洗濯のすすぎは何回がいいの?意外と知らないすすぎの豆知識

進学を機に一人暮らしを始めた学生にとって、洗濯のすすぎの回数が果たして何回が正解なのかで迷ってしまうことも珍しくありません。
洗濯のすすぎを普段何回しているか、実は家庭によって違うことがよくあります。
1回だったり2回だったり、あるいは何回もすすぎをする方も中にはいるようです。
ところで、洗濯のすすぎは何回が正解なのか知っているでしょうか。
そこで今回は、洗濯のすすぎに焦点を当てて調べてみました。
すすぎの回数やすすぎのポイントについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋干しの洗濯物から嫌な臭い!臭いに効果的な柔軟剤とは

洗濯物の部屋干しは、ジメジメした梅雨の時期は要注意!気がつくと洗濯したばかりの服から嫌な臭いが発生す...

洗濯はすすぎの回数に気をつけて臭いも防いで肌にも優しく洗おう

洗濯のすすぎ回数については家庭によっても使う洗剤でも違ってきます。基本的には2回ですが、最近では1回...

洗濯の正しいやり方を確認。柔軟剤の入れ方を間違えてはいけない

すれ違った時にふといい香りがすると、どんな柔軟剤を使っているのか気になりますね。洗濯の時に柔軟剤を使...

血液のついた洋服を洗濯する場合に効果的な洗剤を教えます

家事をしている時に指を切ってしまって、洋服が血液で汚れてしまう経験は主婦の人であれば誰でもあるのでは...

洗濯のやり方でタオルをふわふわに長持ちさせるコツとテクニック

洗濯のやり方によってタオルを洗っても、ふわふわに長持ちさせるコツがあります。あなたはいつもタオル...

ポリエステル素材の洗濯でできたしわの取り方と上手な洗い方

ポリエステルは耐久性もあり、乾きやすい素材で、私達の洋服にも多く使われる素材です。本来はしわになりに...

洗濯物に洗剤が残る原因とは。衣類に洗剤を残さないためには

洗濯物に洗剤が残る。せっかく、キレイに洗濯したつもりなのに、衣類(特に黒いもの)に白いスジが...

赤カビの落とし方。衣類やタオルのピンク色を落とす方法

衣類やタオルが、薄っすらとピンク色になっている場合には、赤カビの可能性があります。赤カビが付いてしま...

洗濯に漂白剤を使わないで洗濯物を白くする方法と上手な活用術

洗濯に漂白剤を使わないと汚れが落ちないわけではありません。洗濯洗剤だけでも衣類は白くすることは可能な...

上靴の洗い方!つけおき洗いとこすり洗いで上靴を綺麗に洗おう

お子さんが幼稚園や学校から持ち帰った上靴。汚れが酷いときは、つけおきをして上靴を洗うと汚れが綺麗にな...

染み抜きには重曹+漂白剤が効果的!ただし、注意点もあります

お気に入りの洋服にトマトソースなどのシミがついてしまうと、染み抜きしてもきれいに取れるかどうか心配に...

【油汚れが服についてしまったら】重曹を使って落とす方法

小さなお子さんがいると、服に食べ物の油汚れがついてしまうこと、よくありますよね。また調理している際に...

洗濯の時間でマンション住民とトラブルにならないための対策とは

洗濯をする時間についてマンションに住んでいると、洗濯機の振動や音が周りの住人の迷惑になっていないのか...

洗濯表示にドライ表記がある衣類は乾燥機OK?洗濯表示の意味

衣類を乾燥機にかけようと思った時、洗濯表示にドライと書かれているものは乾燥機を使用しても問題はないの...

下水の臭いが洗濯機の排水口からする原因と悪臭を消す方法

下水のような悪臭が洗濯機からして悩まされている人はいませんか?この下水のような悪臭はなかなか消え...

スポンサーリンク

洗濯のすすぎ回数は一般的に何回なのか

はじめて洗濯をする、洗濯機をはじめて回すとなった時、洗い、すすぎ、脱水、乾燥などのボタンを押すというのは、なんとなく分かりますが、時間や回数は一体どの程度、洗濯物に対して必要なのかわからないという人もいると思います。

また、すすぎのボタンには、1回や2回という回数が記されていることがほとんどです。一体何回すすぎをすれば良いのかわからない、洗剤や汚れを落とすだけなのだから、1回で良いのではないかと考える人もいるかも知れませんが、実は2回が、すすぎの基本です。

なぜ、洗濯のすすぎは2回行わなければならないのか。

洗剤は、1回ではなかなか落ちません。2回行うことで、洗剤をしっかりと落とすだけでなく、汚れやクズなどもしっかりと洗い流してくれるのです。

柔軟剤を投入すると、2回目のすすぎで水に混ざり、洗濯物に付着させます。

よってすすぎは2回が基本と覚えるべきでしょう。

洗濯のすすぎは何回するべきか、その判断基準となるもの

洗濯のすすぎは何回するべきかと、悩んでいるあなた。2回が基本、2回はすすぐべきだとお分かり頂けたのではないでしょうか。

では、なぜ、洗濯機には1回という表示があるのでしょうか。

それは、洗濯機の性能にもよります。すすぎの効果が高い洗濯機は、1回で済む場合があります。しかし、そのような場合はすすぎ1回でOKな洗濯洗剤を使用する必要があります。

すすぎ1回の場合、またそのような洗剤を使用する場合は、できれば、それほど汚れていない洗濯物で行うべきでしょう。

節水するには、やはりすすぎの回数を減らしたいところです。最近では、節水を謳っている洗濯機も増えてきました。果たして、すすぎは1回で、本当に問題ないのでしょうか。実は、洗浄力の高い粉末洗剤などを使用した場合は、1回のすすぎでは、溶け残りが起こり、それが固まって衣類などに付着してしまうこともあります。

洗濯に粉末洗剤を使用する場合は、すすぎは2回以上行うべきです。

また、すすぎが1回でも問題ない場合もあります。洗濯機をよく見てみましょう。溜めすすぎの他に、注水すすぎというボタンはありませんか。注水すすぎは、その名の通り、水を注ぎながらすすぎます。しっかりと水を使うことにより、よりすすぎの効果は高まります。

ですから、そのような1回すすぎでも問題ないかもしれませんが、基本的に1回すすぎがオススメなのは、すすぎ1回が可能である洗剤のみです。
また、注水すすぎは溜めすすぎと違い、節水にはなりません。時短になることもあるでしょうが、その点をしっかりと理解してすすぎを行いましょう。

すすぎが1回で済む洗濯洗剤なら、何回もすすぐ必要がなく時短や節水になる

洗濯洗剤の進化には目覚ましい物があります。かつてはすすぎは2回以上が基本でしたが、節水、すすぎ1回を謳う洗剤が出てきたのも事実です。何回すすがなければならないのか、分からないという場合には、この洗剤の表示を見てみるとよいでしょう。記載されていない場合は、一般的に2回はすすぎをするべきです。すすぎが1回であれば、節水や、時短に繋がるように思われます。実際はどうなのでしょうか。

すすぎ1回が可能な洗濯洗剤の特徴は、洗浄力の高さでしょう。

すすいだときの泡切れも良いため、洗濯物に、洗剤が残らないというのはメリットです。このことで、節水や時短だけでなく、節電にも繋がります。

1回のすすぎに10分かかっているとすれば、すすぎが1回減るだけで10分の時間を短縮することができます。1日1回洗濯機を回しているという場合は、1週間で70分以上短縮することができます。1時間以上の時間の短縮、そして洗濯機の可動を1時間以上抑えることができるのです。

節水効果も大きいでしょう。すすぎを1回減らすと、水道代と電気代は、約15円程度節約できます。よって毎日洗濯をした場合、1年で換算すると、5,000円強、節約できるということになります。

ちょっとしたことですが、すすぎの回数が減る洗剤を使うことで、時短や節約ができるのは確かです。そのような洗剤を使うメリットは多大であると言えるでしょう。

すすぎや脱水回数が少ないスピードコースを使ってもいいの?洗濯コースの使い方をご紹介

一人暮らしであっても、洗濯にそれほど時間を取られたくないという人は多いはずです。あなたの洗濯機にスピードコースという洗濯コースは設定されていますか。

標準コースは、その名の通り、一般的な洗濯物を洗うのに適しています。それに比べ、スピードコースは、すすぎと脱水の回数が少なくなるため、汚れが少ない洗濯物の使用に適しています。

洗濯物の量が少ないときにも、このスピードコースはお勧めです。この場合は、泡切れが良い、すすぎ1回でOKな洗剤を利用するべきでしょう。

スピードコースで洗えば確かに、時短につながります。しかし、常にこのコースで良いのかという考えではいけません。汚れや、洗濯物の生地や種類などに応じて、コースを洗濯することが賢明です。

洗濯機で洗濯可能であっても、生地が傷みやすい、できれば手洗いで行ったほうがよいような衣類であれば、手洗いコース、ドライコースなどを洗濯して洗うべきです。デリケートな衣類には、普段の洗剤ではなく、専用洗剤を使用して洗濯しましょう。

知っておいて損はない、洗濯の際に洗剤を入れる場所を間違えてしまった時の対処法

慌てている時、よくやってしまうのが、柔軟剤の投入口に、洗濯洗剤を入れてしまうことです。実際、あなたも、そんな失敗をしてしまったことはありませんか。どうしようかと狼狽してしまうことはありません。冷静に対処すれば大丈夫です。
まずは、いま、どういう状況かをしっかりと理解しましょう。

洗濯機を回し始める前であれば、洗濯機から洗濯物を全て取り出し、中になにもない状況で、すすぎと脱水を2回ほど行いましょう。
柔軟剤の投入口も取り出してしっかりと洗います。取り外しできない場合は、水を柔軟剤の投入口に入れて中の洗剤を流しましょう。

洗濯途中で気づいた場合は、まず、柔軟剤の投入口に水を注いで、中の洗剤を流し、洗濯物が入った状態で、同じ様にすすぎと脱水を2回程度繰り返します。

あなたは、洗濯機で洗濯した場合、柔軟剤はどのタイミングで投入されているかご存知ですか。実は最後のすすぎの段階で洗剤が投入されるように作られています。

万が一、誤って柔軟剤の投入口に洗剤を入れてしまった場合、一体どうなるのでしょうか。最後のすすぎで投入されるのですから、洗濯物に洗剤が付着して、ベトベトした状態になってしまいます。

誤って柔軟剤の投入口に洗剤をいれてしまった場合はそのままにせず、しっかりとすすぎと脱水を2回ほど行いましょう。そうすることで洗濯物から洗剤をしっかりと落とすことができます。

実際、洗濯物を綺麗にするには、洗いも勿論大切ですが、すすぎも大切になります。

折角、洗濯をしたのに、なんだかベトベトする、汚れが落ちていない、綺麗になっていないなんてことでは、がっかりしてしまいます。

スッキリと洗い上がった洋服で出かけるのは、本当に気持ちの良いものです。

時短にばかりこだわらず、いかにすすぎをしっかり行うかにも目を向けてみましょう。万が一、すすぎ回数を減らしたいのであれば、すすぎが1回でOKな洗浄力が高く泡切れのよい専用の洗剤を使うことです。