油汚れが衣類についた時の落とし方やコツを油の種類別でご紹介

今回ご紹介するのは、油汚れが衣類についた時の落とし方やコツです。

油汚れといっても種類があり、食用油やマヨネーズ、機械油、皮脂などがありますので、まずはどの油汚れなのかを判断することが大切です。

油の種類によって落とし方も若干違いますので、ぜひこれを参考に油汚れをきれいにしてみてはいかがでしょうか。
それでも家庭で落としきれない場合は、クリーニングに持ち込みプロにお願いしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

上靴の黒ずみ汚れの落とし方!汚れも臭いも綺麗にスッキリ退治

お子さんが学校から持ち帰ってきた上靴の黒ずみ汚れ。どのような方法で洗えば綺麗になるのか、落とし方につ...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

洗濯のすすぎは水温がポイント!効果的なすすぎ方と注意点

洗濯の仕上がりを左右するのは、すすぎで使う時の水です。特に水温がポイントで、水温によって汚れがよ...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

洗濯によってシミを洗剤で頑固な汚れもスッキリ落とすコツ

洗濯をするときにシミを洗剤で落としてから洗うと気になるシミもキレイに落とすことができます。ただ、シミ...

洗濯の基本のやり方と、その前にやる大事なポイントとは

一人暮らしを始めると家事は自分でやらなくてはいけませんね。掃除はなんとなく出来ても、初めての洗濯...

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

スポンサーリンク

衣類に付いた油汚れの落とし方、まずは何の油汚れかをチェック

大切にしている衣類に油汚れがついてしまったとショックを隠せないことや、油汚れがついてしまったけど安い衣類だからいいやと諦めてしまうこと、ありますよね。私は白い服を着ている時に限って料理中や食事中によく油をつけてしまいます。
料理や食事をする時に着替えればいいだけなのですが、ズボラな私はなかなか学習しないのです。ですが、学習しないだけではなく、どうせ落ちるしいいやとも思ってしまうのも正直なところです。

油汚れがついても正しい対処をすればある程度は落ちる

ここでは油汚れの落とし方を紹介します。
覚えておくと今後便利な時がたくさんありますよ。

まずは何の油汚れかをチェックします。

機械油なのか調味料類なのか、皮脂なのか、クレヨンなのか。
油でも様々な種類がありその油の特徴によって使用する洗剤や落とし方が異なります。

調味料類、皮脂、機械油の油汚れの落とし方について学んでいきましょう。

食用油やマヨネーズといった油汚れが衣類についた時の落とし方

衣類についた調味料類の油汚れの落とし方

衣類に油汚れがついてしまったら、どんな場合でも、どんな油汚れでも最初にしみ抜きをすることが基本です。
また、衣類の細かな繊維に絡みつく前に可能な限り早くしみ抜きするようにしましょう。

調味料類は食器用洗剤(中性洗剤)でしみ抜きすることができます。

衣類の裏にタオルを当て汚れ部分に洗剤を数滴垂らします。
手や使い古しの歯ブラシでポンポンとたたき洗いをしてしみ抜きをします。

擦すったり揉むと油汚れが広がってしまうことがありますので気をつけましょう。

その後、通常どり洗濯洗いをして仕上げをします。

どこに油汚れがあったかわからないほど綺麗に仕上がります。

調理器具や食器についた調味料の油汚れは通常食器用洗剤だけで落ちますよね。
それと同じように衣類についた調味料の油汚れも食器用洗剤が効果的なのです。

ワイシャツの襟元の気になる皮脂汚れの落とし方

ワイシャツの皮脂汚れの落とし方

ワイシャツの襟元や袖元についてしまう皮脂汚れの黄ばみや黒ずみ。
気になりますよね。

調味料の油汚れは食器用洗剤で落ちます。
同じような法則で考えると皮脂汚れに効果的な洗剤はクレンジングオイルです。

クレンジングオイルを汚れ部分に塗りもみ洗いをし、すすぎした後に洗濯で通常通り洗います。

それぞれの油汚れの特徴に効果的のある洗剤の種類や落とし方を知っていくと、油汚れがなかなか落ちないという認識はなぜあるのか不思議に思いますよね。それは洗濯機の力だけでは無理だからです。ほとんどの方がしみ抜きをせずに洗濯機へそのまま入れてしまうのが原因です。同じ主婦として、油汚れはしみ抜きさえすれば、油汚れは簡単に落ちるということをぜひ知って欲しいです。

機械油など頑固な油汚れが衣類についた時の落とし方

機械油など頑固な油汚れが衣類についた時の落とし方

機械油がついた作業服を洗うことは、とても大変です。
そもそも汚れが落ちなくて諦めてしまうこともあるでしょう。
私はそれで何着も旦那の作業服をダメにしています。ですが、ある日突然思いついたのです。
洗う前に酸素系漂白剤に漬け込んでおくとどうなのか。調味料などで汚れた衣類は酸素系漂白剤に浸けておくことで落ちるものとわかっているのですが油汚れになると、なぜか、すでに落ちないものと判断しそれすらもしなかったのです。

漂白剤の力を借りる、どんな油でも、これが油汚れの最終手段になります。

浸け置きしたら、食器用洗剤、洗濯洗剤、石鹸など中性洗剤でもみ洗いをしてから通常通り洗濯機で仕上げます。

酸素系漂白剤は消臭効果もありますので、臭いがきつい機械油に最適な洗剤です。

衣類についた油汚れには必ず40度以上のぬるま湯を使用します。
お湯は油成分を溶かし柔らかくする効果があります。これはしみ抜きの基本となりますので覚えておきましょう。

油汚れを浸け置きをするかしないか、浸け置き時間の目安はその汚れの状態によって調節してくださいね。

外出時に衣類に油汚れがついてしまった時の対処法

外出時に衣類に油汚れをつけてしまうことありますよね。
私もせっかくの外出時なのに、お気に入りの衣類なのに、とダブルパンチをくらうことよくあります。
下がったテンションを無理やり上げる瞬間はこの記事を書いている今でも鮮明に頭に浮かびます。ですが、外出時に衣類に油汚れをつけてしまったときの応急処置があることを知り、それを実践するとテンションも下がらず外出を楽しむことができるようになりました。あなたにも教えちゃいます。

お食事を共にしている相手がいたら申し訳ないですが、すぐにハンカチとポエットティッシュを持ってトイレ直行です。

トイレにはハンドソープがありますね。

服の裏側にハンカチをあて、上にハンドソープをつけます。
軽くぬるま湯で濡らしたティッシュでポンポンとたたきとるようにしみ抜きをします。
外出中なので、衣類がベチャベチャにならないよう気をつけましょう。
仕上げに乾いたティッシュで水気を十分に拭き応急処置は完了です。

帰宅後すぐに洗濯をしましょうね。

油汚れを上手く落とすことができなく衣類を捨ててしまうことがありましたが、油汚れの正しい落とし方をマスターした今では油汚れで衣類を無駄にすることもありませんし、しみ抜きの手間はかかりますがテンションが下がることもありません。

あなたも油汚れの正しい落とし方を学んで、しみ抜き上手を目指しましょう。