか?実はその漂白剤にあるものが反応...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

スポンサーリンク

洗濯物についた臭い取りをする前に。ニオイの原因を知ろう

綺麗に洗ったはずなのに、洗濯物が臭ってしまう事があります。

特に室内干しの洗濯物は、生乾きのニオイが気になります。

洗濯物のニオイって一体何なんだろう?
  • 汚れの洗い残し?
  • 洗濯機の故障?
  • 洗濯洗剤が合っていない?

色々な原因が予想されますが、洗濯物が臭いの主な原因は「雑菌」なのです。

雑菌は湿気が大好きなので、濡れた洗濯物が大好きです。

洗濯物に残ったわずかな汚れをエサに雑菌は繁殖します。

洗濯をしても、洋服の繊維の奥に染み込んでしまったわずかな汚れまで綺麗にする事はなかなか難しく、雑菌のエサをすべて取り除く事は不可能と言えます。

洗濯物だけでなく、洗濯機にも雑菌が繁殖している場合があります。

洗濯が終わった洗濯槽は湿気でいっぱいで、雑菌が繁殖しやすい状況になっています。

また、洗濯槽の中には洗濯物から落ちた汚れや洗剤カスが残っているので、雑菌のエサがたくさんあります。

洗濯槽は定期的に掃除する必要があり、頑固な汚れが溜まっている場合はプロのクリーニングを頼む必要があります。

洗濯物の臭い取りに「重曹」って使えるの?ニオイ消すなら重曹と〇〇を使って

重曹は掃除に活躍するアイテムとして有名ですが、洗濯に使う事もできます。

重曹は、自然由来で環境にも人にも優しいアルカリ剤です。

重曹には汚れを落す効果だけでなく、消臭効果があります。

嫌なニオイを強い香りで誤魔化すのではなく、ニオイを素から消す事ができます。

普段の洗濯の際に重曹を少しプラスすると、消臭力がアップするだけでなく、洗浄力もアップします。

また、重曹と一緒にクエン酸を使えば、更なる効果が期待できます。

クエン酸に雑菌の繁殖を抑える効果があり、重曹と混ぜても何も問題ありません。

重曹とクエン酸を使った洗濯方法

  1. 重曹を水に溶かしてペースト状にして、汚れとニオイの気になる洗濯物に揉み込みます。
  2. 水200mlにクエン酸小さじ1を溶かしてクエン酸水を作ります。
  3. クエン酸水を重曹ペーストを揉み込んだ洗濯物に吹き付けます。
  4. 30分ほど放置してから洗濯機に入れて通常通り洗濯します。
  5. 脱水まで終わったら、手早く干してしっかり乾燥させましょう。

洗濯物の臭い取りで重曹の効果を得られなかった時には

重曹を使って洗濯しても、臭い取りの効果があまり感じられない場合は、酸素系漂白剤を使って洗濯をするのがおすすめです。

酸素系漂白剤は重曹よりも殺菌効果が高く、雑菌を除去する事ができるので、洗濯物の臭いを取る効果が期待できます。

塩素系の漂白剤だと、漂白力が強すぎて色落ちや生地を傷めてしまう原因になってしまうので、塩素系ではなく酸素系を使って下さい。

同じ酸素系漂白剤でも、液体タイプのものよりも粉末タイプのものの方がより殺菌効果が高いのので、粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

  1. 洗濯機にぬるま湯を入れ、酸素系漂白剤の粉末タイプを入れて溶かします。
  2. 洗濯物を入れて、1時間つけ置きします。
  3. ぬるま湯が冷めないように、洗濯機の蓋は閉めておきましょう。
  4. つけ置きが終わったら、軽くすすいで、あとは洗濯機でいつも通りに洗濯するだけです。

洗濯物をお風呂の残り湯で洗う時の注意点

洗濯にはお風呂の残り湯を使うという家庭も多いと思います。実はお風呂の残り湯には、大量の雑菌が潜んでいます。また、皮脂汚れや垢もたくさん含まれているため。残り湯だけで洗濯してしまうと、キレイになるどころか逆に雑菌を増やしてしまう事になりかねません。そのため、洗濯にお風呂の残り湯を使う場合は「洗い」だけに使うようにして「すすぎ」にはキレイな水道水を使いましょう。

お風呂に入った直後の残り湯は、水温が高く洗剤の効果が最大限に発揮され、洋服に付いた汚れが落ちやすくなる効果もあります。

残り湯を使う場合は、入浴直後の温かい状態の残り湯がおすすめです。

時間が経った残り湯は、お湯の温度が下がるだけでなく雑菌がどんどん繁殖してしまいます。

お風呂に入る時に入浴剤を入れる人は、残り湯を使って洗濯する事はできません。

入浴剤を使った残り湯で洗濯をすると、洗濯物に色が移ってしまう事があるのでやめましょう。

残り湯を使った洗濯は、入浴直後の透明な残り湯を使うのが鉄則です。

もう二度と、洗濯物を臭くしない!洗濯物にニオイをつけないためには

洗濯物にニオイをつけないためには、洗濯機本体をキレイに保つ必要があります。

洗濯槽に雑菌やカビが繁殖してしまっていると、洗うたびに洗濯物に菌を移してしまうことになります。

洗濯槽クリーナーなどを使って、定期的に掃除をするようにしましょう。

洗濯槽がキレイになったら、あとは洗濯物の雑菌の繁殖を防ぐだけです。

雑菌は湿気が大好きです。

濡れている状態が長くならないように、洗濯物を早く乾かす工夫をしましょう。

洗濯物を早く乾かすには、なるべく水分が少ない状態で干すのが理想的です。

脱水時間を普段より増やしたり、2回脱水するなどして、干す前の洗濯物の水分を最小限に減らしましょう。

洗濯物を干す時は、風の通り道を意識する事が大切です。

干す間隔が狭く、風の通りが悪ければ洗濯物をなかなか乾きません。

ある程度の間隔を空けて、風が通り抜けるようにしておきましょう。

ズボンのポケットを表に出したり、フードの付いた洋服は逆さまにして干すなど、洗濯物の重なりをなるべく作らないようにするのもポイントです。

部屋干しの場合は、扇風機やエアコンを利用して風を送り込んであげてください。

湿度が高い場合は、除湿機を使うようにしましょう。