洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。
しかし、洗濯初心者にとっては洗濯ネットの使い方も悩むところ。

ここでは、そんなあなたのためにワイシャツのしわを防止する洗濯ネットの使い方やワイシャツの洗濯にオススメな洗濯ネット、ワイシャツの正しい洗濯方法やシワにならない干し方の工夫についてお伝えしましょう。

これで、明日からはしわくちゃなワイシャツになりません。
面倒なアイロンからも開放されますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

染み抜き【血液】裏技を紹介!簡単にできるコツやおすすめ

服に付いてしまった血液の染みはなかなか落ちないのが難点。そんな血液を簡単に染み抜きすることができ...

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのか洗い方の見直しで節約も叶う

洗濯はすすぎ1回でも大丈夫なのかと心配になりますよね。すすぎを1回で可能な洗剤は最近多く見かけます。...

洗濯しても臭い原因を取り除く方法と臭わせないためにできること

洗濯しても臭いがする原因は、毎日の洗濯の仕方を見直すとみえてくるかもしれません。例えば、洗剤の使い方...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯表示のドライ・バツの意味は?洗濯表示でわかる洗濯の方法

洗濯表示を確認したら「ドライ」と書かれている記号にバツマークが!この表示の意味がわからずに困っている...

洗濯物を入れっぱなしにすると嫌な臭いが!洗い直しが必要な理由

洗濯をしたのに、つい他の家事をしていて洗濯物を入れっぱなしに。なんて事ありますよね。すぐに気がつくと...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯機の使い方で柔軟剤を入れるタイミングや効果を引き出すコツ

洗濯機の使い方について、柔軟剤を使ってみたけどあまり効果を感じられなかったというあなた。柔軟剤を入れ...

洗濯に重曹やセスキ炭酸ソーダが使える!洗濯方法と効果を解説

洗濯をする時、重曹やセスキ炭酸ソーダを洗剤の代わりに使用することができるこはご存知でしょうか。重曹や...

洗濯物とティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまった時の対処法

洗濯物を干そうとすると、細かい白い物があちこちについている。その正体はなんとティッシュ!洗濯物と...

洗濯機にお風呂の残り湯を使う使い方!風呂水のメリットを解説

洗濯をする時にお風呂の残り湯を使いたいと考えている人もいますよね。でも、洗濯機に風呂水を入れて使う使...

洗濯に重曹は使える?洗剤の代わりに重曹を使う効果と洗濯方法

小さなお子様や赤ちゃんのいるご家庭では、なるべく子供に優しい物を使用して洗濯をしたいと考えますよね。...

洗濯物の干し忘れで付いてしまった臭いをスッキリ取る方法

洗濯していたことを忘れ、うっかり洗濯物を干し忘れてしまった、という経験はありませんか?また、洗濯物を...

スポンサーリンク

ワイシャツのしわを防止する洗濯ネットの使い方とは

洗濯したワイシャツがしわしわになってしまった経験はありませんか?
しわしわになってしまったワイシャツはアイロンをかけるとしわは取れますが、アイロンがけって結構面倒な作業ですよね。

そこで洗濯ネットを使用するとワイシャツのしわを防いでくれるという情報を聞いて、早速利用したい人もいるでしょう。
でも、洗濯ネットの使い方がいまいちよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

しわができてしまうのは、水を含んで膨らんだ繊維の分子が、他の衣類とこすれてバラバラになってしまう事も理由の1つです。
そこで、他の衣類とこすれるのを減らす洗濯ネットを利用する事で、しわを予防する事ができます。

では、洗濯ネットへ、ワイシャツを入れて使う方法を紹介します。

最初にワイシャツは裏返しにしておきましょう。汚れがよく落ちますよ。
それから肩幅の中程でまっすぐに折り、袖の付け根からシャツの中心軸と並行になるように袖を折り返します。 もう片方の袖も同じように折りましょう。

そして袖の部分を折り返して、さらに全体を1回折り返します。
後は、洗濯ネットの大きさに合うように整えてネットに入れます。

洗濯前にワイシャツを裏返してキレイに畳んで洗濯ネットに入れてシワを防ぐか、そのまま洗濯機にワイシャツをポイっと入れてしわしわになったワイシャツにアイロンをかける。
あなたはどっちがいいですか?

特に白いワイシャツは洗濯ネットに入れて洗うべき。使い方について

ワイシャツの中でも白のワイシャツをたくさん持っている人が多いですよね。

この白いワイシャツほど、洗濯ネットに入れて洗う事がおすすめです。

白いワイシャツに色移りしないように洗濯ネットに入れて洗う

洗濯をする時は、一度で終わらせたいので色物柄と白物のワイシャツをわけて洗濯するなんて手間をかけている人は少ないでしょう。
そこでどんな衣類も気にせずに洗濯機に詰め込んでいるのではないでしょうか?

そうすると、洗濯中に衣類同士が絡まってしまい、他の衣類から摩擦で色が移ってしまう事があります。
なので、洗濯ネットに入れて白いワイシャツは洗濯するといいですよ。

白いワイシャツは汚れが気になっても、洗濯ネットを利用しよう

色移りの心配があるので、洗濯ネットに入れた方がいいのは理解しても、汚れが気になる場合は洗濯ネットを利用しないでそのまま洗濯機に入れてジャブジャブと洗った方が汚れが落ちると思っていませんか?

しかし、ネットに入れる前に下準備をする事によってネットに入れないで洗った時と同じように汚れが落ちますよ。

その方法は、食器用洗剤と重曹を混ぜ、それをスポンジなどで汚れが気になる箇所に塗り込むようにするのです。

特に襟袖の汚れが気になりますよね?その箇所に食器用洗剤と重曹を混ぜた物を塗ってから洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

洗濯ネットの使い方!ワイシャツの洗濯にオススメなのは薄い角型

ワイシャツを洗濯する時は、洗濯ネットに入れて洗濯するのがおすすめですが、洗濯ネットは色々な形や網目の細かさに違いがありますよね。

そこで、ワイシャツにはどんな洗濯ネットがオススメか紹介します。

オススメの洗濯ネットは、角型で薄く、目が粗いもの

とりあえず洗濯ネットに入れて洗濯したらいいと思い買いに行った時、形や網目の細かさに違いがある洗濯ネットが数種類販売されていて、どれがワイシャツの洗濯に適しているのか迷うかもしれませんが、オススメは角型で薄く目が粗いものです。

目が粗い洗濯ネットがオススメの理由とは

洗濯ネットの目が細かいと衣類の生地の傷み防止になりますが、その反面、汚れが落ちにくくなってしまいます。
なので、ワイシャツを洗濯する時は目が粗い洗濯ネットがオススメです。

ワイシャツの正しい洗濯方法とは

ワイシャツを洗濯する時は、角型で目が粗い洗濯ネットに入れて洗濯するまではおわかりいただけたと思いますが、正しい洗濯方法について紹介します。

洗剤に漂白剤もプラスして

ワイシャツを洗濯する時は、洗濯洗剤に漂白剤もプラスするのがオススメです。
漂白剤も使用して洗濯をすると、洗剤だけでは落としきれなかった汚れもキレイになるでしょう。
漂白剤は酸素系漂白剤の液体タイプを使用すると便利です。
洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗濯する事ができ、白いワイシャツだけではなく、カラーのワイシャツにも使用することができます。

1回で洗濯する量は洗濯機の7~8割の量で

ワイシャツの汚れが気になる部分に下準備をしてからたたみ、洗濯ネットにいれれば後は洗剤などを投入してスイッチを押すだけですよね。しかし、ここで気をつけてほしいのは洗濯物の量です。
たくさん入れすぎてしまうと、洗濯物が絡まってしまう原因にもなり、しわができやすくなってしまいます。また、汚れも落ちにくくなるでしょう。
なので、7~8割の量で洗濯しましょう。

標準コースで洗濯OKでも、脱水の時間は短く設定

ワイシャツを洗濯する時は、脱水の時間は短くする事がおすすめです。その理由は2つあります。

  • 脱水によるワイシャツ生地の傷みを減らすため
  • 形状安定加工したワイシャツはある程度濡れていた方がしわが伸びる

脱水する時は、どうしても負荷がかかってしまうので傷みやすくなってしまいます。
また、形状安定加工したワイシャツは、乾かす時の重みでシワが伸びるようになっているのである程度濡れていた方がいいのです。

汚れが気になる時は、水の温度を高くする

水の温度を高くして洗濯をすると、洗浄力が増します。
クリーニング店では50~60℃のお湯を使用しているようです。
温度が設定できる洗濯機ではない場合、お湯を沸かして足してみると良いでしょう。

重りをぶら下げた干し方でアイロン不要に

正しい洗濯方法で洗濯したワイシャツは、干し方に工夫してしわを伸ばしましょう。
干し方にはコツがありますよ。

  • 叩いてしわを伸ばす
    脱水が終わってからまだ濡れている状態は、しわが取りやすくなります。
    パンパンと手のひらでワイシャツを叩いて、しわを伸ばしてから干しましょう。
  • 重りをぶら下げてる方法も
    手のひらでパンパンと叩くだけでもある程度しわを伸ばす事ができますが、どうせならアイロンがけが必要ないぐらいキレイしわを伸ばしたいですよね。
    そこで、ワイシャツに重りをぶら下げて干すという方法もオススメです。重りをワイシャツの裾に洗濯バサミで取り付けてみてください。
    重さでしわが伸びて、アイロンがけが不要になるでしょう。試してみてくださいね。