手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を使用して脱水をしたいと思いますよね。

でも、洗濯機を使って脱水ができるのかわからないと、使用することにためらってしまいます。

ここでは、手洗いした衣類を洗濯機で脱水することについてお伝えします。脱水方法を確認して、衣類を傷めないように快適にお洗濯しましょう。

また、洗濯機を使った脱水方法以外の方法についてもご紹介します。洗濯機で脱水するのが不安な人は、そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ポリエステルの特徴と洗濯方法【バッグ編】上手にお手入れしよう

ポリエステルは色々なシーンで使われることの多い素材です。その特徴から、衣類だけでなくバッグにも使用さ...

洗濯の重曹の使い方で上手に仕上げるコツと使うときの注意点とは

洗濯による重曹の使い方についてお悩みのあなた。洗濯に重曹を使うと洗剤のみを使用した時に比べて洗浄力も...

洗濯表示ドライセキユ系の意味と自宅で洗濯できる衣類の洗濯方法

自宅で洗濯をするときは、洗濯表示を確認して洗濯をすると思います。この時、洗濯表示にドライ・セキユ系と...

黒カビ【衣類】落とし方!重曹を使う方法とカビから守る予防対策

黒カビを衣類に発見したときは速やかに落とすのが鉄則です。衣類についた黒カビの落とし方は重曹を使え...

洗濯物のほこりの原因と洗濯槽の掃除方法やほこりへの対策を紹介

洗濯物にほこりが付いているとせっかく洗ったのにショックですよね。では、洗濯物にほこりが付いてしま...

ポリエステル100の洗濯方法!大切な洋服を長持ちさせるコツ

ポリエステル100%の洋服はサラサラとした着心地で体のラインもひろわないので使いやすいと感じている人...

洗濯表示Fの意味は?洗濯表示の意味を知って洗濯上手になろう

自宅で洗濯をしようと思って洗濯表示を確認したら「F」マークを発見!このマークの意味がわからなければ、...

洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

ドライクリーニング表示でも自宅でポリエステルの衣類は洗えます

ドライクリーニングマークがついているポリエステルの衣類。クリーニング店に出した方がいいことはわかって...

洗濯物の生乾きの対処法!洗剤でも落ちないイヤな臭いを取る方法

一度付いてしまった生乾きの臭いは、普段の洗濯洗剤を使ってもそう簡単にはなくなりません。雨が続いたり、...

洗濯にかかる時間はどれくらい?洗濯時間を短縮できる洗い方

皆さんは毎回の洗濯にどれくらいの時間をかけているでしょうか。忙しい主婦の方々の中には、できれば洗濯に...

洗濯【一人暮らし】時間帯のベストと部屋干しのコツや短縮方法

洗濯をするのに一人暮らしだと時間が遅くなることもありますね。帰宅が遅くなって洗濯を回す時間が遅くなる...

手洗い洗濯のやり方のコツを掴めば繊細な洋服でも自分で洗える

手洗いで洗濯するやり方は、洋服の素材や種類によっても違います。シワになりやすい繊細な洋服も正しい手洗...

雑巾を洗濯機で他の衣類と一緒はNG?雑巾のおすすめの洗い方

雑巾はどの様にして洗っていますか?汚れていてもそれは衣類も一緒!と洗濯機で一緒に洗ってしまってはいま...

スポンサーリンク

手洗い表示の衣類を洗濯機で脱水することについて

セーターやニットなどはどのように洗濯をしていますか?手洗いマークの表示がついていると洗濯が面倒なのでクリーニングに出す人も多いですよね。しかしクリーニングに出すと仕上がりまで日数もかかってしまいますし、料金もかかってしまいます。自宅で手洗いすると費用も安く抑えることができます。しかし手洗いした後、洗濯機で脱水してもいいのか迷ってしまうこともありますよね。

デリケートなセーターやニットも洗濯機で脱水することができる

手洗い表示のある衣類の脱水について紹介します。

手洗いしたデリケートな洋服をどのように脱水していいのか悩んでしまいますよね。手洗いした衣類も洗濯機で脱水しましょう。少しの工夫で、伸びたりシワが出来てしまうことを防ぐことができます。

脱水した衣類をそのまま干すのはシワの元になる

しっかりと伸ばしてから干しましょう。脱水が十分ではない衣類は乾燥するまで1~2日かかることもあります。外に干しした場合は取り込み忘れに注意しましょう。

手洗いした衣類を洗濯機で脱水する方法

大切な衣類を長く着るためには手洗いする人も多いです。洗濯をする前に洋服の内側にある洗濯表示を必ず確認してから手洗いをしましょう。手洗いが可能な衣類なのか見極めることが大切です。水を含んでいる衣類をそのまま干してしまうと水の重さで洋服が伸びてしまいます。そのためしっかりと脱水しましょう。

脱水時のポイント

洗濯ネットに入れる

デリケートな服を洗濯機で脱水するためには洗濯ネットを使用しましょう。軽く水をきってからたたんで洗濯ネットに入れます。回転によって型崩れを防ぎ、シワ防止にもなります。

脱水は短時間で行う

手洗いした服は出来るだけ脱水時間を短くかけます。30秒~1分を目安にしましょう。短時間であれば生地を傷めてしまう心配もありません。長く脱水をかけてしまうとシワが型くずれの原因になります。出来るだけ短い時間で脱水を終わらせるようにしましょう。

形を整える

脱水中の一番高速回転になった所で一度停止させ、洋服の形を整えたり、水のキレ具合を確認することで脱水時間を短くすることができます。

手洗いした衣類を洗濯機で脱水する時の素材別の目安時間

手洗いした衣類を脱水する場合、短時間といってもどのくらいを目安にしていいのかわかりませんよね。そこで洗濯機で脱水する場合、素材別の目安時間について紹介します。

Yシャツなどの薄手の服
シャツやブラウスなどの薄手の服は水切れがいいので、10秒~20秒にしましょう。洗濯槽が高速回転に入って数秒で停止させましょう。

ニットやカーディガンの服
ニットなど厚手の衣類は含んでいる水の量も多いので、20秒~30秒を目安にします。脱水を2回にして行うと脱水の間に形を整えることが出来るので綺麗に仕上がります。

襟付きのシャツ
生地が重なると風通しが悪くなり生乾きの原因になります。襟付きのシャツはハンガーにかけて襟をたてて干すようにしましょう。ボタンがある場合はボタンを開けて干しましょう。

手洗いした洗濯物はタオルで脱水ができる

大切な衣類をクリーニングに出さずに自宅で手洗いした後はどのように脱水するか悩んでしまいます。洗濯機で脱水する方法もありますが、タオルを使用して脱水する方法もあります。

デリケートな衣類を手洗いしたので脱水をして生地を傷めないように、大きめのバスタオルの上に衣類を広げ、タオルで挟み衣類の水分を脱水させ平干しさせましょう。脱水を正しい方法で行うことで大切な衣類を長い間着ることが出来ます。

手洗いした洗濯物を早く乾かしたい時は

翌日にどうしても着なくてはならない洋服がある場合、夜遅いと洗濯機を回すことが出来ない場合もあります。そのような場合は手洗いして次の日に洋服を着るようにしましょう。手洗いをすると洗濯物が乾きにくいことがあります。それは脱水をしっかりと行っていないからです。洗濯機の脱水機能を使うことの出来ない衣類もあります。

そのような衣類の水分は乾いたタオルに水分を吸収させると早く乾かすことが出来ます。方法は、乾いた服を大きめのバスタオルに包んで絞ります。このようにすると濡れた衣類の水分をバスタオルが吸ってくれるので脱水をかけたように水分がなくなります。

その後は普段通りに干します。翌日まで乾くか不安な場合は、乾いたバスタオルをハンガーにかけた衣類の上からかけると水分を吸収してくれます。

冬は気温も低くなるので洗濯物の乾きが悪くなります。エアコンを使用して部屋の湿度を調節すると冬でも洗濯物を早く乾かすことができます。暖かい空気は上に行くので同時に扇風機を上手に使い洗濯物に風を当てると乾きが早くなります。そうすることで光熱費の節約にもなります。

洗濯物の水分を早く減らすことが出来れば洗濯物の乾きも早くなるので是非参考にしてみて下さい。