【上靴の洗い方】洗剤を入れてつけ置きで汚れも臭いもスッキリ

お子様の上靴は、室内でしか履いていないはずなのに、どうしてあんなに汚れるのでしょうか。特に薄い色だと汚れが目立ち、臭いも気になります。そんな汚れた上靴には、洗剤を使った、つけ置きがおすすめです。
そこで、上靴の洗い方や、洗剤の選び方についてご紹介します。
汚れた上靴は、つけ置きなしでは、そう簡単に汚れは落とせません。キレイに洗って気持ちのよい上靴で、毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

洗濯の時の洗剤は水量にあわせた洗剤量が基本。測り方の目安

全自動洗濯機をお使いの場合は、洗濯物を入れてスタートボタンを押すと洗濯物にあった水量が表示されると思...

黒カビ【衣類】落とし方!重曹を使う方法とカビから守る予防対策

黒カビを衣類に発見したときは速やかに落とすのが鉄則です。衣類についた黒カビの落とし方は重曹を使え...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯に洗剤なしの効果やメリットとオススメ代用品とは

洗濯を洗剤なしにすると効果として汚れの落ち具合や臭いが気になりますよね。もちろん、洗剤を使わなくなれ...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

洗濯のシミ抜き!ボールペンインクの種類別の落とし方や応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、ボールペンのインクがうっかり服についてしまったときは、そのボールペンのイ...

洗濯表示。新しい一覧表のわかりやすい見方をご紹介します!

洗濯表示が新しくなりました。一覧表に並ぶ、マーク・記号を正直、全部は覚えられません。そんな、...

赤カビの原因と取り方。服に付いた赤カビの落とし方

服にピンク色の汚れができた場合には赤カビが原因かもしれません。赤カビと言うと浴室では見かけることがあ...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。そんな時に...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

スポンサーリンク

上靴の洗い方は洗剤液につけ置きするのが効果的

夏休みや冬休みなど、幼稚園や学校から子供が上靴を持って帰ってきます。

室内で履いているはずなのに、真っ黒に汚れていて、びっくりするなんて事もあるのではないでしょうか。

汚れた上靴は、つけ置きしてから洗うと綺麗になります。

  1. バケツに少し熱めのお湯を入れ、洗濯一回分と同じ量の洗剤と漂白剤を溶かします。
  2. そこに上靴を入れて、2時間から3時間ほどつけ置きしましょう。
  3. 時間が経ったら上靴を取り出し、つけ置きしておいた液を洗剤代わりにして、ブラシなどでこすり洗いします。
  4. バケツから洗浄液を捨てて、綺麗なお湯を入れてすすぎます。
  5. 泡が出なくなるまで、何度かすすぎをしましょう。
  6. 最後に洗濯機の脱水機能で1分ほど脱水したら完了です。

しっかり乾かしてから、幼稚園や学校に持たせてあげましょう。

上靴のつけ置きの洗い方でおすすめの洗剤

上靴のつけ置き洗いには、普段使っている衣類用の洗濯洗剤が一番身近でおすすめです。

バケツに入れるので、普段の洗濯よりも濃い濃度の洗浄液になるので、頑固な汚れもしっかり落とせます。

汚れがひどい場合は、漂白剤を使いましょう。

塩素系の漂白剤を使うと、成分の強さによりゴムの部分を傷めてしまう心配があるので、酸素系の漂白剤がおすすめです。

家中のあらゆるところの掃除で大活躍するのが重曹です。
お菓子作りにも利用させるほど安心安全な素材の重曹は、上靴のつけ置き洗いにも活躍します。
アルカリ性の性質を持つ重曹を使えば、皮脂汚れなどの酸性の汚れを中和して、綺麗に落としてくれる効果があります。
また、消臭効果もある重曹なら、上靴の気になるニオイも消してくれるでしょう。

実は、上靴のつけ置き洗い専用の洗剤もあります。

上靴専用の洗剤なので、消臭や抗菌の効果もしっかり備わっています。
気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

洗剤を使っても落ちないゴムの汚れにはハミガキ粉を使った洗い方

上靴をつけ置きして洗っても、ゴムの汚れが落ちない場合があります。

上靴のゴムの汚れには、ハミガキ粉がおすすめです。

つま先や靴底などのゴムの部分にハミガキ粉を乗せて、ブラシでゴシゴシこするだけで綺麗になります。

ハミガキ粉はどこの家庭にもあるものです。

上靴を洗うために新たに洗剤を買う必要もなく、余計なお金がかからなくて主婦には嬉しいですよね。

手軽に上靴を綺麗にすることができるので、一度試してみてください。

上靴を洗濯機で洗うという方もいるかもしれません。

コインランドリーなどでも、靴専用の洗濯機があるところもあります。

ですが、靴を確実に綺麗にしたかったら、ブラシでゴシゴシ洗うのが一番です。

洗濯機はラクですが、軽い汚れしか落す事はできません。

すすぎも大切、上靴を干す時の注意点

上靴を綺麗に洗ったつもりでも、乾くと黄ばんでしまったり、何度洗っても黄ばみが落ちない場合は、すすぎ不足が原因の可能性があります。

特に重曹などのアルカリ性の洗剤を使って上靴を洗った場合、洗剤が残ってしまっていると黄ばみや変色の原因になってしまいます。

どんなに綺麗に洗えていても、すすぎ不足のせいで上靴が黄ばんでしまうのはもったいないです。

洗い作業が終わったら、入念にすすぎ作業を行いましょう。

しっかりとすすいで水を切ったら、直射日光を避けて、日陰に干します。

紫外線は黄ばみの原因になってしまうので、必ず日陰に干しましょう。

万が一黄ばみが残ってしまったら、中性洗剤で洗ってから、酢水に2時間ほどつけておきます。

その後しっかりとすすいで水気を切ったら、風通しの良い日陰に干してください。

こうすると、上靴の白さが復活するはずです。

上靴に汚れが付きにくくなる方法

上靴を綺麗に洗っても、また汚してきてしまうのが子供です。室内でも元気に遊ぶ子供たちには、汚れなど関係ないのです。ですが、親としては上靴を綺麗に保ちたいもの…。少しでも汚れがつきにくくなるように、工夫してみましょう。

まずは、上靴に防水スプレーをかけるのがおすすめです。

布用の防水スプレーには撥水効果があるため、汚れを防ぎ、さらには汚れても落しやすいという効果があります。

外用のスニーカーにも使えるので、防水スプレーを家に一つは常備しておきたいものです。

ベビーパウダーを使う方法もおすすめです。

ベビーパウダーが布目に入ることで、汚れがつきにくくなる効果があるそうです。

また、ベビーパウダーも汚れても落しやすくなる効果があります。

防水スプレーをかけて乾かした後に、ベビーパウダーを使うこともおすすめです。

ダブルの効果でさらに汚れが防げるでしょう。

毎日使う上靴なので、汚れてしまうのは仕方ありませんが、少しでも汚れが防げて、汚れが落しやすくなれば、ありがたいものです。