【雑巾の洗い方】重曹でも落ちない?汚れの種類で選ぶ洗剤

雑巾にも洗い方があるってご存知ですか?汚れがたっぷり付いた雑巾は、いつもの洗剤や重曹を使っても汚れが落ちずに、どんどん汚れが蓄積されていないでしょうか。

真っ黒な泥や砂の汚れは不溶性の汚れ、重曹を使っても落とすことが難しい汚れです。

ここでは不溶性の汚れとはどのような汚れか?雑巾の汚れを落とすのに適している洗剤、重曹で落ちる汚れに付いて紹介をいたします。汚れの種類に合わせて、使用する洗剤を選ぶと簡単に雑巾をきれいにすることができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

洗濯のシミ抜き!ボールペンインクの種類別の落とし方や応急処置

洗濯によるシミ抜きについて、ボールペンのインクがうっかり服についてしまったときは、そのボールペンのイ...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

赤ちゃんの服は水通しや洗濯機でのネットが必要?新生児のお洗濯

初めて袖を通す服や下着は、使用する前に水通しを行いますか?大人のものだとあまり気にしない方もいらっし...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

洗濯ネットは100均がサイズも豊富!賢く使うコツでより便利に

洗濯ネットについて100均では、サイズも大きいサイズの物からアイテムに合わせることができる種類も豊富...

服の匂いをとる!匂いの原因と洗濯方法・洗濯できない時の対策

服に染み込んだ嫌な匂いをなかなかとることができずに困っている人もいるのではないでしょうか。普通に洗濯...

洗濯表示でドライか手洗いかを確認してデリケート衣類もキレイに

洗濯表示がドライマークや手洗いマークになっているデリケートな衣類は、できれば失敗せずに自分で洗濯した...

油汚れが衣類についた時の落とし方やコツを油の種類別でご紹介

今回ご紹介するのは、油汚れが衣類についた時の落とし方やコツです。油汚れといっても種類があり、...

洗濯物の生乾きの臭いを熱湯消毒でスッキリ取る方法

洗濯物に付いた生乾きの臭いは、一度付いてしまうとなかなか取れません。洗濯をして、一瞬臭いが消えたかな...

洗濯のすすぎは水温がポイント!効果的なすすぎ方と注意点

洗濯の仕上がりを左右するのは、すすぎで使う時の水です。特に水温がポイントで、水温によって汚れがよ...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

スポンサーリンク

雑巾の汚れにも重曹が良い?洗い方の前に雑巾の汚れについて知る

子育て中のお母さん、主婦の方々。お掃除をする時は、必ずといっていいほど、雑巾、使いますよね?

汚れているところは雑巾で拭く。これは、お掃除でも鉄則です。

その雑巾が汚れてしまったら、お掃除にはなりません。汚いところを汚い雑巾で拭いても、汚れは取れません。そんな時、どんな汚れも大抵は取ってくれる重曹で雑巾を洗えば、雑巾についた汚れも綺麗になると思いますか?

雑巾に付着している汚れにもよる

重曹で、雑巾についているどんな汚れも取れる訳ではありません。例えば、雑巾でお部屋のホコリを取ることもあります。このホコリは、重曹ではなく、固形石鹸でしか、取れない種類の汚れになります。

ですので、雑巾についている汚れを取る際は、どんな種類の汚れなのか、まずそれを確認して下さい。

それが、重曹で取れるものであれば、重曹でも大丈夫です。ですが、ホコリや雨の時についた泥なんかであれば、粉石鹸でしか取れません。重曹でも取れない汚れはあります。雑巾に付着している汚れが取れる洗剤を使って下さい。

雑巾についた汚れが皮脂などの油汚れなら重曹がおすすめ!洗い方について

雑巾についている汚れが重曹が取れる汚れ、油汚れ中心なら、その分の汚れは重曹で落とせます。重曹が得意とする汚れであれば、雑巾も綺麗になりますし、綺麗になった雑巾で、より汚れいる箇所を綺麗にすることができます。

重曹は、基本的に油汚れに強い

油関連の汚れが雑巾に付着しているのなら、その汚れは重曹で取れます。

また、垢も重曹で取れます。あなたがこれまでどんな汚れを雑巾で拭いたのか、それにより重曹で洗い流せるのか、洗い流せないのかが、決まります。

重曹を使用して雑巾を洗う

風呂場の洗面器のような雑巾が入る容器に、水かぬるま湯を入れて、重曹を入れます。そして、汚い雑巾をいれます。軽く雑巾をその中で洗い、終了です。

その後、お水かぬるま湯でまた重曹や汚れを取れば、それで終了です。

やり方はそれほど難しくありません。雑巾に油関連の汚れがついた場合は、是非使用して、綺麗にして下さい。

重曹を使った雑巾の洗い方の注意点

重曹の特徴もよく理解した上で、重曹を使用すべきです。

というのも、重曹は水にはあまり溶けません。そのため、水を使用した洗濯機に重曹を入れて使用すると、重曹は溶けずにそのままになります。それが原因で、洗濯機が故障する原因にもなります。

ですので、重曹を使用して雑巾についた汚れを落とす時も、水を使用せずに、できるだけぬるま湯を使うべきです。重曹の洗浄力を高める温度があります。その温度に適したものを使用し、重曹の洗浄力を高めて下さい。

また、重曹は肌が弱い方には、あまり向かない洗剤でもあります。全く利用できないという訳ではないのですが、使用する際は、ゴム手袋などはめて、肌への刺激を和らげるべきです。

また、重曹は温度が高い方が、二酸化炭素を発生させます。この二酸化炭素により、しつこい汚れをより取れやすくさせます。上記でも紹介しているので、再度にはなりますが、重曹を使用する際は、水というより、ぬるま湯を使用して下さい。

洗濯機を使った雑巾の洗い方について

雑巾は洗面器やバケツに入れて洗うこともできます。ですが、面倒な方は、手洗いに頼ることもなく、洗濯機に入れて洗うこともできます。

洗濯機で洗う方が、手も汚さずに済むし、肌が弱い方には、お薦めかもしれませんね。

ここで注意したいのは、洗濯機で雑巾を洗う時は、あくまでも汚れがそれほどない時です。あまりにも汚れがひどい場合は、ゴム手袋を利用して、手洗いをした方がより適切な洗い方になります。

つまり、手洗いにするのか、洗濯機で洗うのかは、雑巾の汚れ具合で判断します。

見た目でもしつこい汚れの場合は、手洗いの方が汚れは落ちます。

また、それでもどうしてもバケツなどで洗うのは面倒なので、雑巾を洗濯機で洗いたい場合は、他の洗濯物とは混ぜずに、雑巾だけを洗濯機で洗うようにして下さい。雑巾を他の洗濯物と洗うと、雑巾の汚れが他の洗濯物に移ることがあります。それを避けるためにも、汚れた雑巾を洗濯機で洗う時には、他の洗濯物とは混ぜず、単独で洗って下さい。

雑巾洗いが面倒な方におすすめの方法

雑巾についた汚れ、洗うのが本当に面倒な瞬間、ありますよね?

部屋の掃除もしなくちゃいけないし、洗濯物もしなくちゃいけない。

雑巾についた汚れを洗うのは面倒。であれば、この際使い捨てのものを利用するのがもっと楽なお掃除方法だと思います。

漂白剤を使用する、熱湯の中に入れる、雑巾の汚れを取るのに、色んな方法があります。でも、どれを試しても、基本的に面倒です。であれば、使い捨ての物を使用して、洗う部分は省く。これでお掃除はもっと楽になります。

また、Tシャツなど着なくなった物を代用しても汚れは取れます。

雑巾を使用する理由は、汚れを取ること

使い捨ての雑巾をお店で購入する、もしくは、要らなくなった布を使用する、どちらでも汚れは取れますよ。

あなたの疑問は、重曹を使って、雑巾についた汚れは取れるのかですよね。その質問に対する答えは、雑巾にどんな汚れがついているのかにもよります。重曹は強い汚れ、油関連の汚れは落とせるので、重曹で取れる汚れがついているのなら、重曹で対応できます。

違う汚れであれば、その汚れが落とせる洗剤を使用して下さい。洗うのが面倒であれば、使い捨て雑巾を買って利用しましょう。