血液が付いた物を洗濯する方法!落とし方やコツについて

血液汚れは洗濯による正しい落とし方でシミになるのを防ぎましょう。小さいお子さんがいると鼻血や擦り傷などによって血液が洋服やシーツなどに付いてしまうことがありますよね。洗濯しているはずなのに、気がつけばシミになってしまう。そんな血液染みは正しく対処するのが大切です。

ここでは、そんな頑固な血液染みについての洗濯の落とし方について、血液の正しい落とし方の鉄則や水洗いで取れない血液の落とし方、頑固な血液汚れのシミ抜き方法や血液汚れを落とすときの注意点などお伝えしていきましょう。

これで、血液が洋服やシーツについたときでも、慌てずにすぐに対処することができますし、洗濯で元通りになりますよ。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

【油汚れの落とし方】家でできる洋服の油ジミを取る方法

洋服に付いた油汚れは、気付いた時にすぐに対処するのが一番のシミ予防です。時間のたった汚れはどんどん落...

洗濯表示Fはどんな意味?洗濯表示の種類と家庭での洗濯について

洗濯表示が新しいものに変更になったことはご存知でしょうか。今までの洗濯表示と違うものになったため、私...

洗濯表示。新しい一覧表のわかりやすい見方をご紹介します!

洗濯表示が新しくなりました。一覧表に並ぶ、マーク・記号を正直、全部は覚えられません。そんな、...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

洗濯マークで乾燥機が使えるかのチェック方法と縮むのを防ぐコツ

洗濯マークはその洋服が洗濯できるかだけではなく、乾燥機が使えるかも判断することができます。急いで...

【黒カビを除去する方法】服についた黒カビの除去方法と予防法

クローゼットやタンスに収納していた服、いざ着ようと思って出してみたら黒カビがついていた。そんな経験あ...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

油汚れが洋服に付いた時の落とし方についてご紹介

普通に生活をいるとふとした瞬間に、食べ物や口紅などの化粧品、それから機械油などの油汚れが洋服に付いて...

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

墨汁の落とし方、服についてしまったものは

書道や書初めに欠かせない墨汁は、服についてしまったら、落とすことが難しい厄介なものですよね。しか...

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

赤カビの落とし方。ピンク色になったタオルを元に戻す方法

洗濯したはずのタオルが、いつもよりもピンク色に見えるということはありませんか?洗濯の時を思い出して下...

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

血液が洗濯で落ちないときの対処法とシミを落とすコツとは

血液が洗濯しても落ちない衣類はどうしたら落とすことができるのか悩みますよね。血液が衣類についてしまっ...

スポンサーリンク

血液の正しい落とし方は洗濯の前にまずは水洗いするのが鉄則

家事の時に切り傷を作ってしまったり、お子さんが鼻血を出したり擦り傷を作ってしまったりして、血液が洋服や寝具についてしまうことがあります。

血液は、時間をおいてしまうと、血液の中のタンパク質が化学反応を起こして酸化してしまいます。酸化した血液は乾いて固くなり、落とすことが大変になります。
血液がついた時は、できるだけすぐに対処した方がキレイに落とすことができます。

血液がついてしまった時は、すぐに水洗いをすることで、シミにならずに落とすことができます。
まずは、血液がついてしまった衣類などの洗濯表示をチェックしてください。洗い方のマークは桶の形か洗濯機のマークです。このマークにバツ印がついていなければ、水洗いをすることができます。

水洗いをするときは、水または30℃以下のぬるま湯を使います。血液の中のタンパク質はお湯を使うと固まってしまう性質を持ちますので、落としにくくなります。体温よりも低い30℃以下で洗うようにしてください。

外にいる時に血液をつけてしまい、すぐに水洗いをすることができない場合は、とりあえずハンカチやティッシュなどを使って血液を吸わせてください。その後でハンカチなどに水を含ませて、血液の上から叩いて落とします。
血液がついてしまったハンカチは水洗いをして、血液を落としておきます。

水洗いで取れない血液の落とし方は液体洗剤を直接塗布して洗濯を

時間がたってしまった血液は、水洗いをしても落ちない場合があります。血液がシミになってしまった場合は、普通のシミを落とす時と同じ要領で、血液のシミも落とすことができます。

血液のシミの部分に洗濯洗剤の原液を直接つけます。液体洗剤を使うとシミに馴染みやすくなります。粉末の洗剤を溶いて使う場合は、お湯は使わずに水か30℃以下のぬるま湯を使ってください。血液にお湯を使うと、固まって落としにくくなります。

洗濯用の洗剤の他に、食器用の洗剤も使うことができます。食器用洗剤を使って落とす場合もシミの上に洗剤を直接つけても良いですが、コップなどの水をいれて洗剤を溶かし、使い古した歯ブラシで上から叩いてみてください。

どちらの方法で落とす場合も、血液がついた生地の下にタオルなどを置き、血液が生地の他の部分に移らないようにします。

洗剤をつけたら、しばらく時間をおくか、指で汚れの部分をつまんで汚れを落としていきます。
シミが落ちたら、通常の洗濯をしてください。他の洗濯物を洗う時と一緒に洗濯をすると良いです。

頑固な血液汚れのシミ抜き。自宅で洗濯するときの落とし方

洗濯洗剤を直接塗布したやり方でも血液のシミが落ちない場合があります。その場合は、他の方法も試してみてください。

血液汚れが落ちない時の落とし方について

酸素系漂白剤と粉末洗剤を使う

ワイドハイターなどの酸素系漂白剤と、粉末の洗濯洗剤を用意してください。粉末の洗濯洗剤にはタンパク質を分解する酵素が含まれています。

  1. 血液がついた生地の下にタオルなどを置き、汚れが他の部分に移るのを防いでください。
  2. 酸素系漂白剤に粉末の洗濯洗剤を1:1の割合で混ぜてペースト状にします。
  3. 血液の上から、混ぜてペーストにした洗剤をシミ全体に塗ります。綿棒を使って塗ると良いでしょう。
  4. ペーストの洗剤をつけると、すぐに血液のシミが落ちていきます。5~10分ほどおいて血液が落ちていたら、通常の洗濯をしてください。

マジックリンを使う

お掃除などに使うマジックリンも血液を落とす効果があります。マジックリンの中に含まれているプロテアーゼという成分が血液の汚れを落とす効果があります。

  1. 洗面器に水を入れ、血液がついている部分を30分程つけておきます。
  2. 血液の上からマジックリンを振りかけてください。
  3. そのまま更に15~20分程おいておきます。
  4. 洗面器に水を入れ、その中に生地を入れて揉み洗いをします。
  5. 通常の洗濯をしてください。

大根おろしを使う

大根おろしに含まれているアミラーゼはタンパク質を分解する性質を持つため、血液の汚れも落とすことができます。

  1. 血液がついた生地の下にタオルなどを置きます。
  2. 大根おろしを作って、ガーゼで包みます。
  3. 血液のシミの部分を、大根おろしを包んだガーゼで叩いていきます。血液の色が薄くなるまで続けてください。
  4. 通常の洗濯をします。

血液汚れを洗濯で落とすときの注意点はお湯を使わないこと

血液の汚れを落とす時に気をつけたいのが、お湯を使わないことです。
血液の成分はタンパク質と色素です。タンパク質は50~60℃位のお湯で固まる性質を持つため、血液の汚れにお湯を使ってしまうと、血液が固まってしまい落としにくくなります。お湯の方がシミに効果がありそうですが、血液の場合は逆効果になってしまいます。

血液の汚れを落とすためには水を使うか、人肌よりも低い30℃以下のぬるま湯を使ってください。
血液の他にも、タンパク質が含まれている牛乳などの汚れを落とすときも同じです。

水につけ置きをする場合は、必ず衣類の洗濯表示をチェックしてください。洗い方のマークにバツ印がついている場合は水洗いをすることができません。
ニットやシルクなど水洗いができない素材のものを水につけてしまうと、縮みやシミなどのトラブルを起こしてしまいます。
水洗いできない素材の場合は、血液の水分をティッシュや乾いたハンカチなどに吸い込ませてから、クリーニングに出すようにしてください。

血液の落とし方はシミになる前の早めの対処が大切

血液がついてしまった場合は、とにかく早めに対処することが一番です。
血液がついたらすぐにティッシュやハンカチなどに血液を吸い込ませてください。その後で水洗いをします。

水洗いをすることができない状況でも、ハンカチやタオルを水で濡らし、血液の上から叩いて落としておきましょう。
血液を叩いて落とすときは、汚れの外側から叩いてください。血液の内側から叩くと、汚れを広げて輪染みを作ってしまうことになります。

家で洗濯をすることができない衣類の場合は、無理にしみ抜きをしたりせずに、プロのクリーニング店で相談するようにしてください。
血液のシミを落とすときに輪ジミができてしまうことが多いです。

洗濯できない衣類やデリケートな素材でシミを落とすことに不安がある場合は、自分でしみ抜きをしようとはしないでクリーニングに出すようにしましょう。

血液の汚れは早めに対処することで落とすことができます。血液がついてしまった時は慌てずに、まずは血液を拭き取る応急処置をしておくことで、キレイに落とすことができます。