セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッキリ気になる汚れや臭いを落とすことができるそうです。

そこで、セスキ炭酸ソーダを使った洗濯方法やつけおき洗いのやり方と注意点などについてお伝えしていきましょう。

セスキ炭酸ソーダは肌にも環境にも負担が少ないので安心して使えるのでおすすめです。ぜひセスキ炭酸ソーダを上手にお洗濯にも使ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤カビの原因と取り方。服に付いた赤カビの落とし方

服にピンク色の汚れができた場合には赤カビが原因かもしれません。赤カビと言うと浴室では見かけることがあ...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

洗濯物の臭いの取り方!嫌な臭いは熱湯で簡単に取り除ける

洗濯をしたのに洗濯物から臭いがする。そんな時ありますよね。その臭いの原因は生乾き臭!そして生乾き臭の...

洗濯の臭い取りに重曹が活躍!重曹の消臭効果と便利な活用方法

洗濯をしたあとに嫌な臭いが気になることもあります。綺麗に洗ったはずなのに臭いがすると、何だか嫌な気持...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

手洗いで洗濯する方法の事前の注意点や手順と失敗しないポイント

手洗いでの洗濯方法について、セーターを自分で手洗いするときはまずは手洗いできるかの確認が必要です。せ...

黒カビの落とし方!布についたカビ除去のコツや注意点を紹介

黒カビの落とし方には、布にできてしまった黒カビを落とす方法があります。ただし、頑固な黒カビは完全...

洗濯のすすぎ1回での柔軟剤!注意点と効果を発揮する使い方

洗濯に使用する洗濯用洗剤、すすぎ1回でOKと書かれているものがあります。しかしすすぎ一回では洗剤残り...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

油汚れを洗濯で効果的に落とせる落とし方について知りたい

油汚れが服などについてしまったら、いつもの洗濯ではあまり落とせないこともありますよね。そんな時に...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

手洗いを洗濯機でする方法で優しく洗って賢く活用するコツ

手洗いを洗濯機でする方法はとても簡単です。ただし、手洗いができる洗濯表示がないと洗うことは難しい...

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダは洗濯に使える!つけおきで効果もアップ

環境に優しいナチュラルクリーニングの代表の一つがセスキ炭酸ソーダです。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性、酸性の汚れや臭い予防に効果的

掃除に大活躍のセスキ炭酸ソーダですが、洗濯にも使う事ができます。

水に溶けやすく、そのまま排水しても自然を汚す事もないので、毎日の洗濯で活躍してくれますよ。

血液汚れには、セスキ炭酸ソーダがその威力を発揮する

血液汚れは予期せぬ事態なので、お気に入りの服を汚してしまう事もありますよね。

突然鼻血が出たり、転んで怪我をしてしまったり、思わぬ事態で洋服を汚してしまいます。

また、布ナプキンを使う人にもセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

血液汚れを2時間ほどつけ置きしてから洗濯機で洗うと、あっという間に綺麗になります。

セスキ炭酸ソーダなら、ニオイまでスッキリ落としてくれますよ。

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯方法とつけおき洗いのやり方

セスキ炭酸ソーダを使って洗濯をするときは、分量に注意しましょう。

洗浄力を高めようと思ってセスキ炭酸ソーダをたくさん入れてしまうと、洗い上がりがベタついてしまったり、独特の臭いを発生させてしまいます。

水30リットルに対してセスキ炭酸ソーダ10グラム~15グラム程度が適量

セスキ炭酸ソーダを使っての洗濯は、つけおき洗いが基本です。

時間に余裕のある時に行う事がおすすめ

  1. 洗濯機に水とセスキ炭酸ソーダを入れたら、洗濯物を入れて、そのまま3時間ほどつけおきします。
  2. つけおきが終わったら、そのまま洗濯機で3分ほど洗います。
  3. つけおきで汚れが落ちやすくなっているので、洗う時間は短く済みます。
  4. 洗いが終わったら、次はすすぎです。
  5. 通常の洗濯ではすすぎは2回が基本ですが、セスキ炭酸ソーダの洗濯ではすすぎは1回で大丈夫です。

すすぎがおわったら、脱水して洗濯物を干しましょう。

セスキ炭酸ソーダの洗濯でつけおき洗いをするときは素材に注意すること

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維、化学混紡の素材は一度繊維から離れた汚れが再び繊維に戻ってしまう再汚染を起こす可能性が高いので、セスキ炭酸ソーダでのつけおき洗いに向いていません。

絹やウールなどの素材もアルカリに弱い、セスキ炭酸ソーダでつけおきしない

デリケートな素材の洋服は、自宅で手洗いをするのも一つの方法ですが、型崩れや色落ちなどが心配な場合はクリーニング店に持っていくようにしましょう。

絶対に傷めたくない大切な洋服はクリーニング店が安心

デニムなどは丈夫な素材なので、自宅で洗濯をしても大丈夫ですが、セスキ炭酸ソーダを使ったつけおき洗いはやめましょう。

デニム素材の洋服はセスキ炭酸ソーダとの相性が良くありません。

もともと色落ちしやすいデニムは、基本的には洗わない方が良いですが、汚れが気になり洗濯する場合はデニム単体で洗うのがおすすめです。

セスキ炭酸ソーダなら安心して洗濯できます

セスキ炭酸ソーダは、肌への負担が少なく市販の合成洗剤では肌荒れしてしまうという敏感肌の方でも安心して使うことができます。

色んな洗剤を試してみたけど、どれもしっくりこないという人は、一度セスキ炭酸ソーダを使って洗濯してみるのがおすすめです。

大人よりも敏感な赤ちゃんの肌にもセスキ炭酸ソーダは安心

市販の合成洗剤と比べると洗浄力は劣りますが、日常生活で着る服はそこまでひどく汚れる事はないので、問題なく使う事ができるでしょう。

汚れがひどい場合でも、つけおきをしっかりすれば綺麗に洗い上げる事ができます。

セスキ炭酸ソーダは洗濯機本体の洗濯槽の掃除にも役立つ

セスキ炭酸ソーダは皮脂や垢などの脂肪酸の汚れに強く、カビの除去にも効果的なので、ぜひ一度試してみてください。

洗濯をしても洗濯物が臭ったり汚れ落ちが悪い場合は、洗濯槽が汚れている可能性があります。

手洗い洗濯にもセスキ炭酸ソーダは使えます

洗濯物の量が少ない場合や、洗濯機で洗いたくないデリケートなものは、手洗いで洗いましょう。

手洗い洗濯の場合もセスキ炭酸ソーダが使えますが、つけおきにかなりの時間がかかってしまいます。

つけおきの時間が長ければ長いほど、汚れは落ちやすくなる

大体3時間以上はつけおきしたいので、手洗い洗濯は時間に余裕がある時に行うようにしましょう。

手洗いでは、長時間直接セスキ炭酸ソーダが手に触れるので、肌が弱い人はゴム手袋を着用するようにしましょう。

汚れがひどい靴下や、泥だらけのものなど、頑固汚れにはあまり効果がない

汚れ具合や素材に合わせて、セスキ炭酸ソーダを使うか、洗濯洗剤を使うのか、漂白剤を使うのか、それぞれに合った洗濯方法で洗いましょう。

使い方はとても簡単なのに、掃除や洗濯に威力を発揮してくれるセスキ炭酸ソーダ。毎日の家事を楽にするアイテムとして、常備しておくと重宝すること間違い無しです。

セスキ炭酸ソーダを上手に使って、掃除、洗濯を楽しく行い、ストレスフリーな生活を送りましょう。