過炭酸ナトリウムで洗濯する方法!得意な汚れと洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤でアルカリ性の性質です。水に溶けると安心な素材なので、デリケートな赤ちゃんの衣類のお洗濯にも活躍してくれます。

ですが、過炭酸ナトリウムを一体どのような方法で洗濯に使用すれば良いのか、知識がなければわからないものです。

ここでは、過炭酸ナトリウムを使った洗濯の方法についてお伝えします。過炭酸ナトリウムが得意な汚れや洗濯のコツ・ポイントについて知って、過炭酸ナトリウムを上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

ポリエステルの洗濯しても落ちない臭いを効果的に落とす方法

洗濯をしても、どうしても臭いが残ってしまうという服はありませんか?実は服の臭いは、使われている素材に...

酸素系漂白剤を使った洗濯槽の掃除方法【ドラム式洗濯機】

洗濯をした後に、洗濯機から取り出した衣類に、黒っぽいゴミが付着しているということはありませんか?実は...

白スニーカーは洗い方を間違えると黄ばみの原因に。洗い方を紹介

白スニーカーは洗い方によっては黄ばみが発生してしまうことがあります。いつものように靴を洗った...

染み抜きには重曹とクエン酸で自宅でも簡単!おすすめや注意点

衣類にできた黄ばみや染みを自宅でも簡単に染み抜きできたらいいですよね。実は、いつも使っている重曹...

洗濯【シミの落とし方】白い服についた油汚れもスッキリ落ちる

洗濯によるシミの落とし方は、シミ汚れの種類によっても方法が違います。そのシミがどんなシミなのかを確認...

白スニーカーの黄ばみには酢が効く!その理由と使い方について

白スニーカーを靴箱から出して、いざ履こうと思ったら黄ばみが発生していることありませんか?きれ...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯に漂白剤は必要か正しい漂白剤の使い方や上手に洗濯するコツ

洗濯をする度に漂白剤は必要か迷うこともあるでしょう。汚れを漂白剤を入れた方が落ちるのか、漂白剤を入れ...

洗濯【漂白方法】家庭でできる正しい使い方や注意点と予防対策

洗濯によって漂白したいときは、方法や使い方に注意しなければなりません。気になる黄ばみや汚れは漂白剤を...

テンセルが洗濯で縮むのを防ぐ!正しい洗い方と注意点を紹介

肌触りが良く着やすいテンセルですが洗濯すると縮むことがあるのを知っていますか?もしも、縮ませてし...

布巾の除菌は煮沸?それとも漂白?ふきんを清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾は、特に衛生面が気になりますよね。毎日洗っている方がほとんどだと思います。...

洗濯のシミ汚れは漂白剤と重曹で綺麗に!シミ抜き方法を解説

衣類についたシミ汚れを綺麗にしたいと考えている人におすすめなのが、重曹と液体漂白剤を使った漂白方法で...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

ポリエステル衣類の洗濯方法!しわしわにならない洗濯のコツ

ポリエステルの衣類を洗濯したとき、衣類がしわしわになってしまった経験がある人もいるのではないでしょう...

スポンサーリンク

過炭酸ナトリウムを使った洗濯方法!過炭酸ナトリウムが得意な汚れ

オキシクリーンなどが有名な過炭酸ナトリウムは、キッチンシンクや洗面台の浸け置き洗いで主婦の間で人気がありますが、実は洗濯にも便利に活用することができるというのはご存知でしたか?

過炭酸ナトリウムはアルカリ性の性質を持つため、水に溶かして使うことで酸性の汚れに効果を発揮します。

衣類につく代表的な酸性の汚れと言えば、「皮脂汚れ」「油汚れ」「臭い汚れ」ですが、過炭酸ナトリウムはこの3つのうちの全ての汚れに対応することができるので、旦那さんの襟元が汚れたワイシャツから、子供の食べこぼしが付着した洋服、生乾き臭が染み込んでしまったタオルまで、幅広い洗濯物に使用することができるのです。

過炭酸ナトリウムを使って洗濯機で洗濯するときのコツやポイント

過炭酸ナトリウムは水に溶けやすい性質を持っているため、洗濯にも便利だということができますが、その性質から、

  • 水温が低いと十分な酸素を発生させることができない
  • お湯の温度が高温すぎると、一度に発泡してしまい、効果が半減する
  • 酸素が一定量ずつ出続けるため、短時間よりも浸け置く方が効果が得られる

という特徴があります。

そのため、水道水を使って洗濯をする洗濯機での洗濯では過炭酸ナトリウムの効果が十分に発揮されませんし、お湯を使って洗濯機を運転したとしても、通常30~50分の洗濯コースの洗いでは、汚れにアプローチできる時間が短すぎるということが問題点になります。

過炭酸ナトリウムを洗濯機で使用する方法はネットなどでいくつも紹介されていますが、このような特徴から考えれば、洗濯機で過炭酸ナトリウムを使うことにあまり効果は得られないように思います。
そのため、過炭酸ナトリウムを洗濯に使いたい時には、洗濯機で洗濯をする前にお湯で浸け置き洗いをするのがポイントになってきます。

汚れが酷い衣類は過炭酸ナトリウムにつけ置きして洗濯!つけ置きの方法

過炭酸ナトリウムで浸け置き洗いする方法

【用意するもの】

  • 50度のお湯6リットル
  • 過炭酸ナトリウム大さじ4
  • バケツ
  • バケツの蓋(蓋になれば何でもOK!)
  • 汚れが気になる衣類
  • ゴム手袋

【浸け置きの方法】

  1. ゴム手袋を着用し、バケツに50度のお湯6リットルと過炭酸ナトリウムの粉末大さじ4を入れて混ぜて洗浄液を作ります。
  2. 1に汚れが気になる衣類を浸けてバケツに蓋をし、そのまま1時間以上放置します。
  3. ぬるま湯ですすいで軽く絞ったら、洗濯機で通常の洗濯をしてください。
先程も紹介したとおり、お湯の温度が高すぎても低すぎても過炭酸ナトリウムの効果が半減するため、必ず40~50度の間のお湯を使うように注意しましょう。
また、バケツに蓋をするのは、お湯の温度を下がりにくくするためです。お湯の温度が適温にあれば、1時間はシュワシュワと酸素が発生して、洗浄効果が持続しますので、必ず蓋を閉めるようにしてくださいね。

過炭酸ナトリウムを使った洗濯に向いている衣類・向いていない衣類方法

過炭酸ナトリウムの効果がわかると、家中のいろいろな衣類に試してみたくなるのですが、調子に乗った私は、過炭酸ナトリウムでシンクの浸け置き洗いが紹介された時に、注意書きを確認しないまま、ついつい金属製の水切りラックも一緒に浸け込んでしまい、金属が変色を起こし黒くなってしまったという残念な失敗経験を何故か2度もしています。

過炭酸ナトリウムを使うのに向いている素材のものもあれば、向いていないものがあるのは当たり前のことです。
洗濯をするときには、事前に洗濯表示を確認して、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)が使用できる衣類にのみ使用するようにしてください。

木綿、麻、化学繊維の衣類は基本的に過炭酸ナトリウムを使用することができますが、天然素材で出来たリボン、ボタン、金具などがついている衣類への使用は控えたほうが良いでしょう。また、色物の衣類に使う時には、色落ちの心配がないか事前に確認しましょう。

毛や絹などのデリケートな素材で出来た衣類、繊維製品には過炭酸ナトリウムの使用はできません。使い方によっては大切な衣類をだめにしてしまうこともありますので、浸け置き洗いする前にしっかり確認して下さいね。

過炭酸ナトリウムは洗濯槽の掃除にも使える!洗濯槽の掃除方法

過炭酸ナトリウムは洗濯槽の掃除をするときにも便利で、過炭酸ナトリウムと一緒に使うのはやはり40度~50度のお湯です。
掃除を始める前に糸くずネットを取り外して、洗濯槽内部に洗浄液が入り込みやすいようにしておきます。

洗濯機に満水になるまでお湯を溜めたら、過炭酸ナトリウムを10リットルにつき100g投入して洗浄液にしましょう。
5分程度洗濯機を撹拌したら、洗濯機を止めて、浮いてきた茶色い汚れをネットですくい、そのまま4時間~一晩洗濯機の蓋を閉めたままで放置したら、翌日、洗濯機を再び5分ほど撹拌してゴミをすくう作業を4~5回繰り返し、ゴミが浮かなくなったら、脱水からすすぎまでのコースで洗濯槽をすすぎをして完了です。

洗濯槽にゴミが溜まっていると、洗ったばかりの洗濯物にゴミが付いたり、柔軟剤の香りが立たなくなったりしますが、そんなときには過炭酸ナトリウムでパパっと洗濯槽の掃除をすれば、見違える程洗濯の仕上がりが良くなりますので、ぜひ月に1回~2ヶ月に1回程度の頻度で洗濯槽の掃除にも取り組んでみて下さい。