洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。すすぎを1回に変えるだけでも節約にはなるので取り入れたいと思う方は多いでしょう。

ここでは、洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか心配なあなたのために、すすぎ1回の洗濯方法は可能な洗剤なら大丈夫なことや効果的なすすぎ1回の洗濯と不安なときのためのすすぎ回数を増やした洗濯、さらに洗濯機の使い方を見直しやライフスタイルに合させたお得な洗濯方法についてお伝えしていきます。

これで、すすぎ1回の洗濯を効果的に取り入れることもできますし、ライフスタイルに合させた洗濯方法によって節約も可能になるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまう...

洗濯の仕方【初心者編】これだけやれば簡単に洗濯できる方法

洗濯の仕方について初心者の場合、何から始めていいのかもわからないときもあるでしょう。洗濯はコツを掴め...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

カーテンを洗濯してカビを取り除く方法と日頃からできる予防対策

カーテンを洗濯してカビを取り除くには、その前に落とせるカビを落としておくことも大切です。そして、カー...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

スポンサーリンク

すすぎ1回の洗濯方法は可能な洗剤なら大丈夫

小さな子どもがいると食べこぼしなどで洗濯物が毎日たくさん出ることが多いです。そのため洗濯カゴがすぐにいっぱいになってしまうので毎日洗濯をしている人も多いですよね。

洗剤の種類も多くなり、すすぎ1回の洗剤もよく見かけるようになりました。洗濯の時にすすぎを1回にしても大丈夫なのか不安になることもあります。

使っている洗剤がすすぎ1回の洗剤ならすすぎ1回でも大丈夫

見分け方は洗剤容器の裏面を見ます。裏面にすすぎ1回OKやすすぎ1回と書いてあるとすすぎが1回が出来る洗剤になります。粉末洗剤やおしゃれ着用洗剤はすすぎが2回必要なことが多いので、使う場合の目安にしましょう。

洗濯する時に柔軟剤や漂白剤を使う人もいます。

すすぎ1回でも柔軟剤や漂白剤を使うことが出来る

洗剤は洗剤投入口に、柔軟剤や漂白剤も専用の投入口に入れて使いましょう。

すすぎ1回洗濯を効果的にすれば節約も大丈夫

洗濯用洗剤をすすぎ1回でも大丈夫な物も多くなりました。すすぎ2回から1回に変更すると光熱費の節約にもなります。

汚れの種類によってすすぎの回数を変えるようにしましょう。すすぎ1回にすると時間も有効的に使えるようになります。

洗濯時のすすぎには溜めすすぎと、注水すすぎがある

ためすすぎは基準の水位まで水をためその水ですすぎます。注水すすぎは、水を流し続け排水しながら洗濯やすすぎをします。注水すすぎは洗剤やゴミ残りやしにくいです。しかし水道代がかかってしまいます。注水すすぎを1回にするよりはためすすぎを2回した方がすすぎの効果もあり、水道代の節約にもつながります。

すすぎを2回から1回に変更すると1回の洗濯で約15円の節約になります。又自宅の洗濯機にお風呂の残り湯を使えるお風呂水ポンプがついている場合は、お風呂の残り湯を利用すると更に水道代を節約することができます。

すすぎ1回の洗濯で大丈夫か心配なときは回数を増やしましょう

洗濯する時、すすぎが1回でも本当に大丈夫なのか心配になることもありますよね。洗剤の裏面にすすぎ1回と記載してある場合すすぎは1回で大丈夫です。

しかし小さな子どもがいる家庭や肌が弱い家族がいる場合はすすぎの回数を増やし、洗剤残りを少しでも減らすことをおすすめします。1回のすすぎでは洗剤の成分がしっかり落ちないこともあります。肌が弱いと肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。

赤ちゃんの服はデリケートなので、衣類を傷めてしまうことがあります。服に洗剤が残っていると赤ちゃんの肌にもよくないのですすぎの回数は多くしましょう。目安としては1歳になるまではすすぎを2回にすることをおすすめします。

洗濯機の使い方を見直すとさらに節約効果もアップ

家族が多くなると洗濯物も毎日たくさんでます。洗濯物を溜めておくと衛生的に良くない感じがするのでこまめに洗っている人も多いですよね。洗濯を毎日すると水道代などの光熱費が気になることありませんか?

洗濯機の使い方を工夫すると、光熱費を節約することができます。洗濯機を1回使うとメーカーや容量によって異なりますが、電気代が約2円、水道代が約22円かかります。1回だけなら安く感じますが、1日に何度も洗濯機を回すと料金も更にかかってしまいます。

洗濯の仕方を変えると節約に繋がる

まず洗濯物の量がそれほど多くないのに毎日洗濯をしている場合は、洗濯する頻度を2日に1回にしてみましょう。そうすることで光熱費の節約になります。そして家事の負担も少なくなります。

そして洗濯するときだけお風呂の残り湯を利用すると水道代の節約になります。自身に合った方法を試してみましょう。

ライフスタイルに合させたお得な洗濯方法を選びましょう

洗濯機には、標準コース、手洗いコース、大物洗いコース、スピードコースなどがあります。メーカーによっては名前が異なることもあります。

それぞれのコースに適している洗濯物があるので衣類にあった正しい洗濯方法を選び洗濯をしましょう。

洗濯をする時、標準コースで洗濯をすることが多いはずです。

洗濯機の標準コースはタオルや肌着普段使いの洋服、パジャマなどを洗濯する場合に使用する

手洗いコースはデリケートな衣類を優しく洗いあげてくれます。ニットやセーターなど型崩れしやすい衣類を洗う場合に使用します。優しい水流で洗い脱水も標準コースよりも短い時間に設定されているので、デリケートな衣類でも縮みや型崩れのなどを防ぎ洗濯することができます。メーカーによってドライコースやおうちクリーニングなど呼び方が異なることもあります。

スピードコースはあまり汚れていない衣類を洗う場合や、時間のない時に使用します。洗う時間が短いので汚れが気になる衣類がある場合は使用しないようにしましょう。

大物洗いコースは毛布やベットパットなど大きな物を洗濯する場合です。標準のコースよりもたくさんの水と時間をかけて洗います。

洗濯をする場合は、洗濯槽の中には重たい物から下に入れるようにします。洗濯機は洗濯液の中でよく回ると洗浄効果がよくなります。効率よく洗濯をするためには重い物は最初に入れ、汚れに合わせた洗濯コースを選び洗濯しましょう。