手洗いした衣類は洗濯機で脱水できる?衣類の脱水方法を紹介

衣類を手洗いしたあとに困るのが脱水です。洗濯機で脱水することができれば簡単ですので、できれば洗濯機を使用して脱水をしたいと思いますよね。

でも、洗濯機を使って脱水ができるのかわからないと、使用することにためらってしまいます。

ここでは、手洗いした衣類を洗濯機で脱水することについてお伝えします。脱水方法を確認して、衣類を傷めないように快適にお洗濯しましょう。

また、洗濯機を使った脱水方法以外の方法についてもご紹介します。洗濯機で脱水するのが不安な人は、そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ふきんは除菌が必要?見えない菌の除菌方法や気になる頻度

食器を拭いたり、台所を拭いたりするふきん、毎日どの様に洗濯をしていますか?手洗いして干すだけ?それと...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

油汚れが衣類についた時の落とし方やコツを油の種類別でご紹介

今回ご紹介するのは、油汚れが衣類についた時の落とし方やコツです。油汚れといっても種類があり、...

手洗い洗濯は脱水が大変!洗濯機がなくてもできる手洗いのコツ

手洗いで洗濯すると脱水が一番の難関かもしれません。洗濯機を使わないで脱水するのには手で絞らないといけ...

靴用洗剤の代用にオススメなものとキレイに汚れを落とすコツ

靴用洗剤がないときは代用の洗剤を使うことで、靴をキレイに洗うことができます。靴を洗うのに靴専用の...

手洗いと洗濯機の違いについてメリットや洗濯上手な活用のコツ

手洗いと洗濯機の違いについて、いつも洗濯機を使って洗濯をしていると意外に気が付かないことがあります。...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

油汚れが付いた服は、時間が経った後でも落とすことができます

油汚れが付いてしまった服でもすぐに対処すれば落とすことができますが、問題は時間が経った場合。...

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

洗濯の臭い取りに重曹が活躍!重曹の消臭効果と便利な活用方法

洗濯をしたあとに嫌な臭いが気になることもあります。綺麗に洗ったはずなのに臭いがすると、何だか嫌な気持...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

洗濯ネットの使い方でワイシャツのしわを防いでアイロン不要に

洗濯ネットの使い方ひとつでワイシャツを洗濯したときのしわを防ぐことができます。しかし、洗濯初心者...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

スポンサーリンク

手洗い表示の衣類を洗濯機で脱水することについて

セーターやニットなどはどのように洗濯をしていますか?手洗いマークの表示がついていると洗濯が面倒なのでクリーニングに出す人も多いですよね。しかしクリーニングに出すと仕上がりまで日数もかかってしまいますし、料金もかかってしまいます。自宅で手洗いすると費用も安く抑えることができます。しかし手洗いした後、洗濯機で脱水してもいいのか迷ってしまうこともありますよね。

デリケートなセーターやニットも洗濯機で脱水することができる

手洗い表示のある衣類の脱水について紹介します。

手洗いしたデリケートな洋服をどのように脱水していいのか悩んでしまいますよね。手洗いした衣類も洗濯機で脱水しましょう。少しの工夫で、伸びたりシワが出来てしまうことを防ぐことができます。

脱水した衣類をそのまま干すのはシワの元になる

しっかりと伸ばしてから干しましょう。脱水が十分ではない衣類は乾燥するまで1~2日かかることもあります。外に干しした場合は取り込み忘れに注意しましょう。

手洗いした衣類を洗濯機で脱水する方法

大切な衣類を長く着るためには手洗いする人も多いです。洗濯をする前に洋服の内側にある洗濯表示を必ず確認してから手洗いをしましょう。手洗いが可能な衣類なのか見極めることが大切です。水を含んでいる衣類をそのまま干してしまうと水の重さで洋服が伸びてしまいます。そのためしっかりと脱水しましょう。

脱水時のポイント

洗濯ネットに入れる

デリケートな服を洗濯機で脱水するためには洗濯ネットを使用しましょう。軽く水をきってからたたんで洗濯ネットに入れます。回転によって型崩れを防ぎ、シワ防止にもなります。

脱水は短時間で行う

手洗いした服は出来るだけ脱水時間を短くかけます。30秒~1分を目安にしましょう。短時間であれば生地を傷めてしまう心配もありません。長く脱水をかけてしまうとシワが型くずれの原因になります。出来るだけ短い時間で脱水を終わらせるようにしましょう。

形を整える

脱水中の一番高速回転になった所で一度停止させ、洋服の形を整えたり、水のキレ具合を確認することで脱水時間を短くすることができます。

手洗いした衣類を洗濯機で脱水する時の素材別の目安時間

手洗いした衣類を脱水する場合、短時間といってもどのくらいを目安にしていいのかわかりませんよね。そこで洗濯機で脱水する場合、素材別の目安時間について紹介します。

Yシャツなどの薄手の服
シャツやブラウスなどの薄手の服は水切れがいいので、10秒~20秒にしましょう。洗濯槽が高速回転に入って数秒で停止させましょう。

ニットやカーディガンの服
ニットなど厚手の衣類は含んでいる水の量も多いので、20秒~30秒を目安にします。脱水を2回にして行うと脱水の間に形を整えることが出来るので綺麗に仕上がります。

襟付きのシャツ
生地が重なると風通しが悪くなり生乾きの原因になります。襟付きのシャツはハンガーにかけて襟をたてて干すようにしましょう。ボタンがある場合はボタンを開けて干しましょう。

手洗いした洗濯物はタオルで脱水ができる

大切な衣類をクリーニングに出さずに自宅で手洗いした後はどのように脱水するか悩んでしまいます。洗濯機で脱水する方法もありますが、タオルを使用して脱水する方法もあります。

デリケートな衣類を手洗いしたので脱水をして生地を傷めないように、大きめのバスタオルの上に衣類を広げ、タオルで挟み衣類の水分を脱水させ平干しさせましょう。脱水を正しい方法で行うことで大切な衣類を長い間着ることが出来ます。

手洗いした洗濯物を早く乾かしたい時は

翌日にどうしても着なくてはならない洋服がある場合、夜遅いと洗濯機を回すことが出来ない場合もあります。そのような場合は手洗いして次の日に洋服を着るようにしましょう。手洗いをすると洗濯物が乾きにくいことがあります。それは脱水をしっかりと行っていないからです。洗濯機の脱水機能を使うことの出来ない衣類もあります。

そのような衣類の水分は乾いたタオルに水分を吸収させると早く乾かすことが出来ます。方法は、乾いた服を大きめのバスタオルに包んで絞ります。このようにすると濡れた衣類の水分をバスタオルが吸ってくれるので脱水をかけたように水分がなくなります。

その後は普段通りに干します。翌日まで乾くか不安な場合は、乾いたバスタオルをハンガーにかけた衣類の上からかけると水分を吸収してくれます。

冬は気温も低くなるので洗濯物の乾きが悪くなります。エアコンを使用して部屋の湿度を調節すると冬でも洗濯物を早く乾かすことができます。暖かい空気は上に行くので同時に扇風機を上手に使い洗濯物に風を当てると乾きが早くなります。そうすることで光熱費の節約にもなります。

洗濯物の水分を早く減らすことが出来れば洗濯物の乾きも早くなるので是非参考にしてみて下さい。