洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を上手に活用すれば、家庭でもキレイに落とすことができます。

ここでは、家庭でできる洗濯時の漂白剤の正しい使い方について、家庭の洗濯で漂白するには正しい方法や漂白剤を使った洗濯方法、漂白剤を使うときの注意点や衣類の黄ばみを防止する予防対策などお伝えしていきます。

これで、黄ばみや汚れでもキレイに落とすことができて清潔に保つこともできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

黒カビ【衣類】落とし方!重曹を使う方法とカビから守る予防対策

黒カビを衣類に発見したときは速やかに落とすのが鉄則です。衣類についた黒カビの落とし方は重曹を使え...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

洗濯のすすぎ1回での柔軟剤!注意点と効果を発揮する使い方

洗濯に使用する洗濯用洗剤、すすぎ1回でOKと書かれているものがあります。しかしすすぎ一回では洗剤残り...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯物についたあの臭いを取るには?臭い取りにはやっぱり重曹

洗濯物についてしまったあの「ニオイ」あの「ニオイ」を取る方法をご紹介します。洗濯物のクサ...

靴を洗剤で臭いを取り除く洗い方とスッキリ無臭にさせるコツ

靴は洗剤によって臭いを取ることができます。靴の嫌な臭いを取るためには、洗剤の使い方と洗い方がコツにな...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

スポンサーリンク

家庭の洗濯で漂白するには正しい方法を

小さな子どもがいると毎日洗濯をすることが多いですよね。いざ洋服を着たら衣類の汚れや黄ばみが気になることありますよね。黄ばみが気になったら衣類を漂白してみましょう。

漂白剤とは色を取り除いて白くする薬剤のことです。一般的には用途に応じ衣料用漂白剤や台所用漂白剤があります。漂白剤は、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の2種類があります。洗濯用はこの2種類があり、台所用は塩素系漂白剤が販売されていることが多いです。

洗剤では落ちない洋服についてしまったシミや黄ばみ、まな板について食材の色などを落とす場合に使用することが多いです。

衣類を漂白する場合は酸素系漂白剤を使用しましょう。酸素系漂白剤は色柄物にも使うことが出来ますが、色落ちしないか確認してから使用することをおすすめします。正しい使い方は、洗濯機に洗濯物を入れて、洗濯機を回します。その後洗剤を漂白剤を投入口に入れます。洗濯が終わったらすぐに洗濯物を取り出し干しましょう。漂白剤は正しい方法で使用しましょう。

洗濯レベルもアップする知っておきたい漂白方法

子供はよく食べ物をこぼすことが多いので衣類の汚れが気になります。特に白い衣類は汚れや黄ばみが気になることが多いですよね。そこで衣類の汚れを漂白する方法を紹介します。

汚れの軽いものは洗濯用洗剤と液体漂白剤を一緒に使い洗濯をしましょう。シミや黄ばみが気になる部分に漂白剤を塗ります。衣類の裏に漂白剤がつかないようにタオルなどを敷きましょう。小さなシミは綿棒が便利です。大きなシミはスプレータイプの漂白剤を使用しましょう。シミの部分をドライヤーを使い温めます。シミの落ち具合を確認しながら行います。その後いつも通りに洗濯をします。

時間が経過してしまった頑固なシミや黄ばみは洗面器につけ置き洗いをしましょう。使用量の目安を守り、漂白剤を衣類洗剤を溶かした液の中に2時間程度つけ置きをします。その後洗濯機で洗濯しましょう。しみ抜きは必ず洗濯前に行うようにしましょう。

漂白剤を使った洗濯方法には注意も必要

漂白剤は衣類を白くしてくれる効果があります。効果が高いので、使い方を間違えてしまうと危険です。漂白剤を使用する場合、注意することがいくつかあります。

  1. 使用中は必ず換気をしながら行いましょう。
  2. 手につかないように注意しましょう。漂白剤が手についてしまうと、ヒリヒリしてしまう可能性があるので、必ずゴム手袋を使用するようにしましょう。
  3. 塩素系漂白剤と酸素系漂白剤を混ぜて使うことが絶対にしないようにします。有毒なガスが出てしまうため危険です。

漂白剤を多く入れると汚れが落ちやすくなるのではと思われがちですが、生地を傷めてしまう原因になったり色落ちしてしまうので分量は必ず守るようにしましょう。又漂白剤を溶かす場合は熱湯は使わないようにしましょう。漂白の効果が進みすぎて効果がうまく得られないこともあります。ぬるま湯か水を使うことをおすすめします。

漂白剤を使い洗濯する場合は分量や使用方法、注意事項を守って使うようにしましょう。

漂白して白くなったらいつもキレイなままの対策を

衣替えの季節になると気になるのが洋服の黄ばみです。特に白い衣類は気になりますよね。衣類が黄ばむ原因はいくつかあります。

皮脂汚れが洗剤でも落ちずに酸化してしまったり、洗剤が落ちきらずに酸化してしまったり、すすぎが十分でなく残ってしまった洗剤が繊維に残ってしまい、時間が経過すると変色してしまうことが考えられます。

皮脂や汗が衣類に付着し、酸化すると黄ばみます。いつも使用している洗剤では繊維の奥の皮脂を落としきれないことが多いです。そこで活躍するのが漂白剤です。

漂白剤は落ちにくい衣類の汚れに効果があります。白い衣類は清潔感が大切です。汚れをそのままにしていると周りの人が不快に感じることもあります。汚れに気がついたら早めに漂白をして対処することをおすすめします。

漂白剤を上手に活用して洗濯しましょう

シミや黄ばみや臭いなどを取り除いてくれる漂白剤を洗濯する時に使用している人も多いですよね。シミや黄ばみ汚れは、落ちやすい物と落ちにくい物があります。洗濯洗剤だけで落とせるシミや、漂白剤と洗剤を一緒に使うことで落ちやすくなることもあります。汚れをしっかり見極めて、漂白剤を上手に使いましょう。

普段の洗濯に一緒に使う場合は、液体の酵素系漂白剤がおすすめです。黄ばみの除去や殺菌効果や、色柄物などにも使うことが出来るので普段洗濯する時に洗剤と一緒に入れることで、洗剤だけでは落としきれなかった汚れや臭いも取り除く事ができます。

又洗濯物を干した時に気になる生乾きの臭い。洗濯では落ちなかった汚れが臭いを発生させています。生乾きの臭いが気になる場合は、漂白剤と洗剤でつけ置きするようにしましょう。つけ置き後にいつも通りに洗濯をすると臭いが気にならなくなります。