洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富に揃っているのでオススメです。

これから洗濯ネットの購入やサイズに迷われているあなたのために、ここでは100均の洗濯ネットはサイズや種類、100均の大きいサイズの洗濯ネットの便利さ、100均の洗濯ネットのメリットやオススメ、洗濯ネットを賢く使うコツ、さらにファスナーを壊さずに上手に使うポイントをお伝えしていきます。

これであなたも洗濯ネットに迷わない!むしろこれから洗濯が楽しみになるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯【一人暮らし編】やり方の基本や上手なコツと部屋干し方法

洗濯について一人暮らしを始めてやり方がわからないとお悩みのあなた。洗濯は洗濯機がボタンひとつでや...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

血液が付いた物を洗濯する方法!落とし方やコツについて

血液汚れは洗濯による正しい落とし方でシミになるのを防ぎましょう。小さいお子さんがいると鼻血や擦り傷な...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

洗濯物をいい匂いにする方法について知りたい

香りにこだわりのある人は、洗濯物からいい匂いがするとそれだけで気分が良くなります。洗濯物をいい匂...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

洗濯と漂白で黄ばみを落とす対処法、黄ばみを防ぐ対策

洗濯をただするのではなく漂白も加えることで黄ばみを落として衣類を白くすることができます。それには、正...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

スポンサーリンク

100均の洗濯ネットはサイズも種類も豊富

洗濯ネットは様々なサイズや形、生地や柄付きのものがあり、100均でも豊富に選べます。

  • 小さいサイズのネット
    靴下類や下着類の小分けに
  • 厚みがあってフワフワしてるネット
    デリケートな衣類に
  • 好みのもので選ぶネット
    柄、色、キャラなど
  • 種類(形)別のネット
    下着用、シャツ用、毛布用など
  • 用途や生地別
    デリケート用、汚れをしっかり落としたいものなど

洗濯ネットを洗濯以外で使う場合

  • 旅行の時の衣類整理
    行く時は衣類の種類別で小分け整理できて、脱いだものはそのまま入れれます。
    帰ったらそのまま洗濯機へ入れる事が出来ます。
  • お風呂で使うおもちゃなどの収納
    網目の粗い大きめのネットなら、多少濡れても水分が乾きやすいです。
  • アウトドア用品や砂遊びセット、ガーデニングセットなど
    網目の粗いネットは、細かい砂も落ちてくれます。
  • 野菜の収納
    通気性が損なわれないので、ビニール袋などよりもおすすめです。

100均の大きいサイズの洗濯ネットは便利

ネットに衣類を入れる時は少し大きめで余裕のあるタイプを選ぶほうが使い道が多く便利です。

100均で市販されているものも、大きさや入る目安の記載がされているので確認しましょう。
種類別で分けてネットに入れる事で、生地の傷みや絡まりを防いでくれる効果がありますが、大きめのネットを選ぶ事で数枚入れる事が可能になります。
入れすぎてしまうと洗浄化が落ちてしまうので注意が必要です。

シワが気にならないものなら円柱型の洗濯ネット

  • タオル類など ・・・ 直径で42センチ、幅50センチもあればタオルが3枚位余裕もって入ります。
  • 下着類など ・・・ 30センチ位のものが余裕もって入ります。

使用していくうちに、足りないと感じたサイズを買い足していきましょう。

100均の洗濯ネットのメリットやサイズ、オススメのタイプについて

洗濯をする時には、洗濯ネットは必需品と言っていいほど使用します。

100均にもサイズはもちろん、生地や形などたくさんの種類から選べます。
用途別に使えるサイズ、形が欲しいですし、可愛いものもあってお財布にも優しく気軽に買い替えやすい100均で探してみましょう。

洗濯ネットを使用するメリット

  • 生地の傷み、絡み軽減
  • シワの軽減
  • 色移りの可能性を抑える
  • 飾りなどが取れてしまわないように

おすすめの洗濯ネット

  • ネットが2重になっているもの
  • 厚みのあるもの
  • 型崩れ防止効果があるもの
  • ファスナーにストッパーが付いているもの

どのようなものを洗う時に使用するかを考えて、大きさや形、機能を選びます。用途別や、入る枚数の目安の記載がされているので参考にしましょう。

洗濯ネットを賢く使うコツとポイントとは

洗濯ネットはたくさんのサイズや種類がありますが、賢く使用しましょう。

洗濯ネットの網目

  • 細かいもの ・・・ タイツ、下着、デリケートな衣類などから守ってくれ、色移りもしにくくなります。
  • 粗いもの ・・・ ネットに入れてある程度は守りながら、汚れもしっかりと落としてくれます。

洗濯ネットの大きさ

  • 大きめのもの
    シワや色移りの心配がいらないものを、複数枚まとめて洗う時に便利です。余裕を持って入れる事で汚れが落ちやすくなります。
  • 小さめのもの
    ぴったりと収まる位の大きさに1枚ずつ入れる事で摩擦が減ってダメージが少なくなります。

洗濯ネットは種類別に使う

色移りする可能性のあるものは一緒にしない事はもちろん、種類や素材別に分けて、それぞれに合った洗濯ネットを選びましょう。

100均の洗濯ネットの注意!ファスナーを壊さずに上手に使うには

洗濯ネットを何度も使用しているうちにファスナーが壊れて取れてしまう場合があります。

洗濯ネットのファスナーが取れてしまう原因

  • 古くなっている
  • 負担がかかっている

 

洗濯ネットのファスナーを長持ちさせる方法

洗濯ネットも干します。

洗濯ネットを使用した後は濡れたままにしておかないで、しっかりと干して乾かしましょう。

すぐに乾かす事によって、カビや傷みの軽減になります。

ファスナーが絡まないようにする

乾いた洗濯ネットは、ファスナーが絡まってしまわないようにする為にもたたんで保管しましょう。
たたむ事によって並べて整理しやすく、見た目に良くなるだけでなく使う時に選びやすくなります。

また、洗濯している時にファスナーが絡まったり開く事の予防として、100均の洗濯ネットにもファスナーのストッパーが付いているものが多くあります。

ちょっとした一手間ですがファスナーにかかる負担を減らしましょう。