洗濯物は雨で洗い直しが必要!濡れたときの最適な対処法を紹介

外干ししていた洗濯物が突然の雨で濡れてしまったときはありませんか?
せっかく洗った洗濯物だけど洗い直しをするべきか悩む人もいるでしょう。
洗濯物が雨に濡れてしまったときは洗い直しすることをおすすめします。

そこで、雨で濡れた洗濯物を簡単に洗い直しする方法について、臭いが気になるときやすぐに洗い直せない場合の対処法などお伝えしていきましょう。

これで、雨で洗濯物が濡れた場合でも焦らずに対処することができます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯の正しいやり方について。汚れ・色・素材・大きさで仕分ける

洗濯機に汚れた衣類や下着を放りこめば、ピッカピカに洗い上げてくれる洗濯機。でも、何でもかんで...

洗濯してもシミが落ちない場合に試してほしい方法をご紹介します

洋服についた油や泥などのシミ。洗濯しても落ちなかったという経験を持っている人も多いのではないでしょう...

染み抜きの方法を教えて!血液汚れのシミを重曹で落とす方法

お子さんが怪我をして衣類に血液汚れがついてしまった!寝ている間に鼻血が出てシーツにシミができてしまっ...

洗濯物についたイヤな生乾き臭の取り方と臭いの予防方法

洗濯物についてしまった生乾きの臭いにお悩みの方はいませんか?一度ついた生乾き臭は、いつもの洗濯を繰り...

ハンコのインクが洋服についたときの落とし方の手順を紹介

ハンコのインクをうっかり洋服につけてしまったとき、一体どんな落とし方をすればインクが綺麗に落ちるのか...

布巾の正しい洗い方!簡単に洗う方法と干し方で清潔に保つ方法

キッチンで使っている布巾を洗うとき、どのような洗い方をしているでしょうか。キッチンで使った布巾には菌...

洗濯物の干し忘れで付いてしまった臭いをスッキリ取る方法

洗濯していたことを忘れ、うっかり洗濯物を干し忘れてしまった、という経験はありませんか?また、洗濯物を...

重曹を使って洗濯!洗濯機に直接入れると故障を招く理由について

重曹は掃除にも使用ができて、汚れを落とすだけでなく消臭効果もあると、重宝されています。また洗濯にも良...

衣類についた白カビの除去方法と、服につかない為の予防策

シーズンオフの洋服や、着る機会が少ない洋服を出してみた時に、白っぽいものが付着していたことはありませ...

血液が付いたものを洗濯する時は重曹を使って綺麗に除去しよう

血液の洗濯には重曹を使った染み取り方法がオススメです。重曹であれば、血液の染み抜き専用の洗剤をわざわ...

セスキ炭酸ソーダは洗濯やつけおきにもおすすめ!やり方や注意点

セスキ炭酸ソーダは洗濯にも使えるのを知っていますか?汚れがひどいときにはつけおき洗いをするとよりスッ...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

墨汁の染み抜きは乾いたら難しい!家にあるもので落とす方法

子供が習字の授業で服に墨汁を付けたまま帰ってきたことはありませんか?すでに乾いた状態の墨汁の染み...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

洗濯マークのドライセキユ系の謎についてわかりやすく解説します

洗濯マークを見ると、手洗いできるのにドライセキユ系?と、疑問に思われた方。2016年12月か...

スポンサーリンク

洗濯物が雨に濡れてしまったら洗い直しするべき

洗濯物が半乾きになったときのことを思い浮かべてみてください。
生乾きの洗濯物って、臭いですよね?

洗濯物は、乾くまでの時間が長くなれば長くなるほど悪臭の原因になりますが、これは濡れた洗濯物に菌が付着して繁殖することが原因です。

一度外干しして乾いた洗濯物であっても、雨によって再び濡れてしまった場合には、菌が繁殖しやすいです。
しかも、雨には空気中のゴミやホコリ等が混じっているので、雨が洗濯物に付着するだけでも洗濯物に菌が付着したこととなり、更に菌が繁殖しやすい環境を作ります。

雨で濡れた洗濯物をそのまま干すことは、このように菌の繁殖、悪臭の原因、シミの原因にもつながりますので、必ず洗い直しをして、清潔な状態で乾燥させるようにしましょう。

雨で濡れた洗濯物を簡単に洗い直しする方法

雨で濡れた洗濯物は、できればすぐに洗い直して欲しいです。
濡れたままの状態で放置していると、ますます悪臭の原因になりますし、洗濯物の内部で菌がどんどん繁殖して不潔だからです。

雨に濡れてすぐに洗濯物を取り込めた場合

すすぎと脱水のみで洗い直しができます。
抗菌効果のある柔軟剤を入れて、すすぎ(標準コースがおすすめ)をし、脱水後そのまま干せば、雨で付着した汚れは十分に落とすことが可能です。

雨に濡れてから時間が経ってしまった場合

すでに少し臭っている洗濯物は、洗濯洗剤を入れて、もう一度洗い直すのがおすすめです。
すすぎ1回でOKの洗濯洗剤を使えば、洗い直しの手間も少しですが省くことができますので、普段からエコな洗濯洗剤を使用しておくと良いでしょう。

洗濯物が雨に濡れて臭いが気になるときの洗い直しとは

洗濯物が雨で濡れてしまったことによって、洗い直しをしたのにも関わらず洗濯物が乾いた後に悪臭がすることもあります。

特に厚手のバスタオルやパーカーなどは、洗い直しだけでは菌が洗い流せずに、厚い生地の内側でで菌が繁殖してしまう可能性もあり、このような場合、臭いの元になる菌をしっかりと殺菌しない限り悪臭は消えません。

洗い直しは酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を使った「浸け置き洗い」がおすすめ

使用する道具も、浸け置きに使うバケツ、ゴム手袋、50度のお湯、酸素系漂白剤とわずかですので、自宅に酸素系漂白剤がないという方は、この機会にぜひ購入して、浸け置き洗いの効果を実感してみてはいかがでしょうか。

臭いが気になる洗濯物が入る大きさのバケツ、または浴槽などに50度のお湯を溜め、酸素系漂白剤を適量(3リットルのお湯に大さじ2杯がおすすめ)入れて溶かしたら、洗濯物をその中に2~3時間浸け置きます。
浸け置き後、洗濯物をすすいで水気を切り、あとは普段どおりの洗濯を洗濯機で行えば、洗濯物に付いていた嫌な臭いもすっきり落とすことができます。

雨に濡れていなくても、靴下やバスタオル、枕カバーなどは普段から嫌な臭いが染み付きやすいので、そのような時の臭い取りにも酸素系漂白剤の浸け置き洗いを使ってみて下さい。

雨に濡れてしまったけどすぐに洗い直せない場合の対処法

働いている主婦の方や、小さなお子さんがいる家庭では、雨で濡れた洗濯物を取り込むのがやっとで、すぐに洗い直しをしている暇なんてない!というのが現実ではないかと思います。

取り込んだ洗濯物はできればすぐに洗い直すのが良いのですが、当日に洗い直しができないのであれば、翌日洗い直す他ありませんね。

注意、取り込んだ洗濯物の置き方

濡れた洗濯ものをそのままの状態で放置しておくと、菌の繁殖がますます進み、翌日にはこもった悪臭で取り返しの付かないことになりますので、濡れた洗濯物をカゴの中に入れることだけは避けて下さい。

では、どのように保管したら良いのか?
一度物干しに干してしっかり乾燥させるのが正解

乾燥させた後、翌日以降に洗い直すことで、菌や悪臭を減らすことができます。

できるだけ早く乾燥させることで、菌の繁殖と臭いを予防することができますので、浴室乾燥機、除湿機、エアコンのドライ運転、扇風機など、自宅にある家電をうまく利用して、洗濯物乾燥までの時間をできるだけ短くしてくださいね。

翌日以降、洗い直しをする時には、やはり抗菌効果のある洗濯洗剤を使って洗濯をし直すのがおすすめです。

洗い直しは面倒なので雨に濡れないように気をつけましょう

私の家の隣人に、毎朝早くから洗濯物を外干しする方がいるのですが、雨予報の日や、湿度が高い日、強風でホコリが舞っている日にも洗濯物が干されていることが多く、「どうしてこんな日に外干ししちゃったかな…」と出勤時に感じることがよくあります。
洗濯物を洗い直ししなくても済むようにするためには、まず第一に天気予報のチェックが大切です。
雨に濡れることで洗濯物は汚れ、臭いを発するため、洗い直しが必要になりますが、湿度が高くて、洗濯物が生乾きになりやすい日や、風が強くて砂埃が舞う日、大気汚染物質の濃度が濃い日なども洗濯物の外干しは避けた方が良いと考えます。

洗濯物を雨に濡らさないためには、天気予報のチェックと合わせて、バルコニーなどの雨除けができる場所を使用するのがおすすめです。
雨に濡れることが避けられれば、洗濯物を洗い直す必要もなくなりますので、洗濯物を干す前に事前確認をしっかり行いましょう。