洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と書かれていたら、知識がない人は自宅で洗濯をしても良いのか悩んでしまうことでしょう。

洗濯表示のドライ・セキユ系のマークは一体どんな意味なのでしょうか。自宅での洗濯ができるのかや、洗濯方法について確認してみましょう。

ここでは、洗濯表示のドライ・セキユ系の意味と、正しい洗濯方法についてお伝えします。洗濯表示の知識があれば、これから先もきっと役に立ちますよ。

ドライ・セキユ系の表示は旧洗濯表示です。洗濯表示は新しいものに変更になりました。新旧洗濯表示を理解して、洗濯上手になりましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スエードの靴を自宅でキレイにする方法!自分で洗う正しい洗い方

秋や冬に大活躍するスエードの靴。汚れないように気を付けて履いていても、どうしても汚れが目立ってくるこ...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

洗濯の臭いは重曹を使えばスッキリ取れる効果と正しい使い方

洗濯の臭いは重曹によって取ることができます。重曹ならコストも安く、刺激も少ないので小さいお子さんがい...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯物を手洗いした時の脱水方法について。脱水の方法アレコレ

洗濯したい衣類がデリケートだと、クリーニングに出すか手洗いしますよね?自宅でケアしようと思い...

洗濯でシミ【血液】の時間が経過しても落とす方法と応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、血液が衣類についてしまったときは、できるだけ早めの対処が鍵になってきます...

洗濯のシミ抜き!ボールペンインクの種類別の落とし方や応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、ボールペンのインクがうっかり服についてしまったときは、そのボールペンのイ...

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

洗濯に漂白剤は毎回必要?漂白剤の使用頻度と使い方を解説

毎回のお洗濯の時に、洗剤以外に漂白剤も毎回必要なのか疑問に思った事がある人もいますよね。漂白...

洗濯マークで洗濯上手に!海外の衣類も新洗濯表示で洗濯が簡単に

衣類には洗濯表示のマークがついていて、このマークを確認して洗濯をすることで、衣類を傷めずに洗濯をする...

洗濯すすぎ1回では臭いが気になる、臭いの気にならない洗濯方法

洗濯をすすぎ1回にすると臭いが気になるようになったというあなた。節約のためにすすぎ1回でも可能な洗剤...

スポンサーリンク

洗濯表示のドライ・セキユ系マークの意味

結婚をするまで実家で暮らしていたので、洗濯などの家事は親に任せていましたが、結婚して洗濯も自分でやるようになりました。洗濯をしようと洗濯表示と見て仕分けをしていると、ドライ・セキユ系と書かれたマークの衣類を発見!このマークがついている場合はどのように洗濯をしていいのか迷ってしまいます。

そこで、ドライ・セキユ系のマークの意味についてご紹介していいたいと思います。

ドライ・セキユ系のマークの意味とは

  • ドライ・セキユ系と書かれたマークがあってもなくても、家庭での洗濯には関係しません。ドライクリーニングで洗う時は、石油系の溶剤を使うというクリーニングの方法を表したマークでクリーニング業者向けについているからです。
  • ドライやドライ・セキユ系と書いてあるマークがついている場合はクリーニングに出せる、バツがついたドライクリーニング禁止のマークはクリーニングに出せないということになります。
  • ドライクリーニングとは、有機溶剤を使ったクリーニング方法なので、専用の機械がないとできないのです。ガソリンなどが有機溶剤になります。水で洗う方法とは違うので基本的に縮みなどは発生しません。クリーニング店ではドライマーク衣料は基本的にはドライクリーニングをします。

ドライ・セキユ系表示は洗濯機のドライコースで洗うという意味ではない

洗面器のような形にバツ印の絵が洗濯表示に書かれているマークは、水洗い不可のマークになります。自宅の洗濯機のドライコースは水を使って洗う洗濯のことで、水を使って洗えない家庭での洗濯禁止というマークです。

家庭洗濯禁止、ドライクリーニング可能、ウエットクリーニング可能などのマークがあります。クリーニング店にドライクリーニングかウエットクリーニングでお願いしましょう。

ドライクリーニングは石油、灯油などの溶剤で汚れを落とします。家庭洗濯機のようにドライ機と呼ばれる洗濯機に入れ、溶剤で洗った後、仕上げ機やプレス機で形を整えます。
衣類を型くずれさせたり、縮んだりすることはありません。水でなく油の溶剤で洗うので、皮脂汚れや油汚れなどはドライクリーニングは得意なのです。

例えば自宅で洗濯をした時に、ポケットの中にうっかりティッシュを入れたまま洗濯をすると、ティッシュはボロボロになりますが、ドライクリーニングではティッシュはキレイな状態のままなのです。ドライクリーニングが衣類を全く型くずれや縮ませない洗い方なのです。

自宅ではドライクリーニングをすることが出来ません。しかしドライクリーニングは汗などの水溶性の汚れが苦手です。水溶性の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングでは取れないので、水洗いをするしか汚れを取る方法がないのです。しかし水洗いをすると型崩れや縮みの問題もあります。ドライマーク衣料を水洗いする場合は水の影響を最小限にして洗うようにしましょう。

洗濯表示にドライ・セキユ系と書かれていても自宅で洗濯できる衣類

ドライ・セキユ系と書かれていても自宅で洗濯出来るものがあります。

洗面器のような形に手が入っているマークは手洗いが出来ます。手洗いマークがついている服は、ウールやシルクなどデリケートな素材のものが多く、洗濯機で洗うと傷んでしまいます。毛羽立ったり、縮んだり、シワシワになってしまったりしてしまいます。そのようにならないためにも手洗いをしたり、クリーニングに出したりします。手洗い30は手洗い指定のマークの中でも一番デリケートです。洗濯機では洗うことが出来ないので手洗いになります。

手洗い30の表示がある衣類の洗濯方法

  1. 洗面器に水をためて、洗濯用中性洗剤を溶かす。
  2. 洋服をその洗剤液に浸し、つけ置き洗いをする。前後左右にゆすって洗ってもいいです。
  3. 軽く水を切り洗濯ネットに入れて、洗濯機に入れ10秒脱水をします。バスタオルに包んで水を吸い取ってもいいです。
  4. 洗面器の水をキレイな水に入れ替え、泡がなくなるまですすぎ、脱水をすると終了。

手洗い30の衣類にシミがついている場合は、洗濯用中性洗剤を原液で直接かけたり、つけおき洗いをする方法で汚れを取るようにします。それでも取れない場合はクリーニング店にお願いしましょう。

洗濯表示にドライ・セキユ系と書かれている衣類を自宅で洗濯する方法

衣類の洗濯表示にドライ・セキユ系と書かれている衣類は自宅でも洗濯が出来る衣類があります。自宅で洗うことが出来ると経済的にもいいですよね。自宅で洗濯する場合は色落ちのチェックは必ずしましょう。おしゃれ着用液体洗剤を目立たない所につけて、白い布などで色落ちをしていないか確認します。

【用意するもの】

  • 洗濯用中性洗剤(おしゃれ着洗剤)
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 洗面器

【洗濯の手洗い方法】

  1. 洗面器に水を入れて、水量に合わせて洗剤を溶かし混ぜます。
  2. 軽く畳んだ服を入れて、手で押しながら洗います。
  3. 水を入れ替えながらすすぎをします。泡がなくなるまですすぎを行います。
  4. 少量の柔軟剤と入れた水に服をつける。
  5. 洗濯ネットに入れて、30秒脱水して形を整えて日陰で陰干しします。

水温が高いと衣類が縮みやすくなります。必ず30℃以下にしましょう。ウールなどのセーターは形を整えて必ず陰干しします。乾燥機能がついている洗濯機でも、乾燥がしないようにしましょう。汚れの種類によってクリーニング店と手洗いを使い分けるようにしましょう。

洗濯表示のドライ・セキユ系は旧洗濯表示

洗濯表示が2016年12月1日から変更されました。洗濯をする時に大切な情報にあります。

洗濯表示が22種類から41種類に増えたその理由

  • 日本の洗濯の習慣に合わせた基準に国際規格が変更
  • 衣料品の輸出の時に、海外のタグをつけなければならない
  • 海外で購入した衣料品の洗濯タグの見方がわからない
    などの理由があります。

クリーニングのマークは今までは「ドライ」と日本語で表記されていましたが、新しい表示ではマルの中にアルファベットで「P・F・W」と表記されマークになります。

ドライクリーニングはアルファベット表記になります。

ドライはPに○が書かれている表記になります。パークロロエチレン及び石油系溶剤に寄るドライクリーニングが出来ます。

Pに○が書かれその下に線が引かれている記号は、パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングが出来ます。

ドライ・セキユ系はFにまるが書かれている表記になります。石油系溶剤によるドライクリーニングが出来ます。

Fにまるが書かれその下に線がある記号は、石油系溶剤による弱いドライクリーニングが出来ます。

Wに○が書かれているマークはウエットクリーニングが出来ます。

ウエットクリーニングはクリーニング店が特殊な技術で行う、プロの水洗いと仕上げの洗濯になります。