セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッキリ気になる汚れや臭いを落とすことができるそうです。

そこで、セスキ炭酸ソーダを使った洗濯方法やつけおき洗いのやり方と注意点などについてお伝えしていきましょう。

セスキ炭酸ソーダは肌にも環境にも負担が少ないので安心して使えるのでおすすめです。ぜひセスキ炭酸ソーダを上手にお洗濯にも使ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

白スニーカーの洗い方は重曹を使って汚れも黄ばみもスッキリ

気がつくと汚れや黄ばみができてしまう白スニーカー。そんな白スニーカーの洗い方は、重曹を使った方法...

酸素系漂白剤を使った洗濯の使い方について知りたい

酸素系漂白剤は、色柄ものの洗濯に向いている漂白剤として愛用している人も多いです。とはいえ、使った...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯物がピンクに変色!変色してしまう色々な原因と対処法を紹介

衣類を綺麗にお洗濯するはずが、洗濯物がピンク色に変色。一体何が原因でピンクになってしまったのか、困っ...

洗濯の時の漂白剤の使い方は簡単。基本的な使い方と注意点とは

掃除や洗濯など一人暮らしもなれてきた頃、洗濯物の臭いが気になりませんか?洗ったはずなのに白い...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯【一人暮らし】時間帯のベストと部屋干しのコツや短縮方法

洗濯をするのに一人暮らしだと時間が遅くなることもありますね。帰宅が遅くなって洗濯を回す時間が遅くなる...

上靴の洗い方とは?白くするコツとポイントを紹介します

黒くなってしまった上靴を白くする洗い方とは?上靴を白くするには、つけ置きにしておく、汚れに合せて洗剤...

洗濯と漂白で黄ばみを落とす対処法、黄ばみを防ぐ対策

洗濯をただするのではなく漂白も加えることで黄ばみを落として衣類を白くすることができます。それには、正...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

【黒カビを除去する方法】服についた黒カビの除去方法と予防法

クローゼットやタンスに収納していた服、いざ着ようと思って出してみたら黒カビがついていた。そんな経験あ...

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダは洗濯に使える!つけおきで効果もアップ

環境に優しいナチュラルクリーニングの代表の一つがセスキ炭酸ソーダです。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性、酸性の汚れや臭い予防に効果的

掃除に大活躍のセスキ炭酸ソーダですが、洗濯にも使う事ができます。

水に溶けやすく、そのまま排水しても自然を汚す事もないので、毎日の洗濯で活躍してくれますよ。

血液汚れには、セスキ炭酸ソーダがその威力を発揮する

血液汚れは予期せぬ事態なので、お気に入りの服を汚してしまう事もありますよね。

突然鼻血が出たり、転んで怪我をしてしまったり、思わぬ事態で洋服を汚してしまいます。

また、布ナプキンを使う人にもセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

血液汚れを2時間ほどつけ置きしてから洗濯機で洗うと、あっという間に綺麗になります。

セスキ炭酸ソーダなら、ニオイまでスッキリ落としてくれますよ。

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯方法とつけおき洗いのやり方

セスキ炭酸ソーダを使って洗濯をするときは、分量に注意しましょう。

洗浄力を高めようと思ってセスキ炭酸ソーダをたくさん入れてしまうと、洗い上がりがベタついてしまったり、独特の臭いを発生させてしまいます。

水30リットルに対してセスキ炭酸ソーダ10グラム~15グラム程度が適量

セスキ炭酸ソーダを使っての洗濯は、つけおき洗いが基本です。

時間に余裕のある時に行う事がおすすめ

  1. 洗濯機に水とセスキ炭酸ソーダを入れたら、洗濯物を入れて、そのまま3時間ほどつけおきします。
  2. つけおきが終わったら、そのまま洗濯機で3分ほど洗います。
  3. つけおきで汚れが落ちやすくなっているので、洗う時間は短く済みます。
  4. 洗いが終わったら、次はすすぎです。
  5. 通常の洗濯ではすすぎは2回が基本ですが、セスキ炭酸ソーダの洗濯ではすすぎは1回で大丈夫です。

すすぎがおわったら、脱水して洗濯物を干しましょう。

セスキ炭酸ソーダの洗濯でつけおき洗いをするときは素材に注意すること

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維、化学混紡の素材は一度繊維から離れた汚れが再び繊維に戻ってしまう再汚染を起こす可能性が高いので、セスキ炭酸ソーダでのつけおき洗いに向いていません。

絹やウールなどの素材もアルカリに弱い、セスキ炭酸ソーダでつけおきしない

デリケートな素材の洋服は、自宅で手洗いをするのも一つの方法ですが、型崩れや色落ちなどが心配な場合はクリーニング店に持っていくようにしましょう。

絶対に傷めたくない大切な洋服はクリーニング店が安心

デニムなどは丈夫な素材なので、自宅で洗濯をしても大丈夫ですが、セスキ炭酸ソーダを使ったつけおき洗いはやめましょう。

デニム素材の洋服はセスキ炭酸ソーダとの相性が良くありません。

もともと色落ちしやすいデニムは、基本的には洗わない方が良いですが、汚れが気になり洗濯する場合はデニム単体で洗うのがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダなら安心して洗濯できます

セスキ炭酸ソーダは、肌への負担が少なく市販の合成洗剤では肌荒れしてしまうという敏感肌の方でも安心して使うことができます。

色んな洗剤を試してみたけど、どれもしっくりこないという人は、一度セスキ炭酸ソーダを使って洗濯してみるのがおすすめです。

大人よりも敏感な赤ちゃんの肌にもセスキ炭酸ソーダは安心

市販の合成洗剤と比べると洗浄力は劣りますが、日常生活で着る服はそこまでひどく汚れる事はないので、問題なく使う事ができるでしょう。

汚れがひどい場合でも、つけおきをしっかりすれば綺麗に洗い上げる事ができます。

セスキ炭酸ソーダは洗濯機本体の洗濯槽の掃除にも役立つ

セスキ炭酸ソーダは皮脂や垢などの脂肪酸の汚れに強く、カビの除去にも効果的なので、ぜひ一度試してみてください。

洗濯をしても洗濯物が臭ったり汚れ落ちが悪い場合は、洗濯槽が汚れている可能性があります。

手洗い洗濯にもセスキ炭酸ソーダは使えます

洗濯物の量が少ない場合や、洗濯機で洗いたくないデリケートなものは、手洗いで洗いましょう。

手洗い洗濯の場合もセスキ炭酸ソーダが使えますが、つけおきにかなりの時間がかかってしまいます。

つけおきの時間が長ければ長いほど、汚れは落ちやすくなる

大体3時間以上はつけおきしたいので、手洗い洗濯は時間に余裕がある時に行うようにしましょう。

手洗いでは、長時間直接セスキ炭酸ソーダが手に触れるので、肌が弱い人はゴム手袋を着用するようにしましょう。

汚れがひどい靴下や、泥だらけのものなど、頑固汚れにはあまり効果がない

汚れ具合や素材に合わせて、セスキ炭酸ソーダを使うか、洗濯洗剤を使うのか、漂白剤を使うのか、それぞれに合った洗濯方法で洗いましょう。

使い方はとても簡単なのに、掃除や洗濯に威力を発揮してくれるセスキ炭酸ソーダ。毎日の家事を楽にするアイテムとして、常備しておくと重宝すること間違い無しです。

セスキ炭酸ソーダを上手に使って、掃除、洗濯を楽しく行い、ストレスフリーな生活を送りましょう。