洗濯のすすぎは水温がポイント!効果的なすすぎ方と注意点

洗濯の仕上がりを左右するのは、すすぎで使う時の水です。
特に水温がポイントで、水温によって汚れがよく落ちたり、あるいは洗剤が残ってしまったりするので水温にも注意が必要でしょう。
また、すすぎの回数について悩んだことありませんか?
すすぎは何回がいいのか、1回でも問題ないのかといった悩みについてもお答えします。正しいすすぎ方で衣類を守りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

洗濯しても臭いが取れない原因。対処法でスッキリ取り切ろう

洗濯したのに臭いが取れない、洗濯物から汗の臭いがするとお悩みのあなた。しっかりと洗剤も柔軟剤を使って...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

スポンサーリンク

洗濯のすすぎは水温が重要。特に水温が低くなりがちな冬は注意

洗濯をした時の衣類への洗剤残りが気になる方は多いでしょう。衣類に洗剤の成分が残っていると肌に洗剤の界面活性剤の成分が付着することになります。界面活性剤は表面のバリアを壊して成分を浸透させるものなので、それが肌に付くと肌に不純物が侵入しやすくなってしまいます。それによって皮膚のトラブルが発生したり、体内に有害な成分が取り込まれてしまう危険性があります。
洗濯物をしっかりとすすぐことはとても大切なことです。

洗濯物をしっかりとすすぐには、すすぎで使用する水の温度が重要です。

洗剤は冷たい水だとなかなか流れません。冷たい水で石鹸をつけて手を洗うと、なかなかぬるぬるが取れきらないのと同じです。
水道の水温は季節や地域によって変化します。東京では、夏では20度以上ありますが冬は10度以下になります。北海道では、夏は15度くらいで冬は5度以下と、かなり水温は低くなります。

洗濯物をよくすすぐにはある程度の水温が必要なので、気温とともに水温も下がる冬は特に洗濯物のすすぎ残しに注意が必要です。

すすぎは何回がベスト?ためすすぎと注水すすぎの違いとそれぞれの使い方とは

最近ではすすぎが1回でよいという洗濯洗剤をよく見かけます。これらの洗剤はメーカーで衣類への洗剤残りを検査して作られているので、表示を確認して「すすぎ1回」となっている場合は、その通りで大丈夫でしょう。しかし、すすぎの水温が非常に低かったり洗濯物を詰めすぎているとしっかりとすすげない場合があります。

操作盤に「注水すすぎ」という項目がある洗濯機は多いと思います。この「注水すすぎ」に対して通常のすすぎは「ためすすぎ」というすすぎ方になります。この二つのすすぎ方の違いは次のようになります。

  • ためすすぎ
    洗濯槽に給水をしたら排水の栓を閉じた状態ですすぎます。ためたままの水ですすぐので、水はだんだんと汚れてきます。そのため、標準の洗濯コースでは2回すすぎを行います。
  • 注水すすぎ
    洗濯槽に給水が完了したら、排水の栓を開けて給水を続けながらすすぎます。そのため洗濯槽内の水がかけ長し状態となり常に入れ替わるので、最後まできれいな水の中ですすぐことができます。しかし、すすぎの間中給排水を続けるので水をたくさん消費します。

洗濯で衣類に洗剤を残さない、最も効果的なすすぎ方

洗濯物を効果的にすすぐには、ある程度の水温が必要です。

水温20度でためすすぎで1回すすぐと洗剤は半分程度減り、2回で7割程度落とすことができ、3回すすぐと2割程度まで落とすことが出来るようです。
注水すすぎでは1分程度で半分くらい、6分程度で2割程度まで落とすことが出来るそうです。
水温を40度にした場合は、ためすすぎ1回で2割程度まで、注水すすぎでは1分程度で2割程度まで落とすことができます。
もちろん洗剤の種類によって結果は異なりますが、すすぎの水温が高いほうが格段にすすぎの効果は高くなることがわかります。

洗濯物を効果的にすすぐには、温水を使用すると少ない回数でも効果的に洗剤を落とすことができます。
洗濯物を終えた後の洗濯物の臭いをかいで見ましょう。

洗剤の臭いがするということは、それだけ洗剤の成分が残っているという事です。柔軟剤を入れていると洗剤の臭いが柔軟剤の香りでかき消されてわかりません。一度柔軟剤を入れずに洗濯して臭いを確認してみると、どのくらい衣類に洗剤が残っているのかがわかります。あまりに洗剤の臭いが強い場合は、温水でのすすぎを試して臭いを比較してみると良いでしょう。

洗濯のすすぎを1回にした場合の節水効果と使いこなす際のポイント

洗濯機には標準コースの他に様々なコースが設定されています。
その中で、「スピードコース」が搭載されている洗濯機は多いと思います。
洗濯を早く終える事ができるので忙しい方では使用している方も多いと思います。しかし、スピードコースでは何を短縮して時間を短くしているのでしょうか?

  • 洗う時間を短く設定している
  • すすぎは標準コースでは2回のところ、1回にしている。
  • 脱水の時間も短くなっている。

大抵の洗濯機では上記のようにして洗濯時間を短くしています。
洗いや脱水の時間の短縮だけでは大きく時間を短縮する事はできません。すすぎを2回から1回に減らすと半分の時間でよいので、ここで大きく時間を短縮しています。
では、通常の洗剤でスピードコースを利用するとどのような問題が発生するのか…。
そうです、すすぎが充分に行われないという事です。通常の洗剤は2回すすがないと残留洗剤がかなり多くなってしまいます。

スピードコースを使用する場合は、すすぎが1回だけでもよい洗剤を選びましょう。

洗濯のすすぎで使う水を、残り湯を使うメリットと注意点

お風呂の残り湯を使用する場合のメリットとデメリットをあげてみます。

【メリット】

  • 水道水の使用量が減る。
    例えば、水位30リットルで洗濯する場合で考えてみます。「洗い」と「すすぎ」2回全てで90リットル水を使用するところ、「洗い」「すすぎ」1回をお風呂の残り湯で行うと、2回目の「すすぎ」だけ水道水を使用するので、水道水は30リットルだけで済みます。お風呂の残り湯を使用すると、水道使用量は3分の1に減らすことができます。
  • 衣類の汚れ落ちが良くなり、すすぎもよくできる。
    温水で洗うと汚れをよく落とす事ができます。すすぎは1回目だけに使用しますが、それでも衣類の洗剤を冷たい水よりもしっかりと落としてくれます。

【デメリット】

  • 雑菌が多い
    人が入浴した後のお湯には雑菌が沢山含まれていて、衣類に付くと臭い発生の原因になります。雑菌は時間の経過とともに増殖します。
お風呂の残り湯を使用する場合は、全員が入浴した後すぐに洗濯機を回しましょう。また、お湯取りホースにはフィルターが付いていますが、おおまかなゴミはネットですくっておくとフィルターが詰まりづらくなります。